小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~どんな時もプラスの言葉をかけたい~
子育ては有難い修行である~どんな時もプラスの言葉をかけたい~
    

   
今回は、言葉のお話。

ちょっと長いんですが、いつもたくさんのことを教えられている、親力のメルマガ
の中の、言葉のお話です。

引用をお願いしたら、気持ちよく、OKくださいました。

日々の言葉がいかに大切か・・、すごく身にしみるお話で、子育てというか、人間
関係そのものに通じる話だと思いました。

なかなか、難しいことですが、言葉には、本当に魂が宿っている、んだと思います。
私も努力続けます。長いですが、ぜひ!


(引用)                      
「親力で決まる子供の将来 」・・No1039   発行者・・・親野智可等
                          
   子育てと家庭教育を支援し、子供の学力と人間力の向上を願うメルマガです

http://www.mag2.com/m/0000119482.htm
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
親力158・・多くの親は、自分の言葉の暴力性に気づいていない
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

みなさんに伺います。

「自分は成長過程で負ったトラウマ(心の傷)を持っている」と感じている人はい
ますか?

実は、かなりたくさんいるのではないかと思います。


たくさんどころか、本当は100パーセント、またはそれに近いくらいの割合でみ
んな何らかのトラウマを持っているのではないでしょうか。

というのも、自分で気づいていない場合も多いからです。


それを含めれば、成長過程でいっさい何もトラウマを負わなかったという人は、実は
ほとんどいないはずです。

私はそう考えます。


トラウマは、自分で気がつかない無意識のうちに、人の感情、思考、言葉、行動など
に影響を与えます。

自分で薄々気づいている場合も、抗しきれずに影響を受けてしまうことも多いのです。


一般的に、トラウマの原因としては、暴言、暴力、虐待、事故、災害、犯罪、戦争な
どが挙げられます。

その中で、圧倒的に多いのが、親による暴言、暴力、虐待などです。

そして、その中でも圧倒的に多いのが、暴言、つまり言葉による暴力なのです。


事故、犯罪、災害などによるトラウマよりも、親によって与えられるトラウマのほう
がはるかに多いのです。

なんとも悲しいことです。


「本当はおまえは生みたくなかった」「もう子どもはいらなかったけど、できちゃっ
たから生んだんだ」「おろそうかと思ったんだ」「おろせばよかった」「あんたなん
か生むんじゃなかった」「あんたさえいなけりゃ」「いないほうがいい」


このような存在否定の暴言、つまり、その子の存在を根本から否定するような暴言を
浴びせてしまう親もいます。

これによって、心が深く傷ついている人たちが世の中にはたくさんいます。


「橋の下から拾ってきたんだよ」「男の子のほうがよかった」「うちの子じゃない」
「もう顔を見たくない」「出て行って」「近寄らないで」

こういう暴言も、心を深く傷つけます。


「おまえは信じられない」「おまえはダメだな」「だから、おまえはダメなんだ」
「あんたは考え方がずるい」「卑怯だ」「いじわるだ」「うそつきだ」「だらしが
ない」「怠け者だ」「根性がない」「バカじゃない?」「頭が悪い」「なさけない」
「どうしようもない」

こういう人格否定の暴言も同じです。


「妹にできて、なんであなたにできないの!」「弟を見習いなさい」「2年生になっ
て、そんなこともできないの!」「小学生にもなって、そんなことができないの?!
もう1度幼稚園に戻りなさい」

兄弟姉妹と比べられたり、何らかの基準と比べられたりする人格否定の暴言も同じで
す。


「ダメでしょ」「ダメダメ」「○○しなきゃダメでしょ!」「また○○してない」
「何度言ったらわかるの!」「なんで○○しないの!」「そんなこともできないの!」
「何やってんの?」

こういう否定的な言い方、つまり、マイナスイメージを押しつける暴言もすべて同じ
です。


存在否定の暴言、人格否定の暴言、そして、マイナスイメージを押しつける暴言、こ
れらはすべて言葉の暴力です。

1つめの存在否定の暴言や2つめの人格否定の暴言は、格闘技でいえばメガトン・
パンチです。


たとえ1回でも、こういう言葉をぶつけられると、深く傷ついてしまいます。

そして、永く心に残ります。


自分は、いてはいけないのではないか?
自分は、生きててはいけないのではないか?
自分は、存在しないほうがいいのではないか?
自分は、いないほうがいいのではないか?


存在否定の暴言をぶつけられた人は、このような自己存在の根本に関わる苦悩を持ち
続けることになります。

自己存在そのものを否定すること、これほど辛いことがほかにあるでしょうか?


自分はダメな人間だ。
どうしようもない人間だ。
自分はがんばれない。
自分にできるわけがない。


人格否定の暴言をぶつけられた人は、このような自己無能感、つまりマイナスのセル
フ・イメージを持ち続けることになります。


たとえ1回でも、このような存在否定や人格否定のようなメガトン・パンチの暴言を
ぶつけられると、大きなダメージを受けることになります。


3つめの、マイナスイメージを押しつける言葉は、格闘技でいえばローキックやジャ
ブのようなものです。

1回1回のダメージは、ほかの2つに比べれば小さいものです。


でも、それが度重なることで確実にダメージを受けるのです。

そして、ついには、ほかの2つと同じ程度の、またはそれ以上のダメージを受けるこ
ともあるのです。


格闘技の試合で、ローキックを浴び続けて負けた選手が、歩くどころか自分で立つこ
ともできず、両脇を抱えられて退場する姿を見ることもあります。

同じように、マイナスイメージの暴言も度重なることで子どもに大きなダメージを与
えてしまうのです。


日常的に、「ダメダメ」「○○してない!」「○○できない!」などの否定的な言葉
を浴びせるということは、子どもに、自分に対するマイナスイメージを押しつけるこ
とと同じです。

