小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(23)~らくだトラブル?(エジプト)~世界一周ウラ話
本には書かなかった世界一周ウラ話(23)♪
         ~らくだトラブル?(エジプト)~

今回は、エジプト。ギザのピラミッドでのラクダツアーのトラブル。
4piraこのすばらしいピラミッドツアーの裏話・・
kin太陽に照らされて、黄金色にかがやくときが一番美しいと思う。


実は私は、前々国のジンバブエあたりから、非常に、精神的にも肉体的にも、
疲労がたまっていました。

体調があまりよくないのは、世界一周以前からのことで、心配だったのですが、
けっこう、思ったよりがんばれていて、旅することにエネルギーもらっていた
のですが・・。旅も、8カ月をすぎてますからね・・・。

なんで、もっと、治安がいいところに行くように計画しなかったのだろう・・。
もっと、ゆっくりできる国にいけばよかったのに・・・

とか、思ったりもして・・。

私だけでなく、おそらく、家族全員が、多少、旅に、四六時中家族で居ること
につかれてきたのかも。

まあ、贅沢な話ですけどね・・。

だから、エジプトに来て、とてもとても、ほっとしたんです。エジプトは、治安
がいいし、夜も出歩けるし、ごはんは安くておいしい、人は親切で。
ara
モスクの中、1日5回のアッラーへの祈り。とても熱心です。
onnna女性たちの服もスカーフも黒ではなく、はファッショナブル。
koputoオールドカイロはまた違うエジプトが感じられる。


だから、ちょっと、油断したのかもしれません。

本には、ちょっとだけ書いていますが、実は、(その時は)かなり、ショッキン
グなトラブルだったのです。らくだに乗ってピラミッドツアーは。

ピラミッドをらくだに乗って見る、というのは、かなりの確率でトラブルそうな
んです。

そう、そんなこと、私は、知っていたにもかかわらず・・・、子どもたちがきっ
と喜ぶだろうと思うと、つい・・・。

そう、昔、同じようなことありました。

フィリピンで、町を走る馬車に、子どもたちが乗りたい乗りたい!というんで、
普段は絶対ムシする客引きと交渉してしまったのです。

乗りたいなら、客引きをしない馬車に、こちらから近づいていって交渉する、の
がいいんです。近づいてくる人は、注意が必要なんです。

だから、ちゃんと交渉したにもかかわらず、最後になって、ふっかけられて、大
変でした。

そう、学習していたはずなのに、こんなところで、エジプトで、らくだツアーで、
同じようなことになってしまうなんて・・・。あほやんって思います。

でも、子どもたちが喜ぶ姿を見たいばかりに、また、やっちゃったわけです。

でも、らくだツアーの客引きおやじ、近づき方が、うまかったですね~。

だって、バスに乗客として乗ってて、そろそろ、ピラミッドが建物の向こうに
見えてくるよ~なんて、声かけてきて、悪い人には思えんかった・・・。

そして、そのおやじが、ピラミッドへ行くには、ここで降りるといいよ、と親切に
教えてくれたんで、そっか、いいこと知った、と思うほど。

しかし、連れて行かれたところは、ツアー屋(旅行会社と言えるような感じではな
く、まあ、みやげ物やのイメージ)。

しかしながら、おやじは悪い人ではなかったし、ツアー屋の社長も、悪いやつでは
なかったとは今でも、多少、思う。

それに、らくだに乗ってピラミッドを見るには、こうして、ツアーに参加するか、
ピラミッドの近くにたくさんいる、らくだおじさんに直接交渉するか、またまた、
金額は高くても、安全な、大手旅行会社のツアーを手配するか。

