小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~子連れ旅を始めたきっかけ~
自由に安全に旅するヒント&グッズ ~子連れ旅を始めたきっかけ~

 
今回は、なんで子連れ旅を始めたのか?とよく聞かれるので、そのお話を。

私が長男を始めて海外に連れていったのは、韓国のプサン。生後6カ月のとき。
夏生まれの子なので、冬のことです。

特に、海外に行くぞ!ってワケでなく、私が結婚前に、プサンまでの高速船
ビートルで働いていたことと、当時の友人知人が何か国際交流をしたい?と
いうことで、ビートルで働く韓国人友人に連絡を取って、国際交流飲み会を企画
したんです。

だから、2人ではなく、ダンナもいたし、友人知人が10名ほど。

で、まあ、勝手知ったる?プサンですから、そう心配もなかったのですが、
準備としては、お湯をつくるために、世界対応ポットを購入して持って行きまし
た。

ミルクを作るためにも、いろんなものを消毒するためにも、お湯は必須。ホテ
ルに頼むこともできますが、自分でわかせると、便利です。

このポット、今回の家族世界一周にももって行き、毎日大活躍したのですが、
”1995年製”(長男が生まれた年)と書いてあって、ある時、「へー、古い
の使っているんですね」と言われたことがあるんですよ。

そうそう、これは、長男とのプサン旅行のために買ったんだ、とじみじみ思い出
しましたね~。

さて、この子連れプサンでは、日本と韓国の面白い?違いを、知りましたよ。

それは、厚着です。

日本は、子どもは薄着で育てましょう、という考えがあるんです。その方が皮膚が
強くなって、結果、風邪などをひかない丈夫な子どもになる、というような。

でも、韓国はまったく逆だったんです。めっちゃめちゃ厚着、というか、毛布でく
るむ、というか・・・、あったかーーーくして育てるんだそうです。あんまり、く
るまれているんで、顔も足も見えないほど。

だから、その当時はベビーカーなんて、ほとんど見かけなかったですね。みんな
おんぶ。おんぶした上で、毛布でくるんでいましたね。

なので、うちの長男がスボンと靴下姿で、くるまれていないことが、オドロキのよ
うでした。長男を見ると、そそと寄ってきて、みんな足をさすってくれたり、靴下
を、むりやり上の方に伸ばそうとしてくれたりと、面白かったです。

さて、その後、ちょっと空いて、次男妊娠中に、マレーシアのペナンへ。

次男が生まれてから、子どもたちをおいて、ひとりで、ミャンマーへ。

その時の旅が、私の転機になりました。

ミャンマーって、いろいろ、政治的には問題を抱えていますが、庶民は、すごく
熱心な仏教徒で、すごく親切なんですね。

私は、ミャンマーに向かう飛行機の中で、隣になったミャンマー人女性と仲良く
なって、家にホームステイさせてもらってですね。

そして、そのミャンマーで、たくさんの、子どもたち、お母さんたち、大家族に
会いました。

そのとき、思ったんです。

ああ、こんな中で自分の子どもたちも一緒に遊べたらステキだなあ・・って。

そう、今度から一緒に旅をしよう。

旅をしていても、日本に置いてきた子どもたちがどうしているか、気になって気
になって仕方がないんです。

そう、一緒に行けばいいんだ!

アジアなら、大丈夫。こんなに、アジアはふところが温かい!

そう、これが、子連れ旅へのきっかけになりました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。