小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(14)世界一周ウラ話 ~アフリカンバスにはマイ・フトン
本には書かなかった世界一周ウラ話(14)
       ~アフリカンバスにはマイ・フトン(南アからナミビア)~

aza
南ア出発!あざらしさん さよーなら~
pengin
ペンギンさんも~
nanna
センスがいいんです、南アのお土産

       

  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、ここで
   お話していきまーす。


今回は、南アからナミビアへのバスの話。

実は私はバス好きです(笑)しかし・・・・この時のバスはしんどかった!

というのは。

南アのケープタウンから、ナミビアの首都ウィントフックまでの長距離バスで
メジャーなのは、”インターケープ”というバス。

しかし、結構高い!が、それしかないので、と思っていました。

でも、それ以外に、安いバスがあるということを、ケープタウンの宿で一緒に
なった、ナミビアからバスに乗ってきた数人から、情報をゲット。

ちょっとウロ覚えで確かではないが、インターケープだと540ランド(約
8640円)するけど、”その”バスだと、350ランド(約5600円。こ
れは確かな金額)で行けるそう。

これは大きい!

しかし、”その”バスの名前が、”BAILY’S”ということだけしかわからず、
バス発着所に行き、探したけど、これが、正体不明?

バス発着所には、いろんな方面のバス会社がオフイスを構えていて、予約販売
業務をしているわけですが、どこもそんな名前のバス会社はないのです。

他のバス会社に聞くと、聞いたこと、そのバスを見たことはあるが・・・オフ
イスは電話も誰もしらない。

構内の警察にも聞いたり・・。

あれやこれや聞いて、その日、3時ぐらいに、そのナゾのバス”BAILY’S”が
到着するということがわかりました。到着場所は、通常の長距離バスが停まる
ところではなく、その奥の、一般車が停まる駐車場。

そして、それまで時間をつぶして、やっと、”BAILY’S”バスがやってきまし
た。

「お!けっこうキレいじゃん」

安いから、ボロバスかな?と思っていたので、なかなかよさそうに見えました。

これで解決!と思っていましたが、バスの運転手さんに聞くと、オフイスは
どこにあるか知らないそう。分かっているのは、明日11時、このバスは、ナ
ミビアのウイントフックに出発すること。でも、運転手は自分ではないし、明
日の席があいているかどうかもわからないと。

運転手さんは、回収したバスのキップがあったので、その後ろに記載してある
電話番号に電話してみたら?と。

しかし、その電話番号は、何度かけても、どこからかけても、誰にかけてもら
っても、呼び出し音がつづくだけ。

こうなったら、当日、早く行って、交渉するしかない、と。こうゆー場合、
ひとり旅であれば、1人ぐらい乗れるやろーと思いますが、なんていっても1家
4人ですからねー。

というわけで、翌日、出発の2時間前、朝9時にその場所へ。

一番乗りで、運転手さんに乗りたいことを伝えると、案外「よかよ~」となり、
ラッキーと私たちはバスに乗り込みました。

で、あぜーーーん!

せまっ!

席が、横に2席、通路、3席なんです。よーするに、車体は日本のバスと同じ大
きさで、横に5席もあるんです。

まあ、でも、安いんだからねっ。乗れたんだからねっ。ラッキーなんだから。も
しかして、ガラガラかもしれんしねっ。

と思ったけど、あれよあれよと満席。そして、な・・・なんと、多くの乗客は
”マイ・フトン”を持ち込んできたのです!

ひええええ。

どこに置くんじゃい!

なんで、そんなもの持って乗るんじゃい!

一応、そのときは12月。南半球なんで、真夏なんです、今!もちろん冷房ガン
ガンです。効いてないけど・・・・。なのに、フトンっちゅうのは????

いやー、車内はふとんだらけー

トイレ付きバスだけど、フトンで、トイレは開きません。

さて、その理由は・・・本にも書いていますが、夜は、冷房効かずサウナみたい
で、夜になると、効かなかった冷房がガンガン効いてきて、ブルブル寒いんです。
だから、フトンは必須だったのです。

でもおー、何もフトンじゃなくても・・・・

ジャケットとかコートとか着るもんの方がよくない?

そういうわけで、初めてのアフリカンバスは、フトンに埋もれて、22時間。

ちなみに私たちはマイ寝袋、引っ張り出して埋もれました(笑)。

もうひとつおまけ情報、この道路はバッチリで、スイスイです。しかし、
”ケンタッキー・フライドチキン”しか、ありません!22時間のバス旅、私
たちはケンタッキーを2度いただきました!

そのケンタッキー屋で、みんな購入のため並んでいると、うちの子供たちは、
他のスタッフから”おいで、おいで”され、ソフトクリームをタダでもらいま
した(笑)。

こういったちょっとした(いやアイスクリームは大きいが)優しさや出逢いの
積み重ねで、子どもたちは、黒人が怖いという誤解(南アに来る飛行機で、手錠
をした黒人の逮捕者と一緒になり、その人があばれて怖かった経験からくる、黒
人がなんとなくこわいという誤解)は完全に払拭できたんですね。

もうひとつおまけ。
ナミビア発→南ア行きは、ガラガラすいていて、(3席の方に)寝転べてよかっ
たという人もいます。
アフリカのバスで、この席のタイプはよくあるタイプだそうです。
”インターケ-プ”バスは、2席2席です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。