小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅の報告Vol:5】子供たちの成長?とメトロ
gaisenn
【2009フランス・スペイン旅の報告Vol:5】子供たちの成長?とメトロ


今回は、子供たちが、ちょっぴり成長したなあ・・と感じた話。

パリは地下鉄(メトロ)が発達しているので、けっこうあちこち行きやすいです。

距離に関係なく、均一料金だし、乗換自由だから、間違えても問題ないし、です
ね。

どこの国でも、地下鉄って、旅人にとっては、一番わかりやすい交通機関でしょ
うね~。ホームに駅の名前が書いてありますからね。


だから、ちょっと、頼ってみましたよ。お兄ちゃんに。

まあ、分かりやすいといえど、路線が、14路線もあるから、私たちが住んでい
る福岡とは比べ物にならない(笑)ぐらい、複雑ですよね。


自分が行きたいところが、どっち方面なのかを知るのに、終着駅の名前をチェッ
クして、乗るわけです。


乗換えするときも、降りた駅で、何号線の何方面にという案内を見逃さずに、移
動するわけです。


乗換えで、パリっ子たちは、かなり急ぎ足でバンバンさっさと移動していくので、
流れにまかせちゃうと、あれ?違う?ってなっちゃいますね。


そこらへんを教えると、長男はさすがに、すぐ理解して、それに目がいいんで、

「お母さん、こっち」
「何号線ってあっちだよ」
「次、降りるよ」

と。

おお!けっこう、これはいい!と思いましたね~(笑)

ただし、機嫌の良し悪しによるので、任せっぱなしとはいきませんが。





それから、よく、歩くようになりました。

ヨーロッパって、観光スポットでなくても、建築物などを見ながら街をブラブ
ラ歩くのって、いいですよね。

でも、これは、ある程度、大人の楽しみ。


子供は、目的なく、ブラブラというのは、最初はいいけど、しばらく歩くと、
何が楽しいと?、って思うみたいです。(あくまでもうちの子はですが)


世界一周のときも、いっつも、もうちょっと気持ちよく歩いてくれたら・・
と感じること多かったですね。


まあ、今回、冬のパリは、昼間気温が上がっても0度になるかならないか、
ぐらいなので、歩かないと、寒いんで、それもいい方向に作用したでしょ
うね。

カフェに入っても、待ち行く人を眺めながらゆっくりする、ってことは、
大人ならでは・・。

子供は、食べたら飲んだら、さあ、出よ!ですから(笑)



そうそう、話は変わりますが、パリのメトロって、ドアを開けるの手動
なんですね。(バルセロナも)


回転式の取っ手を上に引き上げるタイプが多いのですが、最初、知らずに、
開くの待ってて、列車がいっちゃいましたよ(笑)


15年前にもメトロはもちろん乗りましたが、印象にないので、きっと、
人の後ろについて乗ってたんでしょうね~。


なんで手動なんでしょうね~(閉まるのは自動)



それから、最初にメトロで????!だったのは、”オペラ”駅。


シャルル・ド・ゴール空港からバスに乗ると、オペラに着き、メトロに乗り
換えて、目的地へ移動するわけですが・・・


着いたのが、元旦だったせいですかね~、切符を売る窓口が、職員がいるに
もかかわらず、自動券売機で買え、っていうんです。


その自動券売機、なんだか、古くてボロくて?、大丈夫?って感じ(に見え
た)で・・。

小銭があれば、いいんでしょうが、到着したばかりで、ないんです。

それに、3枚買わなくちゃいけないし、子供料金があるかどうかも知りた
いのに、職員は、あっち、あっち、とそっけない。


パリっ子の多くは、小銭用の券売機で買っていましたね。

その小銭用の横に、お札用の券売機があって、カード用もありました。

でも、あるけど、カード用はこわれている?調子が悪い?もよう。

券売機で購入しているパリっ子にも数名声をかけて、一緒に券売機を操作し
てもらったりしたけど、いやーなんでか、これが買えないんですよ・・。

なんでーーーーーって感じ。


券売機の前で迷っている人は他にも何人かいて、その一人が職員を呼んで
来たので、それを観察。


そして、今度は私が声をかけて、

「回数券を買いたいから、どうしたらいい?」

と聞いたけど、横から、他の人がなんやらかんやら聞いたり、寒いからか?
そそくさと、窓口の中、おそらく暖かい?方に戻っちゃいました・・・。


なんとか苦戦しながら、回数券を買うことができましたが、この寒い中、
何十分かかったことか~。


私の15年前のパリの地下鉄の印象は、券売機の近くには、回数券をばら
売りする、

「カルネ(回数券)~はいらんかね~」

とウロウロしているおっちゃんがいて、そのおっちゃんから教えてもらっ
たですけどね~~、そんなの一昔前?(笑)


オペラ駅は、空港からのバスが到着するので、おそらく、多くの外国人が
ここからメトロに乗ると思うんです。

だから、せめて、機械だけじゃなく、窓口、あけてほしい、もんです。


窓口で買えないなら、せめて、券売機の故障はどうにかしてほしいもんで
す。

ちなみに、他の駅では、窓口ちゃんと機能していました。元旦だったから
ですかね~。

パリって、そういう点で、何でも機械化していますね。人件費削減?


でも、こういう、あーでもない、こーでもないと、迷ったり、困ったり、
人に声をかけたり、助けてもらったり、というのが、一番の出会いの素。

これがあるから、旅はオモシロイ!

わからないから、そう、オモシロイ!


(次回に続く)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。