小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


光とママのホームスティ粗食?小食?肉が食いたい!記録

   (ケツアルティナンゴ・グアテマラ 1週間)

5月5日(金)スペイン語勉強&ホームステイ開始!
       
       広い家、広い中庭、食事を作ってくれるのは二人のお手伝いのおば
       さん。お母さんはドクター!子供は高校生のおにいちゃん、中学生
       のお姉ちゃん、お母さんは離婚して独身。
       お母さんのいとこの女性とご主人と3歳の男の子。おじいちゃんが
       ふたり。あとは、出入りがいろいろあって不明。部屋数は多く、
       私たち1室、となりもアメリカ人がステイしていた。

       で、すごくいいお家、いい人たちなんですが・・・問題が、ご・は・ん。

       3食付きなので、やはり、どんなガテマラ料理に逢えるかなあ・・と楽しみ
       にしていたのですがー
 
    以下が1週間の食事内容。ちなみに量はすべて少量。

 昼食:パスタがちょろっと入ったコンソメ味スープ、ごはん、
    マッシュポテト丸くして焼いたもの2個
 夕食:じゃがいものお焼き(じゃがいもだけのお好み焼き)1個、
    つぶしたお豆煮(以下フリホーレス)これもよく出る。
    トルティージャ(とうもろこしを練ってやいたもの)

5月6日(土)
 朝食:フルーツ(パイン、バナナ、マンゴ、みかん)と豆のつぶした甘めの
    不思議なスープ(以下、よく出るので豆スープ)、コーンフレーク
 昼食:サッカー運動場に行ったために外食
 夕食:プラタノ焼き(バナナそっくりだけど違う食材。味はバナナより酸味
    がある)、ごはん、トルティージャ

5月7日(日)この日は13歳の女の子の誕生日パーティ!

 朝食:豆スープ、卵スクランブル、フリホーレス(煮豆)
    あまりに足りなかったので、作り途中の炊き込み風ごはんを少しもらう。
 昼食:バースディパーティ!待って待って、2時から開始。
    初めての肉料理!うっひょー!なんだ、ベリタリアンじゃないじゃん!と喜ぶ。

    朝作っていた炊き込み風ごはん(にんじん、たまねぎ、豆、ソーセージ入り!)
    鶏肉のシチュー
    マンゴジュース
    トルティージャ
 夕食:フルーツのみ(ガーーン)あんまりなので、ごはん下さいと頼む。

5月8日(月)
 朝食:ごはん、スクランブルエッグ
 昼食:ごはん、インゲン豆の卵とじ焼き、細かくした野菜
 夕食:スティ先の食事を断って、外食

5月9日(火)
 朝食:ごはん、スクランブルエッグ、豆スープ
 昼食:ごはん、カリフラワーの卵とじ焼き 味が全くない葉っぱスープ、
    茹でにんじんといんげん
 夕食:じゃがいもとタマネギのお焼き2枚・・only。

5月10日(水)今日はグアテマラでも母(マドレ)の日!
 朝食:ごはん、スクランブルエッグ
 昼食:鶏肉とパスタ入りスープ、ごはん、パインジュース(お祝いだからお肉!)
 夕食:

5月11日(木)
 くりかえし・・。


というわけで、油、たんぱく質、不足なのか、すぐお腹が減るんですねー。
ああ、お肉がたべたーい。ひときれだけでいいー!なんて、いっつも思っていました。
同時に、本当に、私はなんて贅沢育ちなんやろーなさけなーい!とも思いました。
「郷には入れば郷に従え」方針の私だったので、とにかく、他には食べずに、外で
食べればすむことでしょうが、そうはせず、がんばった1週間でした。


ちなみに、トルティージャには味はなし。ご飯は白ではなくニンジンやタマネギがごく少量
はいっている。おかずはうすい塩味。トマトソースとチリはいつもある。量はコーヒー皿を
ひとまわりだけ大きくした皿にすべてのるぐらい。

最初は、ベジタリアンなのかと思いました。でも、アリッサの誕生パーティのメニューで
そうでないことが判明。食事は、家族と一緒のときもそうでないときもあったのですが、
みんな小食粗食なんです!高校生のお兄ちゃんなんて、結構大柄なんだけど、こんなんで
体を維持できるのかまか不思議・・。

私自身は、好き嫌いはなくて、たいてい何でも(げてもの以外は)食べれます。スティ先で
も、最初に、好き嫌いがあるかと聞かれたけれど、その時も、何でも大丈夫!と言ってまし
た。

こういう形で(語学学校の紹介でお金を払って)ホームステイしたのは私は初めてですが、
旅先で、インドではベジタリアンの家族の所にお世話になったし、モロッコやエジプトや
タイなんかで、友達になって家に泊めてもらって、食事も一緒にさせてもらったことは
たくさんあるんですが・・これほど、お肉が、魚が、ソーセージが、ハム一切れでも食べ
たあい!と痛感したのは、今回が初めてでした。

もちろん、言葉がわかるなら、何か手だてがあったのでしょうが、お手伝いさんが食事を
出してくれると、「ビエン?ビエン」(うまいか?OKか?)「メ・グスタ?」(好きか?)
と笑顔で聞いてくるので、つい、「ビエン!ビエン!グラシアス!」となりまして。

でも、夕食がフルーツだけの時はさすがに、笑顔がこわばっていたと思います・・・(笑)

家族の皆さんは、本当にいい人たちで、お兄ちゃんお姉ちゃんも子供達とたくさん遊んで
くれて、マドレ(母)の日には、お兄ちゃんお姉ちゃんからこの私にプレゼント(こっち
の織物でつくったヘアーバンド)をもらって、本当に優しくすばらしい家族でした。

食事に関しては、グアテマラの家庭は、こういう食事内容は決してめずらしいことではない
そうです。
大体が粗食で、メニューのバリエイションが少なく、昼がメインで、夜は軽く!コーヒー
だけのときもあると。

ここのお家は、グアテマラでいうと中の上ぐらいだそうですが、停電が多く、電気でシャ
ワーやトイレが流れるので、よく止まります。水も蛇口からでなくて、いつもため水で
手を洗い、洗濯も、歯磨きも。

というわけで、とても貴重なすばらしい経験になりました。まだまだ、私はぜいたくもの
です、ほんと。食事は楽しみなもの、という考えは、まだまだ、甘い証拠ですね・・。
まあ、後半は、内容に期待しなくなって、用意してくれることが有り難い!と思えるように
なってきましたよ。

ちなみに、ホームスティは、勉強のために、スティ先の家族と少しでも仲良くなる環境に
するために、パパ&タカ組と私と光組に分かれて、ステイしました。なので、パパ&タカ
組は、食事ボリューム&内容ともに、よかったそうです。(私たちのステイ先の、バース
ディパーティの時のようなメニューが毎日で、肉あり、野菜あり、パンあり、ご飯あり、
スープあり、フルーツありだったそうです)

というわけで、ホームステイ。やはり、出発の日、さよならとグラシアスと挨拶をしな
がら、胸がキューとしましたね。おばちゃんとだきあいましたよ。おもわず、「毎日おいしい
食事を用意してくれてありがとう!」と私は、言ってました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。