小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(12)世界一周ウラ話~パスポートトラブル&・・・
本には書かなかった世界一周ウラ話(12)
       ~パスポートトラブル&聞いたコワーイ話(ブラジル)

  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、このメ
   ルマガでお話していきまーす。


今回は、ブラジルでのパスポートトラブル&聞いたコワーイ話。

とその前に、ブラジルと言えば、世界三大瀑布のひとつイグアスの滝。

iguasu1
パスポートトラブルは、このすばらしいイグアスの滝の町、フォス・ド・イグアスの国境で起きました。
こっちはブラジル側から見た滝。空気がおいしー!

igu2
こっちはアルゼンチン側から見た滝”悪魔ののどぶえ”。はくりょくーーー!


本に書いてありますが、ブラジル→ウルグアイ→アルゼンチン→ブラジル再入
国の行程で、次男ひかるのパスポートだけ、入国のハンコがないことが判明
し、右往左往・・・。

あのときは、なんか空しかったですね~。

対応はとても親切丁寧でしたが、何もしてくれなかったという、日本領事館の
職員や、ブラジル側の入国管理の担当者に対して・・・。

でも、そのおかげで、”みさこさん”という日系の女性と出会えて、親切が身
にしみて・・・。今では、あのトラブルがあったこそ!という思いになってい
るから、私の持論”困難は出会いのチャンス”通りですね(笑)

で・・・なんで、光のパスポートだけハンコがなかったのか?

と思います?

私たちはパラグアイのシウダー・デル・エステと国境の町から、ブラジルのサ
ンパウロまで行く長距離バスでブラジル入りをしました。

実は、ちょっとしたミス?いや勘違い?いやガイドブックの間違い?読み違い
?・・・から、パラグアイ出国時に多額の”罰金!”を取られたんです。

で、損したあああーーーというがっくりした中、ブラジル入国の列に並びまし
た。

そして、その罰金に付随して、ここでも何かありはしないか、とちょっとドキ
ドキもしていました。

で、私たちの番。

パスポートを4冊渡して、審査を待っているそのとき!
「逃げたー!」
「つかまえろ!」
という感じの、緊迫した状況になったんです。

私たちの審査をしていた審査官も、その”号令”のような叫びに、驚くぐらい
俊敏に反応して、プレハブのよーな審査室から飛び出していきました。

本当に、男がひとり、国境を突破しようとして、あたりは騒然!

そんなことがあって、しばらくして審査官が戻ってきて、審査途中の私たちの
パスポートにハンコを押し、戻されたとき、なんか、こっちまでドキドキして
、つい、パスポートをそのままなおし、バスに乗り込んだのです。

そう、その脱走男?のせいで、光のパスポートにハンコを押し忘れたんでしょ
う。普通は、1冊ずつ審査するわけですが、4冊ありますからねー。

しかし、気がつかずに、サンパウロに来てしまった。しかも、それに気づいた
のは、ウルグアイ行きのバスのキップを買ったとき。

もう、その国境にも戻るヒマないし、お金ももったいないし、・・・。で、サ
ンパウロの州警察(入国審査等の係り)に行ったりしたんですが、管轄が違う
とか言われて、どうしよーもなかったのです。

でも、同じよーな、パスポートのハンコが原因でパラグアイで240米ドル
(25000円位)の”罰金”払っていたんで、もう罰金なんてやだーーーっ
て感じですね。

まあ、無事に再入国できたからよかったですが・・・。

そのほっとして、ブラジル側国境のフォス・ド・イグアスからサンパウロ行き
バスを待っているとき、日本人男性と会いました。

「あー!こんにちは!」
と話しかけてきました。
「あ、ペンションアラキで一緒でしたよね。私たちアルゼンチンを廻ってきま
したよ。」
「ぼくはパラグアイに行ってきましたよ」
と。そして彼は
「タイヘンなこと起きたんですよ!」
と。

彼いわく、私たちがウルグアイ・アルゼンチンに出発したあと、サンパウロで
重大事件がおきたそう。

ひとりの日本人男性が、サンパウロ空港から、路線バスに乗ったら、銃を持っ
た強盗団が乗ってきて、乗客全員にサイフを出せと脅した。

この路線バスは、普通の庶民のためのバスで、観光客用にシャトルバスもある。
だから乗客は、ほとんどが地元の人。で、日本人は彼ひとりだけ。

乗客全員のサイフをとった強盗団は、日本人ある彼にだけ、彼のリュックにも
目をつけ、持ち去ったらしい。

すべてをとられた彼は、手ぶらで、ペンション・アラキにやってきたと。

パスポートやクレジットカードはふところに隠していたから、それらは無事だ
ったそう。

「えーーーーーーーー!」
「その彼、大丈夫?」
「ショック受けてたけど、せっかく来たんだからって、サルバドール(だった
と思う)へ行ったよ」と。

なんていうこと!
あのバスが!

強盗に遭ったばかりの私たちでしたから、ヒトゴトと思えない・・・。

しかも、彼はまったく悪くない・・・。


今は、クレジットカードで現金を下ろしながら旅をすることが多いので、現
金はそうたくさんは持ち歩かないんですね。

彼の旅がその後よいことがたくさんあることを祈る思いでした。

arakihon
ペンションあらきの宝のジャンプの山(私たちにとって。いや日本人には・・お宝!)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。