小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(17)世界一周ウラ話~やっぱ病気はツライよ(ジンバブエ)~
本には書かなかった世界一周ウラ話(17)
       ~やっぱ病気はツライよ(ジンバブエ)~
       

  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、ここで
   お話していきまーす。

 
今回は、ジンバブエでの、長男たかゆきのビョーキと予防接種、マラリアの話
です。

taka病院のイスでダウン。
bikuこの町にはビクトリアの滝がある!滝の落差が世界一!108m!
niji虹がよく見えるよ。
saruここの名物?はおサル。サルだらけ~
inoこのイノシシ親子は町をいつもウロウロしてる。
innインパラは町からワニ園へ歩く途中に会った。
kowani子ワニ、さわらしてくれたよ~
oowani大ワニ!餌付け中。めちゃデカ!


まず、私たちは、出発前に日本でできるありとあらゆる予防接種をしっかり受
けていました。

A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、破傷風、ポリオ、黄熱病、・・・・。

なんと、総費用は4人分で30数万円!

どひゃ~~でしょ。

1つの予防接種が、1本の注射で終わるわけでなく、1カ月後にもう一回、半
年後にもう一回と、3回も接種することもあって、7カ月という月日をかけて、
できることはすべてやってきたのです。

当時小2だった次男は、さすがに注射10本をすぎた頃から、注射恐怖症にな
って逃げていましたよ(笑)

もちろん、予防接種はしなきゃいけないわけではありません。ブラジルだけは
黄熱病の予防接種していないと入国ビザを取得できないのですが、他は、任意
です。

私が、昔、ひとりで世界一周したときは、まったくしていかななかったのです
が、今回は、やはり、子どもが心配で、かといって、子どもだけさせるわけに
もいかないしですね。

というわけなんですが、一番こわい”マラリア”には、予防接種がないんです。

マラリアは蚊から媒介する熱病です。

4種類がありますが、アフリカでのマラリア(熱帯熱マラリア)はかなり危険
で、たくさんのアフリカの人たちの命を今もうばっているおそろしい病気です。

だから、マラリアのことを、私は出発前にめちゃめちゃ調べたんです。

予防接種がない代わりに、予防薬があること。

しかしかなり強い薬で、長期的に飲まなければならないこと。

また、副作用がかなりキツィこと。

実際に飲んでみたが、その副作用で、飲み続けることができなかった話も、青
年協力隊の人から聞きました。

マラリア地域を旅をした人の記録や、マラリアになった人の経験や予防策(防
蚊対策)などなども・・・。

マラリアがある国に駐在する日本人や大使館にメールしたりも。

いろいろ検討しましたが、蚊にさされないようにする!しかない!と。

で、いろんなものを持っていきましたよ~。(通販で防蚊とか虫除けとかネッ
ト検索すると、たくさんでてきますよ~。)
kayoke全身、防蚊服。こんなのが、上下それぞれ500円)


また、マラリア感染する危険がかなり多いと思われる地域は、なくなく?
コースからはずしもしました。

ブラジルのアマゾン地区や、サンビア、タンザニア、ケニアのモンバサなど。

マラリアの蚊は、日没後から明け方に行動が活発になるので、その時間にはな
るべく外出しないようにして、外出する場合は、長袖を着用、それも、白いも
のに(蚊は、黒がスキ)。

という風に、注意したものの、たかゆきがぶったおれたときは、まさか!マラ
リア?と頭をよぎりました。

いやいや熱はない・・と思ったら、いや熱が出ないマラリアもある!と安宿の
人がゆーので・・、早く医者にいかなくては!と焦りまくりました。

症状は、一晩中続いた、めちゃめちゃはげしく下痢と嘔吐。

もしも、もしも、熱帯熱マラリアなら、迅速かつ適切な対処をしないと、短期
間で重症化あるいは死亡に至る危険性があるのです。

朝になり、タクシーを呼んでもらい、病院へ。

いったい、なんて説明するの?英語でなんていうのだったっけ・・。

しかし、病院の人は、たかゆきのダウン状態を見て、何もいわなくてもわかって
くれました。

しばらく待って、順番がきて・・・

ドクターは診察をして、「フード ポイズン」と口にしました。そして、ジェス
チャーを交えて、何か、清潔でないものを食べたりしませんでしたか?と。

いいえ、特にへんなもの、食べていません。
マラリアの可能性は?
本当に大丈夫でしょうか?
なんで、こんなに衰弱しているでしょうか?

どうしゃべったか、私は、覚えていません・・・・。目でうったえていた?

そして、食中毒に対して薬を処方してもらいました。

「先生、嘔吐がすごくて、胸が苦しいし、横になっていることもできないんで
す。どうにかなりませんか?」

「嘔吐を止める注射をすれば、落ち着きますよ。」

チ・・チ、チューシャ!!

あれを、あれを、たしかめなきゃ・・・

「あ、あ、あの、”ディスポーサブル”(使い捨て)ありますか?」

ドクターは、深くうなずくと、奥から、しっかりと密封されている注射器を持っ
てきてくれて、私の目の前で、見せて、封をきってくれました。

この注射器の使い回しがアフリカでは問題になっているのです。もちろん、これ
がエイズを広めているとも・・・・。

というわけで、マラリアではなく、食中毒。同じものを食べているので、ちょっ
と不思議ですが、ジンバブエのビクトリアフォールズはとても暑く、疲れて、胃
腸の調子が悪くなったのが原因かもしれません。

でも、とにかくマラリアじゃなくてよかった!

その後、しっかり安静にし、徐々に、お腹の痛みも遠のくようになりました。宿
の人たちも心配してくれて、特別にキッチンも貸してくれ、おかゆを作らせても
らいました。

そして、3日後、次の町、ブラワヨへ向かうことができました。

本当に、おおごとにならずによかった~。
とにかく必死で、実際、どうやって意思疎通したのか・・・ホントわかりません。
心は通じるってことで(笑)??

<おまけ>
マラリアの予防薬は副作用が強いと書きましたが、副作用が少ない薬が南アをは
じめ、アフリカには売ってあるとも聞きました。

日本でマラリアの薬を買おうと思えばタイヘンですが、マラリアがある国では、
そこらへんのドラッグストアでカンタンに買える様な身近な薬なんだそうです。

その薬が買えない人たちがたくさんいて、病院で診察を受けることができずに、
命を落とす人が、アフリカにはたくさんいるのも現状です。

こわい、こわい、マラリアですが、旅で出会った日本人の中で、2度もマラリア
になって、でも元気で旅を続けている人もいます。

そうそう、私の知人で、マラリアが原因で、失明するかもしれないという経験を
した人もいます。だから、やっぱり、マラリアは怖いです。

マラリアをネット調べているとき、マラリアかどうかを調べるのには血液検査を
しなくてはならないので、注射器(針も)を持ち歩いたほうがいいという人がい
ました。

おーそうなんだ。と思って、いろいろ調べましたし、予防接種の先生にも聞いた
けれど、日本ではまあ買えないですよね~。でも、海外では、買えるそうですよ、
注射器!

このジンバブエの病院で、診察料50米ドル、注射20米ドルでした。保険会社
からのしおりに挟まっている診断書に、診断を記入してサインをもらって、立て
替えた費用の領収書と一緒に、帰国後、保険会社に提出したら、保険金がおりま
す。

もし、ヨーロッパやアジアなど、メジャーな国で、保険会社のオフイスや提携先
があれば、立て替えることなく、キャッシュレス清算もあります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。