小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(18)世界一周ウラ話~実は一番オドロイタ国は・・このジンバブエ
hahaお母ちゃん3人組!最高の出会い!

本には書かなかった世界一周ウラ話(18)
       ~実は一番オドロイタ国は・・このジンバブエである!~
       

  ※本は子どもの目線を大切にしていて、シンプルに書いていますが、実は、
   ひとつひとつの出来事のウラ話があったり、苦労をしたり、困難に立ち
   向かったり、逃げたり、かわしたり、家族が空中分解?したり、怒りが
   煮えたぎったり・・・と本当にいろいろありました。それらを、ここで
   お話していきまーす。  


今回は、ジンバブエという国の話。

ジンバブエはまさに、タイヘンなことになっていました。1年9か月経った今
でも、タイヘンなまま・・・です。

harare
(数少ない、いや、ほとんどないハラレの町の様子。カメラを持つこと自体キケン。そう、手ぶらが一番。)

kurisu
(ハラレから車で1時間。弁護士さん家族の家で、クリスマス会!)

burawa
(彼らとは、ジンナブエ第2の都市ブラワヨのバックパーカー宿で出逢った。これは共同リビング。)
hatake
(野菜は家の前の畑で作り、鳥は飼育、やぎは1頭で買い、友人等で分ける。)
jin
(トラックの荷台に乗る!日本では絶対できないこともジンバブエでは普通。)
wed
(町でみかけた結婚式。これは、消防のはしご車!なんてダイナミック!元気で明るくフレンドリー♪)



何がタイヘンか?

仕事がないんです!当時、失業率70%とか77%とか言われていました。
現在は80%を越えていると。(日本は失業率4%。)

働きたい大人が10人いて、2、3人分しか仕事がないってこと!

それが、どういう世界なのか、想像できますか?

仕事がないと、収入がない。
収入がなかったら、モノが買えない、食べられない。
食べられなかったら、盗むか?盗るか?乞うか?

治安はいいはずないし、無職の大人は、路上にタムロ。

そういう人たちの目つきが、こわーいように感じたのは私だけでしょうか・・。

また、お金。

ジンバブエドルは、日々価値が下がり、スーパーの生活必需品は、じわじわ上
がるというめちゃくちゃな現状。

今年の新聞に、“ジンバブエ経済は崩壊状態、インフレ率2200000%”
と出ていましたよ。

銀行は何をしているのか?、機能していないのか、旅行者たちは米ドルを
”ヤミ両替”という違法手段で、コソコソとしながら、ジンバブエドルを手に
いれるんです。

その際、たくさんのサギが横行。

両替商という、ちゃんとした店はないので、路上で声をかける男たちと交渉した
り、安宿がやっていたり、中華料理屋がやってくれたり。

その路上の男たちにつかまって、ある薄暗い部屋に連れていかれて、ドルと引き
換えに、ジンバブエドルのたくさんの札束を受け取る。確かめようとした、その
とき、
「警察だ!逃げろ!」
と。

違法行為なんだから、慌てて退散して、受け取った札束をよく見ると、ゴムでま
とめられた札束の、上から数枚だけが、1万ジンバブエドル札(当時500円、
最高額紙幣)で、あとの紙幣は1ジンバブエドル(当時、0.05円)だったり。

要するに、警察がきた、なんてのはウソ。最初からだまそうと、一芝居うたれた
わけ。

紙幣には、有効期限が記されている。なんと、たった1年。

路上には、前の紙幣の10000ジンバブエドルが捨てられている。現在の1ジ
ンバブエドルに値する。前のお札の方が、見た目リッパな感じで、今の紙幣は、
ちゃちい。

首都のハラレの”フィフス・ストリート”(5番通り)(ハラレの町は、中心か
ら、1,2、3・・・となる)は、なんと、”強盗通り”。

必ず、襲われるから、決して通ってはいけないといわれる通り。

そこを通った日本人男性は、本当に、3人組強盗に、強奪された。

別に、好きで、通ったわけではなく、日本人が集まる宿や、バックパッカー宿は、
この5番通りと6番通りの間にいくつかあって、襲われた彼もスーパーから帰っ
てくる途中だっただけ。

チェーンロックしていたサイフも、あっという間に引きちぎられたそうだ。

この”スーパー帰り”というのが、また、こわいのだ。

スーパーの周りには、たくさんの人がタムロしていて、白いスーパーの袋の中を
”透視”しているような目で、にらんでいるのだ。

そう、スーパーでモノを買えること、イコール、お金があるということ。

あるとき、私がスーパーの袋を提げていたら、ふいに近づいてきた男から、袋を
ツンツンとされて、いいな、これ、肉でしょ、と言われた~~。

肉は日本と同じように白い発泡スチロールの容器に入っているから、それが、袋
から微妙に分かるのだ。ぎょえーーー。

しかし、どうしてこんなことになったのか?!

実はジンバブエは、5、6年前までは、バックパッカー天国!と呼ばれていたぐ
らい、人よし、治安よし、物価安し、きれいで、垢抜けていて、ヨーロッパのよ
うな町並みだったらしいのだ。

そう、町並みは、緑が多く、建物は、メンテしてないからボロボロだけど、もと
もとは、しっかりしたいい建物なんです。

それが、どうして?こんなことに?

いろんな理由があるんだと思いますが、乱暴に一言で言うと、最大の原因は白人
を追い出したから、と言われています。

ムガベ大統領は、はじめは黒人と白人の融和政策を進め、国際的にも歓迎されて
きたけれど、2000年8月から白人所有大農場の強制収用を政策化し、協同農場で働
く黒人農民に再分配する政策がとられたそうです。

この結果、白人の持っていた農業技術やマーケティングのノウハウなどが失われ、
食糧危機や第二次世界大戦後世界最悪とも言われるインフレーションが発生。

こうした経済混乱に、政治的な問題がいろいろあるんでしょう・・・。

本当に、タイヘンなんです。

運良く、私たちは、アルゼンチンで強盗にあった教訓が生きて?、あぶない目に
は遭いませんでした。しかし、町を歩くにも、異常な緊張感を強いられていまし
た。で、私は、かなり、精神的にも、肉体的にも、消耗していました。

そんな中、出逢いがあったんです。ジンバブエ人2家族との。(ここからは本に
あります)

こんなタイヘンな諸事情の中、彼らは私たちをクリスマスパーティに呼んでくれ
たんです。クリスマスディナーもご馳走になって。

もう。ほんと、涙ものです。

本当に、感謝感激!言葉ではいいあらわせません。私にとって、このジンバブエ
という国、そして、彼らとの出逢いは、一生、忘れられないものになりました。

本当にうれしかった~。

だから、私は、ジンバブエ、大好きです。何とか、なってほしい。そして、もう
一度、会いたーい!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。