小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お世話になった日本人宿さん(その3)~エクアドルとペルー
本には書かなかった世界一周ウラ話(35)♪
     ~お世話になった日本人宿さん(その3)~エクアドルとペルー~

sukuresutafuホテル スクレのスタッフ

   


前回、メキシコとグアテマラの日本人宿を紹介しましたが、そのあとの、ホンジュラス、
ニカラグア、コスタリカには、特になくて、(あるのかもしれませんが)、そのあとの、
エクアドルとペルーにいきますね。

※ホンジュラスの国境近くの町オモアには、ひとつ、ありました!

当時は、料理人チャッピーさんがいて、おいしい日本食と、釣った魚料理など、ごちそうになりました!今はチャッピーさんは京都でゲストハウスされています。今はおそらくオーナーの日本人の方がされているでしょう。いつか行きたいです!
chappi
チャッピーさんのゲストハウスは、http://blogs.yahoo.co.jp/chappy_j21


さて、エクアドルでは、首都キトにある、”スークレ”
http://www.mucha-suerte.com/sucre.html
すばり!いい宿です!。

ここは、日本人経営ではなく、エクアドル人のスタッフでやってるのですが、たくさんの
日本人が集まる宿です。
sukureスクレの目印はこれ!?



場所は、旧市街の真ん中、サンフランシスコ教会と広場の近くで、すごいいい場所。

部屋数は多いし、エクアドル人スタッフは、とってもフレンドリーで、しかも、めちゃ安。

1泊1部屋3ドル~4ドル(約300円~400円)。


うちの子たちは、毎晩おそくまで、宿泊客や、スタッフのルーベンやリカルドたちと、
”人生ゲーム”して、遊んでましたね。
jinseigemuただいま人生ゲーム中!



また、みんなで、サルサ習って、踊ったり・・・


キッチンは使えるし、共同スペースは広く、テレビもビデオも見れるし、屋上は、洗濯
ものがよく乾くし、最高の宿です。


長男は、このスークレがとても気に入って、彼の中に、”自分もこんなホテルを作りたい!”
と夢を持ち始めましたね~。


まあ、難を言えば、共同シャワーのお湯の温度や、出が、ちょっと悪いのですが、なか
なかそれも、ダイミングを図れば、何も問題ありません。

とにかく、楽しい宿です!

ただし・・・、

ガイドブックにも書いてあるし、私たちも本にも書いてますが、スークレがある旧市街は、
新市街に比べると、治安的にあまりよくないとあります。

昼間は警察がドーベルマンを連れてパトロールしていたりして、全く、問題ないと感じま
したが、夜は注意が必要です。

夜9時ぐらいから、朝までは、みんな出歩かないようにしてましたね。

新市街は、夜も明るく、遅い時間も大丈夫と聞きますが、旧市街は、なんと言っても、
”旧市街全体が世界遺産”ですからね~。

雰囲気いいですよ~。昼間も町歩きも楽しいし、夜は古い教会などがライトアップされて
(宿の窓から見える)、ものすごく、厳かで、美しいんですよ。
sannfrankyoukaiライトアップされるサンフランシスコ教会





さて、次はペルー。

ペルーは、日本人移民が多いので、日系の方が経営するホテルがけっこうあります。

旅の手配もしてくれる日系人宿もありますから、そう慣れていなくても、自由旅行で行け
ますよね。

私たちがお世話になったのは、首都リマにある、”宿オキナワ”

名幸さんというおじいちゃんが経営されています。

ご夫婦で、50年前に、移民としてきたのだそうです。

とても、親切で優しいおじいちゃんです。

キッチンはありませんが、2階と3階のフロアに、テーブルがあって、お湯とお茶などの
飲み物が用意されています。

日本語の本もいろいろ。

部屋もベッドも共同シャワーも掃除が行き届いていて、きれいで居心地のいい宿です。

1泊1ベッド900円ぐらいでした。
なんと、子どもたちはタダにしてくれたんです!(嬉し涙・・)


金額的だけで言うと、もっと安いところはあるそうです。ペルーは物価が安い国ですし。

ただ、リマは、治安もよくなく、泥棒が強盗が多いそうなので、泊まるところはその辺の
よく注意して決めた方がいいと聞きましたね。


名幸のおじいちゃんが言うには、おじいちゃんでさえ、外出する際は、安物の腕時計さえ
していかないようにしているそうです。

なぜなら、ほんと、全く知らない間に、盗られているからだそうで。


そうそう、私自身も、旅の途中で出逢った人から、「帽子さえも盗られるよ」と聞きまし
たね~。

私も、リマに夜行バスで着いて、町までに行く間に、腕時計がなくなっていました。
盗られたか、落としたか、はずれたか・・・わかんないですけど、気づいたときは、
あ!ない!って。

まあ、3ドルぐらいで買ったちゃちいやつなんですが・・・
(あくまでも、盗られたのかどうかは分かりません)


日本人が狙われるというより、現地の人であっても、ちょっとしたスキを狙ってくるそう
です。

途中出逢ったペルー人おばちゃんは、歩くときは、

「こういう風にバックを前に抱きかかえて歩くのよ」

と教えてくれました。


リマ以外にも、世界遺産の街であり、マチュピチュへの玄関でもあるクスコにも、2つ有
名な日本人が経営する宿があるそうです。

町の中心からちょっと離れているので、私たちは泊まりませんでしたが、治安があまりよ
くないところでは、日本人宿は、情報収集の場であり、貴重な安息の場ですよね~。

ちなみに、私たちはクスコで、町の中心、アルマス広場から2分ぐらいのところに泊まり
ました。ここはアタリでしたよ。
kusuここ!


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。