小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その1)日本人宿って何?
本には書かなかった世界一周ウラ話
     ~お世話になった日本人宿さん(その1)日本人宿って何?~


前回で、世界一周ウラ話、全32回で、一周完了♪。
(バックナンバーは http://kumemuga.blog60.fc2.com/blog-category-0.html 

でも、まだまだ書き足りません(笑)

今まで国別で回りましたので、今回から、テーマ別でいきたいと思います。

まずは、今回、タイヘンお世話になった”日本人宿”と呼ばれる宿のお話。

たくさんあるんで、何回かに分けてご紹介します。

まずは、私が、初めて、日本人宿と出逢った、むかーしの話から。

rufu
1994年、イスラエルのエルサレム タバスコホステルの屋上で、最後の晩餐のあとに。ん!?若い?
masada
タバスコホステル主催のマサダ要塞から死海にのぞむ朝日をおがむツアー。となりはユーゴさん。どうしてますか~?





私は1994年、人間関係の挫折がきっかけで、このままでは生きて行けなくな
って、お金もあまりないのに、世界に逃避(笑)しました。

人間不信になっていたにもかかわらず、人とのつながりをなくしてはできない旅
を選んだことが、不思議だと今でも思います・・。

何の準備もなく、わずかなお金を持って、日本脱出をしたのです。

よく、世界一周したいというご相談の中に、今が捨てられない、とか、帰ってき
てからが不安、というのがありますが、

今がうまくいっている人は、なかなか行けないですよね~。逆に現在に挫折とか
していたら、行きやすい、ものかもしれません(笑)。

人生の中では、一見、悪いこと悲しいことも、それがきっかけで、新しい出会い
に転じることって、あるんですよね~。


というわけで、日本を出ましたが、1994年ですから、インターネットは影も
カタチもなく、携帯電話が20万円ぐらいの時代。

だから、ほんと、何も情報持ってなくて、結構、前半は、人恋しい、日本語に餓
えて餓えて、いろんなことにぶつかってはアタフタして、右往左往してばかりの
旅でした。

で、病気にもなって、帰りたいよーーーーって思ったこともありました。

もちろん、日本人宿、という、そんな便利な存在も、知りませんでした。

そう、当時も、ちゃんとあったんですね。知る人ぞ知る存在として。

でも、私は知らないから、寂しさは、かなり、充分なほど味わいましたね~。

寂しさを味わうことは、また、なかなか、いい経験なんですよ。



で、そんな私が日本人宿(正確に言うと日本人が集まる宿)に行き着いたのは、

旅の後半、イスラエルのエルサレムでのことでした。

エジプトからイスラエルへの国際バスで、国境で置いてけぼりを食らい、同じ
立場の日本人との出会いがあったからです。


その日本人とは、エジプトのカイロ発のバス乗り場で出会い、バスが別だった
のですが、置いてけぼり食らって、国境で、再び会うことになったのです。

このひど~い国境事件のことは、元祖私のHPにありますので、
( http://www.hf.rim.or.jp/~kaya/chikki10.html 


その日本人は、大学生で、カイロの(今も)有名な、老舗の日本人宿、サファリ
ホテルに泊まっていたと聞いて、へええーーーそんな宿があるん!と思ったもの
です。

で、その日本人学生と、ブツクサ文句言いながらも、がんばって、エルサレムへ
行き、旧市街のタバスコホステルという宿に向かうのです。


ここは、今は違うそうですが、当時は、日本人が集まる宿。

私は、いろんな意味で、びっくりしたものです。

イスラエルを旅をする日本人がたくさんいることや、男女一緒のドミトリー(共
同部屋)や、みんな自炊して節約しえいることや・・・、

ほよよーーー

と、思ったものです。


でも、”住めば都””慣れれば最高!”って感じで、友だちができる、仲間がで
きるというのはいいもんだ、と思いました。

私にとって、ここはすばらしい安息の場にもありましたね~。


またタバスコホステルは、日本人だけではなく、たくさんの、ヨーロッパ各国か
らや、アメリカ人や、南アフリカ人や、いろいろいましたので、とにかく、なん
か、インターナショナルで、楽しかったですね。

みんなで毎日、屋上のデコボココンクリートの上で宴会?でしたし、ディスコに

繰り出したり、まあ、いろいろでしたね。


男女や年の差や職業や地位を越えて、できた仲間と、イスラエル国内をあちこち
旅をしたんです。

そして、別れ。



当時は長い旅をしているにはみんな1人旅でしたから、その、ひとときを楽しみ、ま
た、別々の道を進むのです。

また、いろんな旅をしている人間が集まるのですから、ここで、いろんな情報が
交換できるのです。

人により、共同部屋はダメという人もいますが、私は、男女共同部屋、大好きで
したね。

子連れ旅になっても、けっこう、そういうところに泊まっているんですよ。


世界には、そういう日本人が集まる宿が、たくさんあるのです。

日本人じゃない人が経営する日本人宿もあるし、日本人が経営する日本人宿もあ
ります。

特に、治安が悪い国では、安息の場所を得ることは、かなり重要です。

部屋も、共同部屋じゃなく、ちゃんとした個室の宿もあるし、日本では信じられな
いぐらい安く快適な宿もあります。

ただし、もちろん、安心しきってはいけない、場合もありますね。

次回から、私たちがお世話になった宿のお話をしていきま~す。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。