小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本人宿(その4)~ボリビア・パラグアイ~
本には書かなかった世界一周ウラ話(36)♪
     ~お世話になった日本人宿さん(その4)~ボリビア・パラグアイ~


   
で、前回まで中米とペルーまでいきましたので、今回はボリビアとパラグアイといき
ましょう!

fyokanパラグアイのイグアス日本人居住区”福岡旅館”の部屋。いいでしょー
mae



ボリビアとパラグアイの首都には、有名な日本人宿があります。泊まらなかったんです
が、紹介しますね。


ボリビアは、実質上の首都ラ・パスにある、サンタクロスという宿。

http://sanpo1.com/data/hotelnanbei2/hotelnanbei2.html(ジンバブエで出会ったサンポさんのHP。サンタクロスのことがわかります)


ここは、ホテルじゃなくて、”アロハミエント”と呼ばれる、ボリビアの究極の安宿。

約300円ぐらいなんで、知る人ぞ知る?人気がある宿だそうです。

私たちはここに、夜到着して、行ったのですが、けっこう満杯で、唯一空いていた部屋
が、床にでっかい穴があって・・・・じゅうたんで隠してあった・・・。

この宿は建物の4階部分なんで、きっと、3階が丸見え??

そこまで確かめなかったけど、あの穴にパパがちょっと耐えられなかったみたい(笑)。

だから、やめました。(その後、苦労した宿探しは本にあり)

日本人は何人もいましたよ。

きっと他の部屋は穴は空いてない?んじゃないでしょうか。

オーナーはボリビア人で、とても優しそうな感じの人でしたね。

そう、このタイプの宿はどこも壁が(床も?)超?うすいのだそうです・・。

ボリビアの絶景3つ紹介♪
shioko世界最大にでかく高い、ウユニ塩湖
tsukinotaniラパス郊外、月の谷。宇宙みたい!
boriyakeiラパスの夜。山に囲まれて宝石みたい!



さて、パラグアイの首都、アスンシオンには、”ホテル内山田”。

すっごくいいと何人かに聞きましたね。

日系2世の内山田さん夫婦経営で、設備よしで、和食か洋食選べる朝食つき。
NHKが見られ、日本の新聞もあるそうで・・・。

でも、我が家にはちょっと予算が高いので、街中の安いところに泊まっていました。

(ガイドブックによると、1人15ドルから70ドル。当時のレート1ドル116円)

http://sanpo1.com/data/hotelnanbei2/hotelnanbei2.html
(ジンバブエで出会ったサンポさんのHP。ホテル内山田のこともわかります)

parayado私たちが泊まったパラグアイ、アスンシオンの宿。4人で約1300円。





そして、その後、パラグアイでは、ずごく行きたかった、イグアス日本人居住区に
行ったのですが、そこで、泊まったのが、

”福岡旅館”。

もーーーめちゃめちゃいいところでした。

ここも、私たちにしては少々高かったんですが、(1泊4人で3300円位)、
なんていっても、”福岡”旅館ですからね~。

こんな日本の真逆の国で、福岡、に出逢えるなんて、なんか、すごいでしょ。

宮崎出身の、福岡さんなんですが。

小さいときにパラグアイにこられたそうで、日本語はペラペラですが、日本のこと
は全く覚えていないとのこと。

子供さんたちがいて、我が息子たちはマンガを貸してもらったりしましたよ。

それにねー、日本食の朝食つき、なんです。
nattou納豆に満面の笑顔がこぼれて・・・

納豆、みそ汁、焼き魚・・・・

あのうれしさは忘れません・・。

朝ゆっくり起きて、朝ごはん、いっぱい食べて、昼ごはん抜いて、夕方、農協の横
の飲み屋に行って、ここに住んでいる日本人と、移民してきたころの、話をきかせ
てもらう・・・

すごい贅沢でしょ~。
torakutaとうもろこし畑。トラクターを運転!
tomorokoshi飼料用とうもろこし。今こんなに豊かな大地。ここももとはジャングルだったそう。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。