小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(29)世界一周ウラ話♪~ポル・ポトはなぜ罪もない人々を殺したのか(カンボジア)~
本には書かなかった世界一周ウラ話(29)♪
         ~ポル・ポトはなぜ罪もない人々を殺したのか(カンボジア)~



今回はカンボジア。

カンボジアというと、何を一番にイメージしますか?
地雷ですか? アンコール遺跡群? ポル・ポト政権時代の負の遺産ですか?

私は、1993年に訪れたのですが、行くきっかけになったのは、テレビで見た
首都プノンペンにあるポル・ポト時代の刑務所(もともとは高校)の、ツールス
レーン博物館の映像でした。

本にも少し写真をのせて、子どもたちの感想ものせていますが、もう、ものすご
い衝撃的なところです。
goumonツースレーンで拷問された人々の写真


写真はいくつもとりましたが、たくさんのせるとあまりにも残酷で苦しいので、
ちょっとにしていますが・・。

ぜひ、行かれる方は、これらを見ておくべきだと思います。
kiring拷問された人々が殺されたキリング・フィールドの慰霊塔
honeあちこちに、人骨が積まれている。


今回は、その1993年にはなかった、アキラの地雷博物館に、私はすごく行き
たいと思っていました。

(本にありますが、アキラはアキーラというカンボジア人。
5歳で親をポル・ポト軍に殺され、20歳まで少年兵として戦争をしていた人で
す。
20歳になって初めて人生を選ぶことができ、地雷撤去と、地雷で被害にあった
子どもたちを育て、地雷博物館をつくった人。
ひとりで、2、3万個の地雷を素手で撤去し、それをすべて無償で、カンボジア
の人々のために続けている人です。)


アキラの地雷博物館は、シェムリアップのアンコール遺跡の近くにあります。も
う真っ先に、ここへ行きました。

そこで、この本に出逢いました。

三省堂から出ている「アキラと地雷博物館のこどもたち」という本です。
akirahonこの本です!

23man地雷博物館。右側の子どものように、地雷の被害にあった子どもたちをアキラが引き取って一緒に暮らしている。
jiraihakuアキラがほって安全に処理したいろんな種類の地雷。ホンモノの地雷を展示することで、決して触れないとうにと、注意をよびかけている。


本は、アキラの地雷博物館の中で、買ったものです。

内容はものすごい衝撃でした。


なぜ、ポル・ポト政権は、たくさんの罪のない人々を殺したのか・・

ポル・ポト時代に生きた人々は、何を強いられたのか・・・

戦争とは、どういうことなのか・・

人を殺すと言うことは、どういうことなのか・・・

親を殺されるということは、どういうことなのか・・

戦争するしか、生きる道がない、ということは、どんなことなのか・・

地雷は、どれだけ恐ろしいものなのか・・

生き残った人々は、何を背負って生きるのか・・



本当に、胸が苦しくてしかたがありませんでした。


そして、一番、衝撃的なのが・・・

アキラ自身が、自分の親を殺した人を知った上で、その人を許す、こと。

ぜひ、読んでほしい1冊です。アマゾン




2001年ごろでしょうか。

アキラの地雷博物館を教えてくれたのは、私の昔の会社の元上司なんです。
父親ぐらいの年齢で、お父さんみたいな、あったかい方でした。

その元上司が、あるとき、アンコール遺跡を見に行って、その時の話をし
てくれたのですが、話題の一番は、このアキラの地雷博物館のことだった
のです。

とにかく、アキラの活動に感動して、元上司は(当時65歳ぐらい)、定年
退職している身だから、大きな支援はできないけれど、何か、アキラのため
にしたいと、絵を描き始めたんです。

元上司は、もともとは、絵を描く人だったのです。

たくさんのアンコール遺跡を、いろんな角度から、黒エンピツで、書いた
何十枚もの絵。

エンピツでここまで、写真のように、書けるものかと感動するぐらいすばら
しい絵でした。

それを、2003年ごろ、これだけ書けたよと見せられて、

「もし、久米ちゃんが、アキラの地雷博物館に行くときは、持って行ってほしい。
このまま売ってもいいし、加工してもいい。何かに役立ててほしい」

と言われていたんです。

一度、その後カンボジアに行こうと計画したことがありました。

でも、その時は、私の父が、どうしても子どもたちと一緒にカンボジアは、心配
でたまらないから行かないでくれ、と言われて、やめたことがありまして。

だから、当初は、この世界一周でも、カンボジアは入れていなかったのです。

でも、エチオピアに行けなかった(ソマリアとの戦争勃発で)ことで、時間が
できて、行くことにしたんですね。

そして、元上司の絵は持ってこれなかったけど、帰国したら、連絡して、絵を受
け取って、もう一度行こう!と思っていたんです。

しかし、帰国したら、元上司が、私たちが世界一周している間に、亡くなったと、
親戚の方からの1枚のはがきがきていました。

なんだか、元上司が、私をカンボジアに向かわせたような気がしているんです。

絵を、いつか、きっと、持って行きたい、そう思っています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

「大事なことがある。」と感じました。ありがとうございます。

【2008/11/22 23:04】 URL | テルリー #- [ 編集]


テルリーさん そう言ってもらってありがとうございます。感謝!

【2008/11/23 10:53】 URL | テルリーさんへ #- [ 編集]


このコメントは管理者の承認待ちです

【2017/06/05 00:27】 | # [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。