小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自由に安全に旅するヒント&グッズ(3)~現地にいち早くなれるコツ~
自由に安全に旅するヒント&グッズ(3)~現地にいち早くなれるコツ~

    
さて、今回は、パパがフィリピンから無事帰ってきて、フィリピンのことを聞
いていて、珍しく?意見が一致した「現地にいち早くなれるコツ」の話。

フィリピンはセブ島へのリゾートが有名ですが、首都のマニラっていうと、ど
んなイメージですか。

実は、私が始めて本格的に、”子連れバックパッカー”を開始したのが、この
フィリピンのマニラなんです。2000年の3月のこと。長男が4歳次男1歳。

(珍?旅行記は、HPにあり。http://www.hf.rim.or.jp/~kaya/midashi.html
の中の下のほう、”これから旅する人へ”の「子連れで覗いたマニラ(1)~(7)」)

フィリピンを始めての子連れバックパッカー先に選んだのは、
・福岡から直行便が出ている
・時間が3時間と近い
・行ったことがない
という3つの理由から。

でも、調べていると、あまり治安がよくなさそうで、不安になったりしましたね。

でも、結果、フィリピンの人はとても親切で、特に、子どもには優しかったし、
大らかで、何も心配するようなことはありませんでした。

確かに、治安的には不安定な部分はあるのでしょう。ホテルや両替屋や飲食店の
入り口の前には必ず、大きな銃を持った警備員がいましたし。

で、何がパパと意見が一致したかというと、

”ジプニー”

これは、ジープを改造したミニバスのこと。要するに庶民の足。

しかも、それぞれ、キンキラキンの装飾をほどこした、めちゃめちゃハデな庶民
の足。もちろん激安で、ギュウギュウ詰めです。

普通の?観光客や駐在員などは、あまり乗らないそうです。スリがいる強盗がい
る、などと言われていて、アブナイから。

しかし、パパは、ジプニーにガンガン最初から乗ったそうです。マニラ到着して
ジプニー乗り場に行ったのは、パパだけだったらしいです。

そう、子連れの私たちも、ジプニーが大好きでガンガン乗ったんです。

子連れで、ジプニーにのると、ギュウギュウなのに、子どもたちを安定したとこ
ろに座らせてくれたり、支えてくれたり。降りたいところをまわりに言っとけば、
みんなでその降りるべきところの近くにくると、あれやこれやと教えてくれる。

車内は身動きができないので、バス賃は、後ろから、手から手をわたって、運転
手にちゃんと届けられる・・。

なんか、楽しいんですね~。

ジプニーだけではなく、アジアや中南米にも、こういうミニバスがよくありまし
た。ちょっと、勇気が入りますが、こういうのに、乗れば、庶民の感覚がわかっ
て、すぐ、現地になれることができます。

もちろん、大荷物の時や、全財産を持っているときなどは、やめたほうがいい
かもしれませんが、小銭だけしか持たないで、それも、日が明るいうちに、ちょ
っと勇気を出してやってみる価値、ありますよ! 

ただし、ミニバスごと”強盗バス”だったということが南米のボリビアでありま
したので、人があまり乗っていないミニバスには乗らないように、気をつけてく
ださいね。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。