小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Vol:9】1ユーロのワイン♪
★★★【2009フランス・スペイン旅の報告Vol:9】1ユーロのワイン♪



バルセロナといえば・・・前回書いた、ガウディ建築のサグラダ・ファミリ
アが有名ですが、

その天才ガウディが作ったものが、バルセロナにはたくさんあるんですね。

その中でも、すばらしいのが、グエル公園。


私たちが泊まった安宿”アクロポリス”は、このグエル公園の近くで、何度も
行きましたよ~

ここも世界遺産!

でもね・・・タダなんです。入場料フリ~。

いいでしょ。だから何度も通いたくなりますよね(笑)


gueruisu
guerushiro
guerutaka
gueruhato
guerugennkan
gueruue




さてさて、バルセロナでは、まず、”パエリア”を食べました。

それも、サグラダ・ファミリアの横の外カフェで。

外カフェ、冬のパリでは、とてもできないことですが、バルセロナでは昼間
だったらできますよ~。
paeria
saguradasotokafe
kafeoji


それに、カフェのおっちゃん、えらくラテン系でオモロイ人。で、なんだか、
一挙に、幸せ感が満ちてきましたよ~

我が家は小食(?)なんで、2人前たのんで、3人で食べて十分。もちろん
おいしかったですよ~

でもね・・・どうしても、食べたくなるんです、中華!

と思っていたら、その夜、長男が、ガイドブックで調べて、
「おかーさん、ここに行こう!」と

指差したのが、中華料理屋。

以心伝心?

で、ね・・・

その中華料理屋がある通りで、なにげなく、フツーの酒屋に出会いまして・・

中には、ワインがずらーり。

別に、ワイン買おうと思ったワケではないんです。昔の私なら、まっさきに
探した酒屋ですが、ガン手術以降、現在は、ほとんど飲まないので・・・

(とゆーか、飲みたいけど、一応自制してる・・・)

でもね、赤ワインは、体にいいんです(笑)

だから、いくらぐらいするもん?と思って・・・



すると・・・

え?

うっそ・・

1ユーロ?・・・

130円で、1本?

この物価が高いヨーロッパで~

いやいやもっと安いのあるある・・・

0、75ユーロとか・・・

ボトル1本100円ワインなんて、

信じられ~ん

同時に、みっけ!みっけ!安いもんみっけ!とうれしさ一杯!

「おかーさん、買えば~」と、子供たち。

ほんじゃー、1本!


でね~、めっちゃ、おいしいかったんです。

今まで飲んだ中で一番っていうぐらい!

思わず、ひとり、安宿で、子供たちが寝静またあとの、お楽しみ・・・

あーしあわせ!

もちろん、ちょっとずつ、飲みましたよ(笑)あしからず。


中華料理の方も、安くておいしくて、子供たちもすっごくごきげんなんで、
翌日も通ってしまいました。

もうひとつ、たまたま、立ち寄った酒屋ですが、なんと、そこのスペイン
人のお兄さん、日本に2年ばかりいたことがあると。

で、私たちを見て、なつかしそうに、日本でのこと話してましたね~。

その酒屋には、1度しか行ってないんですが、その近くの違う店で、また、
そのおにいさんにばったり!。

おにいさん、数件の店をはしご?して、仕事しているそう。

なんか、ご縁があるんですね(笑)。
        
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。