大人なら、是が非でもらくだに乗りたいとは思わないだろうし、普通のバックパッ
カーは、トラブルの元のらくだなんて避けて、歩いて廻るだろう。

でも、私は、子どもたちがらくだに乗って喜ぶ姿を見たかった~。

で、らくだツアーは、まあ、エジプトの物価からすると高いけど、妥当な金額だっ
たし、ガイドも、気持ちのよい人だった、そう、最後のあの瞬間までは・・。

そう、本当に、私たちは、とても、とても、楽しかったのです。

でも、最後の最後、ツアー屋の近くの砂漠出入り口が見えたころ、ガイドはチップ
を要求。

私とパパがらくだに乗っていて、子どもたちはそれぞれ馬に乗っていた。(別に夫婦
仲良くらくだに乗っていたわけではなく、結局、らくだは乗り心地悪くて、子どもた
ちは馬がいいということで)

馬、馬、らくだと並んで歩いていたのに、ふいに、すうーーっと、馬に乗った子ども
たちが私たちから、遠ざけられたのです。

そして、チップと。

そして、チップあげたら、そんな少しじゃいや!と言うんです!!

あげようとしたのは約1000円分。

1000円と言っても、エジプトの物価ではお昼ごはん20食分なんです。
koshari庶民食コシャリ。40円ぐらい。


それに、ツアー屋のおやじが、私たちにクドイぐらいこう言っていました。
「このツアー料金以外は、1円もいらない。すべて含まれているからね」と。

ガイドのモハメッドもいい人だと感じていました。

だから、チップはあげてよかったんです。でも、彼は少ないと受け取らない。

もっとあげるべきか?

いや、それはあげすぎ。

頭の中で、そんなこと考えながら、しかし、同時に、恐怖を感じていました。

なぜなら、私たちは、背の高いらくだの上。らくだは、モハメッドの指示でしか
動かない。

私にとっては、飛び降りることはムリ。ましてや、馬に子どもたちは、私たちか
ら遠ざけられていて、何をされるかわからない。

彼が、わざと、この場所で、らくだから下ろさずに、いちゃもんつけている、
って感じたんです。

この場所(砂漠の出入り口)なのは、ツアーの最終地点であり、雇い主のツアー
屋からは見えない位置であるからだ、と思えました。

そう、ツアー屋の前では、言えないから、ここでごねていると。

これは、私の想像であって、まったく確かなことではありません。

こういうとき、どうするか?

こういうとき、私はどういうことをしてきたか?(まあ、しばしば、こういうメに
は遭うもんです)

私の場合は、まず、ぐずぐずしながら、しかしながら、相手の心象を悪くしない
ように、
「らくだの乗ったままだから、これしか出せないのよ~。まずは下りたいわ~」
という。

下りたら、子どもたちの方へ行き、子どもたちも馬から下ろしてもらい、とにかく
砂漠を歩いてでて、止まる。

「トイレにいかないと、お金が出せないから、ツアー屋に戻りましょう」という。

ツアー屋に戻ったら、ツアー屋社長を交えて、チップが必要かどうかを聞く。
その上で、判断。

とにかく、逃げ道を確保できる場所へ、なんとか、誘導して、話が決裂しても
さっさと去れるようにするんです。

とのはずが・・・・短気なパパが、らくだに乗った状態で、ぶっちぎれて、
どなりちらして、チャンチャン・・・・。

さっきまでとても楽しかったツアーが、いきなり、どすぐろーい色に変わってい
きました。

でも、まあ、子どもたちが離れていて、そのやりとりを聞いてなかったんで、
よかったよかった、と思うべし。

おそらく、パパは、私がとても困っていると感じたんでしょうね。助けようと
してくれたんでしょう。

しかし、私は、キレたり、どなったり、して解決するのは、好きじゃない。
しかしながら、本当に、そんな風に戦わないといけない時は、そうするしかない
でしょうが・・・。

たーーーくさん写真もとっていたのですが、不思議なモンで、(全体的には14
枚もある世界一周写真のCDの中で)、この時のCDだけが、割れてしまいまし
た。

思い出に残らないよーに、ですかねー(笑)

でも、すぎてしまえば、どんなことも、想い出になるもの。今では、笑い話
です。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。