小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(25)世界一周ウラ話♪~どうやって町に出る?宿を探す?(イエメン)
本には書かなかった世界一周ウラ話(25)♪
         ~どうやって町に出る?宿を探す?(イエメン)~

今回も、(23)に続き、イエメン。

さて、晴れてイエメン入国できましたが、さて、これから、どうやって町に
出るか?

旅をしていれば、毎度毎度のことですが、これが、結構、いろいろドラマがあ
るんですよ~。
shikkuiサナアの旧市街全体が世界遺産。ここが正面、イエメン門

monイエメン建築。赤レンガと白いのはしっくい。このデザインが個々。

seisouイエメン男性とたかゆき。これが正装。きまっています!
jan腰にさすのは”ジャンビア!という剣。町にはジャンビア屋がたくさん。

kodomo子どもの格好もきまっている!


egaoみんな笑顔で人懐こい!

tatakaiここでもカラテが大人気。パパとイエメン子どもの一騎打ち?

mosukuイエメン人は敬虔なイスラム教徒。モスクで一緒にお祈りを。


ちなみに、アメリカーメキシコー中南米と、ほとんどバスを乗り継いで国境を
越えたのですが、これだと、どうやって町に行くか?というのは、意外に?カ
ンタン?です。

大抵、バスターミナルってのは、街中にありますからね。(もちろん遠く離れ
ているとこもあるけど)

しかし、空港というとことは、街中から、ずいぶん離れているもんです。だか
ら、どうやって?と思うわけです。

空港からのシャトルバスがあるんじゃないの?と思うでしょう?。

いやいや、それは、ある程度、発展した国ならでは、です。

シャトルバスがなくても、空港の敷地内から出て、少し、または、しばらく歩
いたりすれば、路線バスがあります。

ただ、夜の到着や、治安が悪い時は、やはりタクシーが一番です。何しろ、
全財産を背負ってますからね。


で、イエメンの首都サナア。時刻も、昼前で、いいお天気。治安もいいと聞い
ています。

こんなときは、タクシーは乗りたくないんですね~。

なぜなら、タクシーには、”ドラマ”がないからです(笑)。

さて、サナア空港は、かわいいぐらい小さな空港で、シャトルバスなんて、ま
ったくなさそう。警備員のおじさんに、タクシーでなくバスに乗りたいという
と、あっちにあるよと教えてくれました。

あっちは、空港の外のこと。

空港の敷地内から出ても、バス停、らしきものはまったくなし。

それでも、歩いていると、ミニバンのバス?か、乗り合いタクシーみたいなの
が私たちに声をかけてきました。

でも、なんか高。タクシーがわりにチャーターして!と言っている感じ。

うーーーん、違う違う。私たちが探しているのは”バス”。普通の人が乗る
バス!

ピーチクパーチクやっていると、また、同じようなのが来て、そのミニバンに
は、普通の乗客が何人も乗っていたので、こっちに乗ることに。

まあ、普通なら、家族4人だし、荷物もあるんだし、タクシーに乗るべきなの
かもしれんけど、どーしても、アタシは、バスがいいんです!!

それに、バスは安い。タクシーはバスの10倍20倍するんです。貧乏旅行に
は敵?。そう、この積み重ねが、4人で500万円でもありますからね~。

ここでバスに乗っておくと、いち早く、その国に物価になれ、見も心も?
庶民に近くなれますから。

(とは言えど、治安がいいときだけね!)

もちろん、パパも子どもたちも、そんなめんどくさいことはやめて、タクシー
でビヤッと行こうよ!と言っている・・。

このときに限らず、いつもそう。

家族旅行、イコール、グループ旅行であるからして、意見が割れるというのは、
いたしかたないこと。

ただ、グループ旅行なら、大人であり、他人なので、”遠慮”や”ゆずりあい”
というものが生まれてくるんですけど、家族には、ない。子どもには、ない。
感情むき出しなんですね~。

ひとり旅なら、一番、楽しい、そうどんな出逢いがあるか、ワクワクドキドキ
のこの場面。

いい方に転ぶか、そうでないか、こればかりはわからない。

ひとりなら、どっちに転んでも、自業自得なんで、また、振り出しに戻ればい
いのですが、家族となると遠慮なしのブーイング。それは、にがい?現実でし
たよ。

まあ、その分、家族旅行は、何かを成し得た時は、一緒に喜び合えて、感動が
何倍にもなる!というすばらしい楽しみがあるわけで・・。

さて、庶民が乗っているミニバスに乗ったはいいけど、どうも、私たちが行き
たい地区には、ミニバスは行かないそうで、途中で、降ろされました。

そこは、同じよーなミニバスが、いっぱいいっぱい、テキトーにぐちゃぐちゃ
集まってました。

さて、聞くしかない。行き先さえあれば、なんとかなるというのが持論。

だって、だれに聞こうかな? 親切そうな人はどのひとかな?と、自分の第六
感を働かせる。まあ、当たるも八卦(はっけ)、 当たらぬも八卦。

こういう時のコツは、できるだけ、話しかけてくる人より、自分から話しかけ
ること。

そして、話しかけた1人の男性。

彼は、バスを教えてくれただけじゃなくて、一緒に同じバスに乗り、なんと、
目指す安宿まで、一緒に探してくれたんです!

目指したのは、「アル・ナスル・ホテル」。

ここは、数少ない?(いや結構いるんですが)イエメンを旅する日本人が口伝
にいいよ~とお勧めの宿。

ここを教えてくれたのは、ブラジルで会った私たちと逆パターンで旅する日本
人。なんと、日本語の情報ノートがあるそうで・・。

それにしても、そのイエメン男性は、わざわざ私たちの宿探しにつきあってく
れて、本当に感謝!しています。いやー、当たり、当たり!
よいスタートを切りました!


<余談>
いつも、こうではありません(笑)。ひどいメに遭った事はありませんが、
一番寂しい思いをしたのは、1994年ひとり世界一周の時のモンゴル。

ロシアからモンゴルのウランバートル駅にあまりに早朝に着いて、両替もでき
ず、あまりに寒く、宿も見つからない、という場面。

うろうろしているうちに、通勤時間になったんです。

その中で、颯爽?と歩く女性に声をかけたんです。もちろん、第六感を働かせ
たつもりですが・・・。

それがーーーー

ムシされたんです!!

完ムシ!。

聞こえなかったんじゃない?と思うでしょ。いや、その女性は、私の声を聞いて、
確かに私を見たんです!見て、ムシしたんです!!

いやー、あのときの、かなしさをいったらなかったです。だって、2時間半あま
りもウロウロしてて、なーんにも、見つけられない状態でしたからねー。

自分が、透明人間になったような、ホント、そんな気がしました。

すべての人が自分を通り抜けていくような・・。

あの瞬間のショックは忘れられないですね~。

私の頭の中で、ひとつのメロディが、流れていましたよ。
♪そし~てボクは途方に暮れる~♪

人は、ムシされることが一番ツライというのは本当だな・・って痛感しましたよ。

当時のウランバートルって、本当に何にもなかったんです。(何にもってわけ
じゃないでしょうが、そう見えた)

2004年に行った時には、にぎやかで、なんでもあって、驚きましたね~。

さて、大ショックを受けたわけですが、、、、、

その後、ちゃんと、いい出会い待っていましたよ!。

ショックのあとのいい出会いは、また感無量~!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。