小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お別れ・・そして次の町へ
ホンジュラスにはいって、ケーブルをつなぐだけではインターネット
はつながらなくなりました。
で、おしえてもらっていたIPアドレスを設定しなおしたところ、
つながりました!

しかし・・・おっそいです。なかなか写真はアップできません。
たくさんのせたいけど、時間がもっらいないので、また、早い
ところにいったときにでも!それでは、今日もおよぎにいってきます!

たかゆき日記より(6月4日アップロード)

5月30日(火)セムクチャンペイ1日ツアー グアテマラ
朝7時にとなりのホテルで朝食をとって(これもツアーのお金にふくまれている)8時、バスは出発しました。

バスはぼくたち以外は全部アメリカ人のような感じで、ガイドのおにいさんがスペイン語と英語はどっちがいいか?ときくと、みんな、イングリッシュ!と答えていました。

グアテマラでは英語を話す人がほとんどいないので、お母さんは、「こういうツアー会社の人は英語がしゃべれるんやねー」と感心していました。

バスで2時間半乗りました。ぼくの横には、サッカーのベッカムにとてもにている人がいました。ぼくはその人となかよくなりました。
そしてやっとセムックチャンペイにつきました。

ジャングルのようなところをぬけると、天然のプールがいくつも見えてきました。
うっわーすごい!およぎたい!と思いました。
そして、この場所はとっても暑いところでした。

泳ぎたかったけど、ガイドさんが、とってもながめのいいところに案内するといって、全員でついていきました。それで、どんどん山道をのぼって、道はものすごく急になっていて、みんなヘトヘト。ぼくも死にそうでした。
「ここだよ!」といわれたところは・・・
うっわー
みんな感激の声をあげていました。
なんとそこからは、あのきれいな天然プールがぜんぶ見えました。

帰りは下りなので、ラクです。どんどんくだって、今度は上流の滝のところにいきました。ゴーーーとうずをまいていました。
そして、あの天然プールで泳ぎました。ものすごーくきれいでした。
これがなんで自然にできたんだろう?とぼくは不思議でした。
天然プール泳ぎ2

木の橋



たくさんおよいで、お昼のサンドイッチをたべて、またおよいで、とても気持ちよかったです。

帰りにコウモリどうくつに入りました。
どうくつの中は、すごい形をした岩だらけで、上からつららのように
なっていました。でもつららではなく岩だとしって、とてもふしぎでした。
さて、ここはこうもりが住んでいるどうくつだそうです。
歩く道はとてもベチョベチョですべりやすく、急な坂道もあって、こわいかんじでした。
かんじんのこうもりは1ぴきみえただけで、なかなかあらわれませんでした。
みんなが入るので、どうくつの中にはところどころあかりがあって、コウモリにとってはあかるすぎるからだと思います。

最後どうくつから出るとき、コウモリが2ひきでてきてくれました。
夜8時すぎにもどってきました。
こうもり洞窟中

こうもり洞窟の中!


5月29日(月)アンティグアから コバンへ グアテマラ
今日はアンティグア~コバンにきました。
アンティグア~グアテマラシティまでペンション田代さんの車で、
そこからコバンまで、5時間バスに乗ってつきました。

ほんとうは、アンティグアから4番目の国ホンジュラスへ入ろうと思っていましたが、
お母さんが、「もうちょっとグアテマラにいよう!えらいいいところがあるけん。セムック チャンペイってところにいこう」
ということで、コバンです。グアテマラシティの北にあります。

バスをおりていつものようにホテルをさがしました。
目指したホテルはあいてなかったので、その前にあったホテルにしました。
そしてすぐ明日出発のセムク チャンペイ1日ツアーに申し込みました。
ひとり250ケツアール、子供はふたりで大人ひとりぶん、だから4人で750ケツアール(約11000円)です。

グアテマラの物価としては高いけれど、そこは、途中のランキンという町までしかバスがないというとっても田舎?で、大自然のところなんで、案内してくれる人がいたほうがいいのだそうです。
ぼくたちはあしたが楽しみです。


ひかる日記
(お母さん入力:ただいまローマ字入力勉強中!アルファベットはばっちり!)

5月28日(日)アンティグア グアテマラ はれ/雨
今日はアンティグア最後の日です。シェイラとだいちからお別れのお手紙をもらいました。

ひかるへ

ひかるへ シェイラより
たかへシェイラ

たかへ シェイラより







ぼくたちは、10年後に、アンティグアであおうと約束しました。
ぼくは18歳、たかは20歳 シェイラは22歳、ダイチは17歳、ゲンキは15歳。
なんだかとてもたのしみです。

そして、せっかく仲良くなれたのに、お別れするのがさみしいです。

それからお母さんとまた市場へいきました。ぼくは、市場が大好きです。それはなんでもたくさん売ってるからです。
ぼくはおみやげのものとか見るのが大好きです。
それで、おみやげをいろいろ買って、日本におくりました。

それから、夕ご飯にカレーをつくるために、野菜とかをかってかえりました。カレーは辛口だったのでお母さんがはちみつとりんごをいれました。

5月27日(日)アンティグア グアテマラ
今日は市場にいきました。そこはとても広くて、ぼくがほしいものがありました。
それば、かたからさげるバックで、こっちの先住民の人たちがおるおりものでつくったきれいな色がたくさんのバッグです。ゆうぎおうのカードをいれたいと思いました。

でも、店のおばちゃんは35ケツアール(500円)といい、高いと思ったので、
「マス バラト ポルファボール(安くして下さい)」といってみました。すると、
おばちゃんは、これは安くならないの。こっちは20ケツァールよ、ともうひとつのをみせました。さっきのと同じ大きさだけど、柄がちょっとちがっていました。

でも、それもきれいだったので、これもいいなあ、と思って、15ケツアールにしてください、といいました。おばちゃんはダメといいました。ぼくはざんねんだったけどあきらめました。おかあさんが、ふつうは、ここでかえりかけたら、店の人が、15でいいよっていうかもよ。といったけど、その店はいわなかったです。

それから他の店もみたけど、あったけど、50とか40とか、とっても高くてだから、もどって、さっきの店で買うことにしました。
さっきの店にいくと、おばちゃんはにこっと笑いました

ゴールドオバサン

グアテマラの中で一番グアテマラらしくない?町
リビングストンには黒人がたくさん住んでいる。金ぴかのおばちゃん!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。