小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(13)世界一周ウラ話~強盗後遺症、そして雪解け
本には書かなかった世界一周ウラ話(13)
       ~強盗後遺症、そして雪解け~(南アフリカ共和国)~
       

  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、ここでお話していきまーす。


今回は、南米にさよならして、南アフリカ共和国(以下、南ア)。

私たちは、強盗に遭って以来、”強盗の後遺症”がかなりありました。

旅の中で出会った日本人の強盗体験は、いろいろで、やはり多いのがスリ。

市場でいつの間にかとか、満員バスの中など人ごみでとか。

また、旅行会社などの店内で、一見安全だと思えるところでの置き引き。

泊まった安宿で、外出中に部屋に入られたり、飛行機に預けた荷物から貴重品
だけ抜かれたとか。

こわい経験では、ナイフをわき腹につきつけられた人。シャツをまくって拳銃
を見せ付けられバックごと持っていかれたり、首絞めて気絶させられて身包み
はがれたり、仲良くなって飲み物もらって睡眠薬で眠らせられたり・・・と
パターンはいろいろあるけど、

”すべての人が、道行く人が、出会う人が、強盗に、スリに見えてくる”
という現象が起こります。

それに、手荒で、暴力的にやられたりすると、体がその恐怖を忘れられないで
す。

我が家のパパは、それはそれは悔しがっていました。そう、何の抵抗も、いや
ジマンの”回しとび蹴り”どころか、なぐることもできなかったし、(いや、
抵抗しなくてよかったのだけど)

たしかに、その時の私たちにスキがあったかもしれないが、どう考えても、
あんな方法で、強奪するなんて、やっぱ、許せん!のです。

幸運にも、ケガなど外傷がなかったし、盗られたものは、100ドルぐらい現金
と、クレジットカード、手帳、電子手帳と買ったばかりのデジタルカメラ程度。

旅行保険のおかげで、現金は戻らないが、その他のものはすべて現金になって戻
ってきました。

しかし、電子手帳は、お金になって戻ってきても、パパにとって、10数年の人
間関係のアドレス帳でもあって、そのショックは相当なもの。

そんな傷もいえぬまま、南アへのフライトで、なんと、手錠のかけた黒人の男性
とすぐ近くの席になり、その男性が、自由な足で、バンバン蹴ってあばれたりし
たもんだから・・・すっかり、これから行くアフリカが怖くなってしまいました。

だって、この男性のように、筋肉モリモリで、でっかくで、真っ黒い肌の人ばか
りになるのです。

それに、南アは、治安がいいとはいえないしで、強盗後遺症に加えて、この手錠
の同乗者後遺症で、なんともいえない不安が・・・。

南アフリカ共和国のケープタウンに着いて、(ヨハネスブルグはかなり治安が悪
いので素通りした)、目指した宿に泊まり、町歩きをする際も、後ろから少しで
も小走りの人がいる気配がしたら・・・・

”ギョっ!!”とそして、心臓がバクンバクンいうのです。

そんな中、長男は、”なんか、こわくてしょうがない”と言い出しました。

これはいかんな・・・

そう思いました。お母さんが怖がっていたらいかん!

南アでは、その治安面を考慮して、安宿でツアーの斡旋をしていて、ツアーバスが
宿まで迎えにきてくれるのです。

私たちは、たくさんのツアーの中で、最初にやはり、ケープ半島一周コースに行き
ました。

このときのガイドさんが、すばらしく優しい人だったんです。もちろん、黒人さん
です。
gaido


その後、タウンシップという、アパルトヘイト時代の黒人居住区へ行くツアーにも
参加。このときもガイドさんも、いい人でしたし、黒人居住区の人たちも、一見
怖そうだったりするけど、笑うと真っ白な歯が見えて、やさしい人たちでしたね~。

ツアー以外にも、町で道を尋ねたとき、市内の路線バスに乗ったとき、いろんな
場面で、話しかけるとみんな笑顔で教えてくれるんですね。

こうして、少しずつ、私たちの心は”雪解け”していきました。

taun3
taun5
taunyo
miyage
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。