小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(30)世界一周ウラ話♪~マオイストとスト破りの制裁?(ネパール)
本には書かなかった世界一周ウラ話(30)♪
         ~マオイストとスト破りの制裁?(ネパール)~


butsuネパールの仏像。とってもカラフル!楽しいね!

tameru旅行者が集まる便利なタメル地区

demo別の日、こんなデモにも遭遇した。

今回はネパール。

実は、私たちが行った日、大規模なストライキの最中だったんです。

2007年 2 月 28 日、カトマンズでは少数民族連合(ジャナ・ジャティ)の
ゼネラルストライキ。

「バンダ」と称し、カトマンズの住人は「生産活動を止めて抗議しよう」という
ことだそうです。

1990 年の民主化以来、抗議行動として、多用されてきて、マオイストの大都市
における得意な戦法でもあったそうで・・。

マオイストは、違反者(スト破り)には、ときによって制裁を加える、そうです。

その”マオイスト”とは何か?というと、

毛沢東思想の信奉者のこと。

そのうち特にネパール共産党毛沢東主義派の通称。

詳しくは↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E6%AF%9B%E6%B2%A2%E6%9D%B1%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E6%B4%BE

よくわかっていない私ですが、基本的に、マオイストはテロリストの一種だと
思っていました。

2002年ごろ、ネパールへの子連れバックパッカーを検討したことがあるの
ですが、当時のガイドブックには、

「マオイストは反政府組織。ここ数年、政府関係施設をターゲットとし、爆弾攻撃
や襲撃を行い、多数の死傷者が出る事態となっている。

ただし、マオイストは外国人を直接ターゲットにしてはいない。マオイストと接触
があるとしたら、トレッキングする際、マオイストが現れ、金銭を請求することがある」

とあり、ちょっと、子連れではむりだなあ・・とあきらめたことがあるんです。

(でも、マオイストに関しては、実際、現地の人の話を聞くと、その恐ろしい?
印象とは違ってました・・。

また、ネパールはのんびりとした、人もあたたかい治安的にもいい国だと私たちは思い
ます。)


さて、話は戻りまして・・・

ネパールも、エチオピアのかわりで、日にちに余裕ができたので、急きょ、行く
ことにしたのです。

で、カトマンズ空港に到着して、普通は3ドル(360円程度らしい)タクシー
が、「今日は10ドル(約1200円)だ!」とふてぶてしく、言われて、

やーなヤツ、ぼったくりやん!

と思ってしまいましたが、ストライキのせいだったのでしょうね~

タクシーに乗らないなら、どうしたものか・・・と思いながら、子どもたちと
パパを待たして、空港の外の様子を見に行ったんです。

すると、向こうに、さりげなく立っている、アジアっぽい顔のおじさんが目に
入ったんです。

おじさんは”チベットゲストハウス”の看板を持ち、だれに声をかけるわけでも
なく、客引きするわけでもなく、おとなーしく、立っているんです。
kyakuhikiわかる?チベットゲストハウスのおじさん

upアップするよ!ほら、なんかいい人そうでしょ。



チベットゲストハウスは、バンコクの紀伊国屋で立ち読みしたガイドブックに
あった宿の名前だったので、そのおじさんに声をかけました。

というわけで、本での話につながるわけですが・・・

その送迎車から見えた光景は、衝撃的でした。

ストライキに違反した、バイクタクシーみたいなのを、大勢で、よってたかって
飛びかかって止めて、バイクから引き摺り下ろす、という様。

ひえーーーー

と思いました。

それ以外は、大きな店が閉まっていたり、車の往来が極端に少ないこと意外は、
何も、ありませんでした。

また、旅行者の町であるタメルは、店もすべて開いていて、何の不自由はあり
ませんでした。

今年、2008年5月28日。 ネパール制憲議会が招集され、新たな政体を連邦民
主共和制と宣言して、正式に、240年間続いた王制に終止符を打ちました。

ギャネンドラ国王は退位。

ネパール王国は、ネパールになったんですね。

私たちが訪問した2007年2月から3月は、ネパールになる激動の時代だった
のですね~。

misunageお祭りで、水を投げようとしてる子どもたち
rarigurasuこれがネパールの国花、ラリーグラス!
teraonnnaお寺は憩いの場
machupuマチュプチュレ!カッコイイ山だ
sakurahausuサクラハウス!いい宿です!
hp-ta-山のポーターさん。すごいでかい荷物!
annnakikアンナプルナでパパキック



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。