小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(16)世界一周ウラ話~感動のナミブ砂漠!ツアーか自力でレンタカーか?~
本には書かなかった世界一周ウラ話(16)
       ~感動のナミブ砂漠!ツアーか自力でレンタカーか?~
       

  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、ここで
   お話していきまーす。 


今回は、ナミビアに来た一番の目的である”ナミブ砂漠”への道。

本では、スバラシイーーナミブ砂漠の絶景に、あっさり、出発でき、ちゃ
っちゃとたどり着いたよーに、省略していますが、ところがどっこい、いろい
ろあったんですよ~

45絵になるでしょう!これがナミブ砂漠の砂丘!
300m世界最大級の砂丘”ソススフレイ”は高さ300m!
innei朝は、この砂丘の陰影が、美しい!
asahi砂漠の朝日です!!
miaミーアキャットと遊べる砂漠のホテル
doitsuナミビアはドイツ人観光客が多い。宿で一緒になったドイツ人夫婦。
chariナミブ砂漠を目指していた日本人チャリダー!なんとケニアからチャリで南アまで。
kuruma私たちのピンチを救ってくれた車。感謝感謝!

まずは、ナミブ砂漠に行くには、ツアーに参加するか、レンタカーを借りて自
分たちで行くか2つに1つ。公共の交通機関はありません。

ツアーは結構たかいのです。
(ナミビアは物価高い。日本並みか日本よりちょっと安いぐらい)

1人、2泊3日で最低31000円ほど。しかも、出発が毎日なく、週に2日。

子どもが半額なら~と、問い合わせたところ、子ども割引はない、と言われ、
レンタカーでいくことを検討し始めました。

とはいえ、見知らぬ国の、見知らぬ道路を、それも舗装道路でない、砂漠道を
運転するということは、勇気が要りますよね・・・。

それに、結構、事故、多いそうで・・。

事故っても、交通量がめちゃめちゃ少ないので、助けがないのだそう。

海外で事故るなんてこと、考えたくないけど、どぉぉぉぉすんの?!って思うし、
それに、事故って、たどり着けなかったカップルの話をブラジルで聞いていた
し・・・やっぱ、躊躇しますね~。

かといって、4人でツアー費、12万円はキツイ。ああ・・・

だから、やっぱ、ここはパパにがんばって運転してもらうしかない!と決断。

しかし、その時期、(2005年12月。南半球なので季節は夏)、ナミビア
は一番の観光シーズンで、レンタカーがめちゃめちゃ混んでいたんです。

そう!せっかく決心したのに、肝心のクルマ、ないんですよ!

今度は、レンタカー探しに、右往左往。観光案内所で訪ねたら、ひょっと寄っ
て来た親切そうなおじさん(観光案内所の人かと思った)がレンタカー屋には
詳しいとゆーので、車に乗って、あちこちのレンタカー屋へ。

でも、本当に、ないんです・・・・・

借りれなかったんで、そのおじさん、車代を請求されました。(ただの客引き
だった?)

そして、そのおじさんいわく、自分を雇わないか?と。

そう、おじさんは、この車を使って、自分を運転手として雇えばいいと言って
いるのです。

なるほど~

おじさんは、4人分のツアー費にちょっと色つけて(値引いて)、金額を言っ
てきました。レンタカーを探す間に、ツアーの金額に関する会話をしていたの
です。

それもありかな~

と思いましたが、まあ、自力で行く気になっていますから、レンタカーが本当
にムリなら、そのときは頼むかもしれない、と言って、おじさんと別れました。

おじさんは、自分の携帯番号をメモした紙を、ぐいと私につかませて、一緒に
行きましょ行きましょと。

う~ん、ちょっと、いまいち。
悪い人ではなさそうだけども・・・

そして、また、自力で、レンタカーを探しました。

前回のメルマガで書いた旅行会社に行ってみました。

ジンバブエ行きバスの件で知り合いになった中国人の女性がいたので、事情を
話すと、レンタカー担当につないでくれました。

で、あったんです!クルマ。

でも、高っ!

そう、4WDの高級車! 

2泊3日で約56,920円!

でも、ざっと計算しても、ツアーは4人で12万とを思うと、これでも安く
つきそうだし、これ以上探しても他にクルマはないと思って、この高級車で手
をうつことにしました。

レンタカーの金額的に言うと、格安普通車で2泊3日で、約5120円という
のがあったことを思うと、あまりの違いではありますが・・・。

でも、あんまり安いのも怖いですよね~。なんていっても、事故って、ナミブ
砂漠に行き着かなかった人の話を聞いているんで、まあ、ここは安心料?。

それに、4WD車であれば、ナミブ砂漠一最高のスポット、”ソフフスレイ”
という世界最大級の砂丘(高さ300m)に、このクルマで行くことができる
!のです。

”ソフフスレイ”へ行くには、砂が深いところを通るので、普通車は乗り入れ
禁止なんですね。

普通車の人は、入り口でクルマを置いて、現地人が運転する4WDのクルマ
に乗りかえるんです。もちろん、有料。

というわけで、ナミブ砂漠へ出発!

道は、もちろん舗装道路じゃありません。慣れないクルマに、砂道にハンドル
とられながら、いきなり飛び出す動物に驚きながら、何度も砂に埋もれながら、
クルマを押したりしながら・・。

一度、ダチョウの赤ちゃんを見るために、端に寄せたとき、ズボズボと砂に埋
まってしまい、焦ってどうにかしようとすればするほど、どんどん埋まって、
あっという間に、タイヤ全部が埋まってしまって、ああ~、こりゃいかん!
真っっさおにになりましたよ。

クルマがすれ違うことが、極端に少ないここらへんでは、だから、事故った時
が大変なんですね~。

さて、途方にくれた私たちを・・・神様は見捨てたか?見捨てなかったか?
ぜひ、本を、読んでくださ~い(笑)!

今ここにいるってことは、見捨てられなかったってことですが、よかったら
ぜひ!


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。