小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~LD(学習障害児)は天賦の才の持ち主~
子育ては有難い修行である♪~LD(学習障害児)は天賦の才の持ち主~
 
     (or「ガンが教えてくれたこと」
      or「自由に安全に旅するヒント&グッズ」を交互連載です♪)

 
知り合いに、LD(学習障害児)の学校を作った人がいまして、今回はその話。

(福岡市東区にある”チーム・ギフテッド”という学校です)


その人は、ご自身がLD(学習障害児)のお子さんの母親です。

みなさんは、LD(学習障害児)ってご存知ですか?

特別支援学級や養護学校にいくほどではないが、ある部分が、ストンと極端に
できなかったりするんだそうです。

例えば、読めるけど、書くことができない、

計算はできるけど、読み書きがどう教えてもできない、という風。

勉強面ではなく、生活面でも、どうしてもできない、覚えれないなど・・。。

一見、普通の子供に見えるので、だからこそ、周囲に誤解をまねいたり、先生
は教えづらい。

本人は、ボクはバカなんだ、ダメなんだと、死にたいほど、自信をなくしてし
まうのが現状なんだそうです。



実は、私も、新聞とかマスコミとかで、ちょっと耳にしたぐらいで、あまり知
りませんでした。

でも、身近に、自閉症や、多動性のお子さんを持ったご家族がいて、それがどん
なにタイヘンなことか、感じたことがあります。


一番に思い出すのは、長男が1年生のとき、学童保育の保護者会の時のこと。

学童保育なので、お母さん方はみな仕事をもっているわけです。

その中の一人のお母さんが、話し始めました。

みなさんに、どうしても、知っていてほしいと。

それは・・・

自分の子は、3歳のころ、どうも発達がよその子より遅いと感じ、専門の医師
の診断を受けるのです、注意欠陥・多動性障害と。

そして、「この子は、このままハサミさえ持てません」と、言われたそうです。

そのときの悔しさ悲しさを、そのお母さんは涙をポロポロごぼしながら説明し
てくれました。

とても、勇気がいることだったと思います。

その子は、長男と同級生ですが、小学4年生のころ、他の学校に転向していか
れました。

すごくいい先生がいる学校を探し当てたと、本当にうれしそうに。

そのためにお引越しされました。よかった~、と思ったものです。


さて話は戻りまして、そのLD学校を作った女性のお子さんは、読み書きが
極端にできなかったそうです。

ひらがなで、自分の名前がかけない。どう教えても。

検査の結果、LD(学習障害)。


しかし、その子にあるとき、ひょんなことで、才能が見出されるのです。
最初は、ルービックキューブ。
それから、英語力。

欧米諸国では、LDをはじめ、そういう障害を持っている子供たちのことを、

”ギフテッド”=天賦の才能をもつ人

といって、その子達の才能が花開くような教育システムがあるのだそうです。

だから、LDだとわかったら、「すばらしいですね」と言われるんだそうです。

何かにできない分、他の何かにおいてとても優れたものを持ってるという考え
方が浸透しているのだそうです。

しかし、日本には、そういう教育システムは残念ながら、ないのですね。


そんなLD。どのくらいいると思いますか?10人にひとりだそうですよ。
もちろん、軽度の人は、LDと気がつかないまま大人になる人も多いそうです。


問題は、気づくか気づかないか、ではなくて・・

気づかないことで、小さいうちから、自信を失い、ぼくはダメなんだ、成績が
悪いからバカなんだという、レッテルを自分で貼ったり、人から貼られたりす
る・・・それは悲劇だと思うんです。


それより、どうしてもできないことは、おいといて・・

ーーーきっと何か才能がある
ーーーそれが今はわからなくても、いつかきっと花開くときが必ずくる、

という教育をしていったら、その子は自信をなくすことなく、これからの未来
を楽しみに生きていけるんじゃないかなあ、と思いました。


小さいときの、そういう、”肯定された環境”の中で生まれる、自己肯定感は、
生きることの根っこにあたる部分だと思うんで、大切だなあ、と思うのです。

その女性を、応援したいなと思っています!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

【2017/04/03 00:36】 | # [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。