小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホテル スクレのつわものたち
「ホテル スクレのつわものたち」
2006年7月26日 エクアドル キトにて ぶつぶつママ

私達がここキトで泊まっているのは、スクレという日本人宿。
エクアドルを旅している日本人がそんなにたくさんいるのー?と驚きそうだけど、いるいる!それも、みんな長期旅行者、旅のベテラン、つわものたち!

ここスクレはキトの旧市街の真ん中にあって、ここは世界遺産に登録されている歴史的な建物に囲まれているという立地。400年も大切に保存されてきている建物はとてもおごそかで、ライトアップされる夜の美しさは言葉にできないほど。ほんとうにすばらしい。

それでいて、1部屋たったの3.5ドル。窓がない部屋は2.5ドル。この街でたぶん一番安い。

最高の宿だけど、ひとつだけ難点がある。それは夜はものすごく危険な場所になるらしいこと。夜の9時以降は外出はすすめられないところ。ちなみに新市街は夜の10時でも11時でも、人通りは多く、店もたくさんあいているのに比べると、ここ旧市街は、ほとんどの店は夜7時か8時には閉まり、人通りがなくなる。

そんなスクレに日本人があつまっている。

ここは、日本人宿といっても、日本人が多いだけで、欧米人も泊まっているし、宿のオーナーはエクアドル人だし、従業員も日本語が分かるわけでもない。
なんでここに日本人が集まるよーになったのだろう・・。

現在も、たくさんの日本人がいる。日本を出てすでに2年半経つカップル。
彼らはもともとは一人旅で、香港で出逢ってもう2年あまり一緒に旅している。

グアテマラのアンティグアで私達の隣で勉強したカップルとは、このスクレでばったり再会。

な・・なんと、自転車でアラスカから下ってきているカップルもいる。

それから、オンナ一人旅で、もう2年南太平洋と南米を旅している女性。
彼女はなんと、アルゼンチンのブエノスアイレスの安宿、歩き方にも載っている、「ビクトリアホテル」で、パソコンを含むバックパックごと盗まれてしまった経験を話してくれた。

その話は、本当に、本当に、びっくりしゃっくりだった。

何度もいうが、その泥棒宿の名は「ビクトリアホテル」!

彼女はそのホテルのシングルに泊まって、バックパックにすべての持ち物を毎回入れ(出しっぱなしにしない)、バックパックにカギをかけ、もちろん部屋にもカギをかけて、外出した。

そして、帰ってきて部屋に入ったら、あるはずのバックパックがなかったと。

そう、持ち物すべてを、盗られてしまったのだ。

警察に届け、領事館に届け、すると、ビクトリアホテルでは、1、2週間に1度、そういう盗難がホテル内でおきていて、過去には日本人も、欧米人も被害にあっていると。

どうやら、ホテルぐるみの犯罪らしい。

ホテルの従業員のしわざかもしれないし、ホテル側が知っていて泥棒を泊めて仕事をするのを黙認している可能性もあるという。

彼女はすべてなくした。

1ヶ月、立ち直るのにかかったらしい。

そして、今立ち直って、ひとりで旅を続けている。

本当に、なんてたくましい!外見は、しっかりしたそして可愛らしい20代の女性。

同時に、私は自分達のずさんな荷物管理、かぎ管理を反省した。ホテルのかぎを信用してはいけないのだ。泥棒宿はほんとうに存在するのだ。と思い知った。

かなり気を付けてはいるが、今までが幸運だった。そういうことがいつおきるかもしれないのだ!と。

12年前、私が世界一周したときは、私は、パスポートや現金やトラベラーチェックなどの貴重品を肌身離さずにいた。どんなときも、どんなに暑苦しくても、じゃまであっても、トイレやシャワーのときも。

しかし、ここ中南米ではそれはできない。

なぜなら、ここでは「首しめ強盗」という、おっとろしい強盗がいるから。
彼らは、3人組ぐらいで、役割分担(話しかけ役、首しめ役、盗む役)して日中でもどうどうと狙ってくるらしい。

ひとりでいる人を狙うのが多いらしいが、団体でやる場合もあると。

なので、中南米では、貴重品は持ち歩けない。

持ち歩けなかったら、ホテルにおくしかない。しかし、彼女の例が・・。

こういう治安情報や、生の注意情報などが得られる日本人宿は、情報が少ない中南米では本当に貴重な存在。ありがたい!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

エクアドルに入りましたね~
カヤノ一家の道のりを世界地図に載せてみました。ついでに国旗も調べました。
イラストレーターでずっと追加して行きますね。
私のブログにアップしています。よかったら見にきてくださいね。

【2006/08/02 19:03】 URL | かないろまま #ExI6o2I. [ 編集]


かないろままさん いつもありがとさんです!
ブログ見せてもらいますね!

