小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(26)世界一周ウラ話♪~ネバー・ギブ・アップとアイ・コンタクト(ドバイ)~
本には書かなかった世界一周ウラ話(26)♪
         ~ネバー・ギブ・アップとアイ・コンタクト(ドバイ)~

今回はドバイ。

私たちのよーな貧乏旅行者がドバイというのは、ほんと、不釣合い?は話ですが、
行ってきました、バブリーなドバイ。
7tsuドバイと言えばこれ!7ツ星ホテル!
biruドバイはまさに建設ラッシュ!
basuteiこれは、バス停の待合室。なんと、冷房入り!
shibafuサバクの国ドバイに、こんなにスバラシイ芝生公園。すごい!
arusabuhaここが出稼ぎ者の町アル・サブハ。私たちが泊まった地区。
    ドバイの人口の70~80%は外国人。たくさんの中東、アフリカ、アジアから働きにきている。
    だからアル・サブハには、ありとあらゆる国の食堂があって、とても楽しい。治安もよい!


私たちのラウンド・ザ・ワールドの世界一周航空券は、ドバイの航空会社のエミレ
イツ航空が使えるから、寄っただけなんですが・・・。

エイミレイツと言えば、聞いたところによると、めっちゃ最高級?の航空会社だそ
うで、だからして、私たちは、期待まんまん。

飛行機は新しいし、テレビは全部についてるし、日本語のドラマや映画も歌もゲー
ムもあるし、(え?そんなの当然じゃん。)、ははは。

でも・・・・ファーストコンタクトが悪かった・・。

乗る前の話。

私たちはサッカーボールを持って旅をしていました。

その、大切なコミュニケーションツール、そして、これまで、いろんな国の子ども
たちとサッカーをした思い出がつまっている、子どもたちの大切な大切な大切な
ボール!

で、ちゃんと、多少空気を抜いているんです。(空気を抜いてないと、機内で、気
圧の関係で、パンパンになって、割れてしまうらしい)

なのに、これは持ち込めない!と言い張られたんです!

それは、白いスカーフを巻いたエミレイツ航空のオンナ。

性格のキツサが顔に出ているオンナ。

ちゃんと空気ぬいているよ、とボールをへこましてみせても、だめと首をふる、そ
のオンナ。

キレイな顔にしわ寄せて、いろいろ周りに指示しているエラそうなオンナ。



あんたねーーーこのボール大切なの!

まあ、私が、もっとペシャンコに抜いていればよかったんやけど・・。そして、持
参していた空気抜きを、預け荷物にしてしまったのも、私が悪いけど。

でも、この位抜いておけば、他の飛行機では問題なかった!

それに、それを知らずに、何も言われずに持ち込んで、なんともないこともあった
し。

そうよ、中米パナマのコパ航空は、ちゃんと、空気抜き持ってて、ぬいてくれたし。

空気抜きぐらい、用意しとけよ!(と私はぶつぶつ)


でも、私はあきらめない!

ここで没収されれば、子どもたちは、ナント思うだろう・・。なんとか、工夫、努
力、ダメもとかもしれないけど・・理不尽に屈してはいかん?と・・。

ふと、いいこと思いつきました。それは、いつも、なにがしら持っている安全ピン。
これで、空気を抜くことを。

それを、そのオンナの目の前で、オンナに命令されていた、荷物チェック係りの目
の前で、やる!

とうわけで、やりましたよ~。
かなり、ちょっとずつしか抜けないから、時間をかけて、じわじわと。

わざと、目の前で・・。

結果、はっはっはっ!私の勝ちや~!

持ち込んでいいよ、と係りの男からOKがでました。(すいません、根性モンで・・)


というわけで、エミレイツのオンナに対して、イヤな印象がつきましたが、飛行機
に乗ると、スチワーデスさんはさすがに感じよかったです。

驚いたことに、こんな日本に関係ない路線に、日本人が乗務していましたね~。

よく見ると、日本人だけじゃなく、中国人も、アジア系人の、アフリカ系も、白人
も、よりどりみどり。さすが、人口の70%か80%は外国人というドバイならで
は、ですね。

その日本人のスチワーデスさんには、本当に、よくしていただきましたよ。エミレ
イツグッズたくさんくれたし。


さて、話は変わって、今度は、そのドバイで、次なる目的地タイのバンコクまでの
座席をとろうとしたときの話。

ドバイはなんでも高いので、でもせっかくだから1、2泊の滞在のつもりでした。
でも、飛行機が、取れないのです!。

到着してすぐ、そのまま、空港にあるエミレイツ予約センターに行ったけど、2週
間後しか取れないと言うんです。2週間もここいたら、破産するぅぅぅ!

