小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(24)世界一周ウラ話♪~まさか、まさかの入国審査(イエメン)~
本には書かなかった世界一周ウラ話(24)♪
         ~まさか、まさかの入国審査(イエメン)~

今回は、イエメン。いやーあのときはドキドキ、ドキドキしました。それは~~

イエメン入国審査。

イエメンはとーーーっても敬虔なイスラムの国です。そして、イエメンは、私が
めちゃめちゃ行きたいと思ってて、とっても楽しみにしていた国。
shikkui
↑これ、これ!イエメン、サナアの旧市街。世界遺産でありながら、今も古きよきアラブの営みがここにそのまま残っているんです!

イスラエルへ行った刻印(出入国印など)がパスポートにあると、入国できなく
なります。

私がイスラエルに行ったのは1994年で、2冊前のパスポートだし、大丈夫と
思っていました。

しかし、私の入国審査で、ひっかっかっちゃったんです・・・。

と・・その前に、イエメンはビザが要ります。当時は、空港で取れました。すん
なり取れたし、情報より安くて、よかったね!と思って、入国審査の列にならん
でいたわけです。

で、私たちの番。

パパのパスポート、「ハイ、ポン!」と入国印。次、私の。あれ、後回し?
次、長男「ハイ、ポン!」、次男「ハイ、ポン!」、そして、私。

なぜか・・・私で止まってしまったんです。

隣の列も、その隣も、徐々に進む中、私たちの列は私で止まってしまいました。

なんで?

だって、私のパスポートは、この世界一周中、コスタリカで切替発給(1年未満
のため)したもので、4人の中では、一番新しいもの。

イスラエルに行った昔の痕跡は、もちろんない。

でも、私の脳裏に・・・ある知人の言葉が・・・

すごく、旅に詳しい知人がいて、その友人が、今のパスポートにはイスラエル
の痕跡がなくても、パソコン管理だから、パスポート番号で、昔のデータまで
追跡できるから、することもある、という話。

となると、私だけ、イエメンに入れない、なんてことが起こりうる!

そんなーーー

しかし、現実、私のパスポートだけ、入国印がもらえずに、どうしたのかと聞い
ても、いやいやと、教えてくれないし・・・・。

係員は、私のパスポートを持って、隣の係員のところに行ったり、その隣にまで
行ったり・・・。

しまいには、私のあとに並んでいた人たちは、他の列に行くようにと指示され・・

あたしだけ入れん?

そんな、ここまで来て~

楽しみにしてたイエメンなのにい・・・

私の心はかなり、動揺していました。

でも、まさか・・その詳しい知人は、こうも言っていました。

1994年だからね、大丈夫と思うけどね~。いつから導入されたパソコンかに
よるやろうけど・・。

イエメンがそんな前から、最新型?そして、とてつもなく大容量のパソコンを
いれていたとは思えないし・・・

じゃあーなんなのよぉー

ああ、もう、祈るしか・・。

祈って祈って、待って待って、ずいぶん待って。

たくさんの人たちが私だけを取り残して、入国していって・・

「ハイ、いいですよ」
係員は、にっこり、笑顔で、私のパスポートを渡しながら、すみませんね~お待
たせして、というような顔で・・ああ・・

めでたく、入国でけました!

ああ、よかったです。

理由はわかりませんが、まあ、心臓に悪い?時間でした(笑)

(余談)
”祈る”ということが、こういう旅をしていると、よくあります。

どうにもならない、
自分の力や努力では及ばない
神様仏様にまかせるしかない

そんな場面に数多く遭遇します。

そんなとき、ひたすら”祈る”んです。祈っていると、なんというか、不思議とい
うか、心が研ぎ澄まされていく気がするんですね~。

そして、願いが叶ったとき、めちゃめちゃ”感謝”するんです。

”祈り”と”感謝”、なんか、いいですね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

わぁ~!イエメン、興味ありありの国です!
本に載ってるサアナの旧市街の写真、興味そそがれまくりです。。。

けど、あの国にいったら入国できないなんてあるんですね~。初めて知りました。
もしかすると他にもそんな国あるのかな?

【2008/10/28 22:00】 URL | しゅう #- [ 編集]


いいでしょーあのイエメン旧市街の写真。

世界遺産で、そのまま昔の伝統を守りながらの
生活にあえるというすばらしい場所ですよ。

イスラム諸国はほとんど、イスラエルに入ると、
なんらかの制限があるでしょう。拒否されることも。

だから、みんな、イスラム諸国を先にまわって、
最後にイスラエルに行くとか、してますね。

関係は、日々かわって、友好的になったり、その逆になったり。

イスラエルも、それを自覚しているので、昔は、パスポートにスタンプ押してかまわないかと、聞いてくれ、ノーと言えば、パスポートには痕跡が残らないようにすることができました。

今は、有無をいわさず押されるとも聞きます。

イスラエルはすごく奥深い国なんで、また、行きたいと思っていますよ。

【2008/10/29 09:24】 URL | しゅうさんへ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。