こういう言葉を浴び続けていると、だんだん、「自分はダメだ」「自分はできない」
という気持ちになっていってしまいます。


つまり、自分に対する自信が持てなくなっていくのです。
それは、いい自己イメージが持てないということでもあります。

そして、自己イメージというのは、これから自分をつくっていくための設計図なので
す。


「自分はできる」「自分はがんばれる」という自己イメージを持っていれば、長い間
にだんだんそうなっていきます。

「自分はダメ」「自分はできない」という自己イメージを持っていれば、長い間にだ
んだんそうなっていくのです。


逆はあり得ないのです。

「自分はダメ」という自己イメージを持っている子が、樹木が大空に枝を張り巡らせ
るように、どんどん自分の可能性を伸ばしていくなどということはあり得ないことな
のです。


私は、講演のとき、聴講者のみなさんに次のようなことを言います。

「今、みなさんの目の前に、梅干しはありません」
「今、みなさんの目の前に、レモンもありませんね」

「みなさんの口の中に、梅干しは入っていません」
「みなさんの口の中に、レモンも入っていませんね」


こう言ったあとで聞いてみると、ほとんどの人が何となく口の中がジワーッとしてきた
と答えます。

私は、「梅干しもレモンもありません」と言っているのです。
「ありません」と言っているのに、唾液が出てくるのです。


もちろん、頭ではわかっています。
そこに梅干しもレモンもないということが、頭ではわかっています。

でも、自分の無意識の部分が勝手に反応してしまうのです。


無意識の部分はコントロールが聞かなくて、梅干しやレモンという言葉に勝手に反応
してしまうのです。

言葉の持つイメージ喚起力には、絶大なものがあるのです。


日常的に、「ダメダメ」「○○してない!」「○○できない!」などの否定的な言葉
を浴びせていれば、子どもはだんだん自分はダメだと思うようになります。

これは、「おまえはダメだな」という人格否定の暴言をぶつけるのと同じことなので
す。


親は、「自分は個々の物事について言ってるのであって、その子がダメと言っている
わけではない」と言うかも知れません。

でも、それは、言う側の身勝手な理屈に過ぎません。
実際子どもが受ける影響は、人格否定の暴言と同じなのです。


私は、本当に、このことを口を酸っぱくして言い続ける必要性を感じています。

存在否定の暴言は、さすがに滅多なことでは発せられません。
こういう暴言をぶつける親は、そうそう多くはありません。

人格否定の暴言も、それほど多くはないと思います。こういう言葉は、普通は、言う
ほうも躊躇するものです。


でも、それらに比べてマイナスイメージの暴言はかなり気楽に使われています。

はっきり言って、非常に多くの親が日常的に使っています。

口癖のようになっていて、こういう言い方が当たり前になってしまっている人も多い
のです。


そもそも、これらを、暴言、つまり言葉の暴力と思っていない人も多いのです。

自分の発する言葉の暴力性に全く気づいていないのです。そこが最大の問題です。

もう一度はっきり言います。

「ダメでしょ」「ダメダメ」「○○しなきゃダメでしょ!」「また○○してない」
「何度言ったらわかるの!」「なんで○○しないの!」「そんなこともできないの!」
「何やってんの?」

このような、マイナスイメージを押しつける言い方も、言葉による暴力なのです。

それをはっきり認識してください。


存在否定の暴言、人格否定の暴言、そして、マイナスイメージを押しつける暴言、
これらはすべて言葉の暴力です。

そして、子どもが暴力を受けたときのダメージは大人が暴力を受けたときのダメー
ジよりもはるかに大きいのです。

肉体的な暴力でもそうですが、言葉による暴力でもそうなのです。


大人には、ある程度確立した自己認識というものがあります。

他人がなんと言おうが、「そんなことはない」と思えるものがあります。


「自分のことは自分が一番わかっている」「大きなお世話だ」「あたに言われたく
ないよ」「お前よりマシだ」などと思えるものがあります。

大人の自己は硬い殻に守られているのです。


でも、子どもはそうはいきません。子どもは、まだ、自己認識が確立していません。

人生の経験もありませんし、免疫もありませんし、抵抗力が弱いのです。


ですから、暴言を浴びせられれば、それがそのまま自己認識に影響してしまうのです。

子どもの自己は柔らかくて傷つきやすいのです。
子どもというものは、かよわいものなのです。


みなさん、どうか、自分の言葉の暴力性に気づいてください。気づくことが第一歩で
す。

そして、「もう、子どもに暴力的な言葉はいっさいぶつけない」と決意してください。


そして、言葉を発する前に自己翻訳するよう努めてください。

浮かんだ言葉をそのまま発するのではなく、いい言い方に翻訳してから言うようにし
てください。



意識して努力していれば、だんだんできるようになります。
そして、やがては、ごくごく自然にできるようになります。

そうなったとき、あなたは親子関係が格段によくなってきたことに気づくでしょう。

さらには、子どもの表情や話し方や行動、その他いっさいが以前と全く違ってきたこ
とにも気づくでしょう。


それができるようになることは、あなた自身にとっても非常に大きな成長です。

親子関係のみならず、すべての人間関係がよくなってきたことに気づくはずです。

親としてのみならず、1人の人間として、自分が階段を一段上がったことにも気づく
はずです。

言葉の暴力性に気づいて自己翻訳力を磨くことは、あなたの人間性を磨くことでもあ
るのです。


親野先生のメルマガは、http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。