街中にある、エミレイツの本社に行っても、取れない・・。そして、とっても事務
的で、とりつくしまもない。

まあ、本当に、キャンセル待ちもできない、っちゅーから、めちゃめちゃ混んでい
ることは事実。

翌日また行っても取れない・・。

ドバイ3日め。また、エミレイツへ。

本社のエミレイツ予約部は、ひろーいカウンターに、10人ぐらいスタッフが並ん
でいるのですが、その大半は女性、男性が2、3人いるんです。

なんとなーく、あるひとりの男性が、日本人ではないけど、日本人ぽいというか、
なんか、オリエンタル?で、感じがいい男性がいたんです。(単なるカン)

この人にあたればいいなーと思っていましたが、残念ながら、番号札をとり順番で
呼び出されるので、あたらなかったんです。

でも、その日、いるいる!と思いながら、この人にあたりますヨーにと念じたとこ
ろ・・・(笑)、なんと!、彼に大当たり!

彼も、最初は、事務的でした。いやー、タイ線は、しばらくずっと混んでいるんで
すよ、と。

でも、彼に頼んでみるしかない!私のカンを信じて・・

「あのーどこの国の人ですか?」
「お顔が日本人にとても似ていますね~」
とかなんとか、雑談とも言えないようなことを、めちゃめちゃの英語と、目と心で
(笑)で話しかける私。

「私たち、世界一周しているんです~。ほら、あそこに子どもたちとダンナ。
これがチケットなんですう」
(交渉に集中するために、子どももダンナも後ろに座らせていた)

「ドバイはいいところですね~。でも、なんでも高いですよね~」

「タイに少しでも早くいかないと、お金が足りなくて、困っているんですう~」

とかなんとか・・。

すると、彼は、チケットの今までの軌跡を感心したように見て、目を丸くして、
おー!グレイト!と。

そして、また、ガチャガチャのコンピューターを操作。

で、うーん、とかうなったり、首をかしげたり・・。

そして、パッとガチャガチャ・・。

そして・・・
んん!なんとかできるかもしれないよ!と彼。

そして、ちょっと待ってて、と、チケットを持って、奥へ行きました。

お!これは、もしやもしや!!

待つことしばらく。

奥から戻ってきた彼はニコニコと私を見て、OK!と言いました。

うっそー

ほんと!

取れたの?

取ってくれたんです!!!

今までの経験?からして、こういう場合は、女性より男性の方が融通が利くこと
大有りです。

逆に、男性なら、女性の職員が、融通聞かせてくれるのかも?

まあ、たまたま、でしょうが、私たちは、6日め、タイへ出発できました。

ドバイはぜひ、お金をたーくさんもって、楽しむといいですね(笑)

ドバイの様子は、ぜひ本をよんでください(笑)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2008/11/08 18:04】 | # [ 編集]


世界一周行くならドバイも行きたい国です!
ちょっとしたセレブ気分を味わってみたいじゃないですか~。

10年後の変わり具合もおもしろそうな国だし
今のドバイを僕も見ておきたいですね。

【2008/11/15 11:55】 URL | しゅう #- [ 編集]


外国人が人口の7割8割を占めて、それも様々な国の人の出稼ぎも受け入れていているにもかかわらず、治安がいい、ことってすばらしいなあとホント思いますね~。

仕事があるっていうのは、人を安定させるのだと痛感しました~。

これからのドバイも楽しみです!

物価が高いといっても、日本よりは高くないし、特に、タクシーが安いですよ。
世界各国のレストランもよりどりみどりで、買い物には税金かからないし、そういうの好きな人には最高なところですね!

【2008/11/15 15:47】 URL | しゅうさんへ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。