小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(28)世界一周ウラ話♪~カオサンロード発カンボジア行き
本には書かなかった世界一周ウラ話(28)♪
         ~カオサンロード発カンボジア行き(タイ)~

タイが本当に好きですね~。住むんなら、タイかなあ・・とも。

バンコクではいつも”カオサンロード”という、バックパッカーには有名な通りの
近くに泊まります。

カオサンには、安宿、旅行会社、銀行、みやげ物や、カフェ、マッサージ屋、美容
室、日本食もあるし、焼き鳥の屋台、ラーメン、カットフルーツ、シェイク屋、
ありとあらゆる屋台が出ていて、毎日が縁日、お祭りのようなところなんです。

まあ、最近のカオサンは、なんでも値上がり傾向にありますが・・、それでも、
安くておいしくて楽しいんですね~。

この世界一周のときには、タイを拠点として、カンボジア行ってもどり、ネパール
行ってまたもどり、タイの南の島タオ島へ行ってはまたまたバンコクへ戻りで、
合計1カ月もいてしまいました。

ついつい、長居したくなるところです。

それから、カオサンのすばらしいところは、カオサン発のツーリストバスが、普通
のバスとそう変わらない価格で、カンボジアやタオ島やいろんなところに行けるこ
とです。

バンコクには、行き先方面ごとに、バスターミナルが3つか4つあるんですが、そ
のバスターミナルに行かなくても、カオサンから出発できるのって、荷物があると
きなんか、めちゃいいです。

カオサンには、日本語が通じる、日本人が勤務している旅行会社もいくつもありま
すから、言葉の心配もないですね。

私たちは、まあ、普通は、バスターミナルから庶民のバスに乗ることが多いですが、
(ちょっとでも節約のため(笑))、カンボジア行きのバスは、このツーリストバ
スを利用しました。


さて早朝カオサンを出発して、国境のアランヤプラテートまで、デラックスバスで、
道路もよくて、スッスーと。そして、国境で下車。

下車するまでに、昼食をとるためのレストランで、カンボジアビザの代行も頼めま
す。

これは、頼まなくても、自力でもできるそうです。ただ、国境はとても混雑してい
て、炎天下で、とにかく暑くて、キツクて、だらだら・・・です。

バスは、国境を通れないのです。

国境でバスを降り、大きな荷物を持って、歩いて、出国検査受けて、また歩いて、
入国検査に並ぶのです。

そして、やっとこさ、入国できたら、そこに待っているのは、ちっさいバン。
バンコクからのあのデラックスバスとは、雲泥の差。

どれに乗るの~~

結局、分乗して、ちっさなバンに、荷物と一緒にぎゅうぎゅう入れられ、窓は開か
ず、冷房のラジオもなし。

きわめつけが、道路事情。いやーーーーーほんと、すっごいです。何度も、バンの
天井に頭がぶつかって・・。

私も、これまで、散々、すごい車、道に遭遇していますが、すごさベスト3に入り
ますね(笑)

さすがに、これで、6時間ということが、不安になりましたね~。

で、食事休憩があるわけですが、やたらめったら、高いんですねー。おまけに、休
憩時間がやたら長い。もっともっとここでお金おとせよ~って感じでしょうか(笑)

車窓は、砂ぼこり。すべてが黄土色。

でも、これらはかなり貴重な経験ですよ。

カンボジアというと、首都プノンペンか、アンコール遺跡があるシェムリアップが
有名で、そのふたつはすごく整備されているんです。

でも、バスで国境を越えれば、本当のカンボジア、小さな村々が目の前に見えるん
です。

そうして、わざと休憩時間を多くとって、なるべく、遅い時間に、目的地シェムリ
アップの町に着くようにしているそうです。

それは、バスと?結託している安宿に泊まるようにすすめるため。夜が遅いと、じ
ゃあ、1泊はそこでいいっか、ってなるために。

いいでしょー。いかにも、あやしい流れ・・(笑)。

だから、バスの終点は、バスにしかわからないんです。

どんなところに連れて行かれるかって、思っていましたが、けっこうマトモで安い
宿へ到着しましたよ。(あたりはずれがあるそうです)

部屋を見せてもらって、私たちは1泊ここに泊まることにしましたが、大半は、み
な、自分が目指す宿に散らばっていきました。

そんな、カンボジア行きバス。これから、すこしずつ道もよくなっていくのでしょ
うね。今が、行きどきかも。ですよ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。