【2006/08/11 00:24】 URL | たかひかまま #- [ 編集]


エクアドルでクロワッサンが8円なんてびっくりしたよ!私も食べてみたいな~
私も旅行に行ってみたいな。
気をつけて帰ってきてね♪

【2007/03/08 12:32】 URL | のまゆううき #- [ 編集]


ビクトリアホテルの盗難の話が載っていたので少しコメントします。
その盗難に遭った日本人女性とは私も話をしておりますが、その女性に対する私の印象は「本当に子供だな」と言うこと。
本人は盗まれた悔しさから「ホテルぐるみの犯罪らしい」とか「ホテル側が知っていて泥棒を泊めて仕事をするのを黙認している」とか言いふらしていますが(各地の情報ノートにも書きまくっている?)、それは全くのデマだと思いますよ。ビクトリアでもそんな話を他の日本人に言っており、他の日本人から「それはないよ、証拠もないのにそんなことは言わない方がいいよ」等と注意されていましたよ。
それに「1、2週間に1度、そういう盗難がホテル内でおきていて」というのも大袈裟すぎます。確かに時々泥棒集団が稼ぎに来ているようですが、今年2ヶ月ほど滞在した間には盗難事件はなかったようです。ホテルの主人も最近は泥棒にものすごく注意してますので、発生は減りつつあると思います。

【2007/12/06 19:14】 URL | 旅行者 #- [ 編集]


みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

【2007/12/26 18:45】 URL | みんな の プロフィール #- [ 編集]


ビクトリアホテルについてのコメントがあったので、私も書き込みします。
私は2006年2月に、滞在していました。その時に2回盗難事件が発生していました。
2月に2回です。
いうなれば、2週間に1度のペースです。
(たまたまかもしれませんが。)
その時、長期泊まって居られた方の一人が、「またか・・・。」って言っていたのも覚えています。
大袈裟すぎることが、そのときは現実としておきていました。
私はホテルぐるみだとは思いません。
だけど、従業員で1人ちょっと怪しそうな人はいました。(現在いるか解りません。私の勝手な見解なので、誰かは書きません。でも、そのほかの従業員・オーナーは本当に良い人達でした。)

【2008/04/24 23:15】 URL | #- [ 編集]


上記コメントの訂正です。
2006年2月に盗難事件が2回発生したと書き込みしましたが、後で日記を確認したところ、3月でした。
3月5日と12日です。
1度目の事件発生から1週間後に2度目の事件が発生しています。
この時滞在していた殆どの人が驚いていました。
ゆうなれば、週1ペースで盗難があったのです。

ビクトリアホテルは良いホテルだと思います。
ただ、注意が必要なホテルであることは変わりありません。
旅行者は情報が大事です。盗られた本人が情報を各地の情報ノートに書かなくても、この時滞在していた親切な誰かが、この時週1ペースであった盗難を情報ノートに書いたかもしれません。
なんせ事件が発生して熱もさめないまま、次の事件が起きれば、要注意でしょう。

ちなみに、私はビクトリアホテルの前でケチャップかけ強盗ならぬ、シェイビンククリームをかけられました。この手の方法は知っていたので、被害を受ける事はなかったです。

重ねて書きますが、ビクトリアホテルは良いホテルだと思います。私は好きです。

【2008/04/25 13:36】 URL | amon #- [ 編集]


カヤノさんのHPを汚すことになれば恐縮なのですが、旅行者さんの書き込みについて、何か勘違いされているようなのでコメントです。
私は旅行者さんとお話したことのある当事者です。旅行者さんから見れば私は子供かもしれませんが、悔しさだけを他人に伝える為に情報を残した覚えはないですしそんな事はしません。あの時旅行者さんにはそう見えたのかもしれませんが・・・。
ブエノスの日本大使館がビクトリアホテルでの度重なる現状を問題視し、実際に3人の大使館員が視察に来た時のことです。(念の為に言いますが、私が呼んだ訳ではないですからね。)
大使館側がビクトリアに関して耳にしていたり把握している事件について「警鐘を鳴らす為に情報ノートに書いてください」と話された内容を、私は他の旅人の為に残したまでです。当時宿泊していた沢山の旅人が各地の情報ノートにこの事件について書き込んでいってるのは事実ですが、それを私が”書きまくっている?”とか”全くのデマだと思”われるのは何を根拠にされているのかなと疑問に感じます。私がビクトリアを去った後に、長期滞在者から伝わってきた「もはや隔週ペースの盗難事件発生しています」という連絡は私も大袈裟だと思いましたが、そんな大袈裟すぎることが実際に起こってたんですね。
旅行者さんはビクトリアが好きなあまりにこういった情報を伏せたがるのかもしれませんが、誤解ですよ。私もビクトリアでの生活は楽しくて居心地良くて大好きでした。今でも、盗られて困るものが無ければまた楽しい仲間達と一緒にビクトリアライフを満喫したいって心から思ってるんですから。なので、旅人が事件に巻き込まれない快適な環境に少しでも近づいてくれるのであれば、もっともっといろんな形で旅人にも泥棒にも警鐘し続けるべきだと思うのですが、どう思いますか??

【2008/05/03 01:20】 URL | da-man #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。