小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~ガンだと言われたら何を思いますか~
ガンが教えてくれたこと♪~ガンだと言われたら何を思いますか~
 
   

「末期ガンなのに、ステーキを食べ、苦しまずに逝った父」

「がん難民コーディネーター」

という2冊の本、読み終わりましたよ。

「末期ガン・・」は、フジテレビキャスターの黒岩祐治さんが書いたもので、

お父さんの末期ガンに向かい合い、西洋医学でのガン治療とその苦しみ、漢方と
の出会い、そして、2度の奇跡、そして、これからの医療への提言。


「がん難民・・」は、朝日新聞にその活動が紹介されていて買った本で、

75万人もいる、自らが望む治療を受けられない「がん難民」患者たちの相談に
のり、医師や病院の紹介などを無償で行う奮闘記。


あたらめて、私はガンを告知された日のこと、思い出しましたね~。

ガンです。

とはっきり告げられて、まさか・・・と涙も出なかったこと。

こんなにはっきり告知するんだ・・・と驚いたこと・・。


驚いて最初は、先生の説明が聞こえていましたが、次第に、声が薄れていくよう
に感じて、そのとき初めて涙が少しだけこぼれたこと。

本当に泣いたのは、家に帰ってからでした。

悲しいというより、心が痛いような、苦しいような、そんな気持ち。

やはり、ガン=死ぬのかも、と結びつけましたね・・・。

それに、バチがあたった、と思いましたね。

なぜなら、その2週間ほど前、トモダチに、ガンにでもなりたいよ、って言って
て、そんなバチあたりなことを言ったから・・・と。

当時、いろいろあって落ち込んでましたからね~。


で、転移の検査のころは、もうろうとしていましたね・・

手術という選択をして・・・

手術の日を決めて・・・

ガン=手術して取る、と思っていましたから。

でも、実際には、いろんな治療があるんですね。

西洋医学(手術、抗がん剤、放射線などの)のほかにも、「末期ガン・・」の
本に出てくるような漢方の世界であったり、自然療法であったり、食であった
り。

それらを、ミックスした、トータルで考えた治療があっていい、ですよね。

私も、ガンになって、いろんな勉強をして、知りましたが、普通は、知らない
ものです。
だから、いざ、ガンだとわかったとき、転移してしまったとき、右往左往、し
ますよね。

そんなガン患者の相談にのってあげるというのは、とても大変ことと思います。

私自身も、担当の先生にはこういわれました。
「腎臓にガンができる理由は、わかっていない。
ガンだから、転移や再発の可能性はある。」

理由がわからなくて、ガンだから転移するかもしれない、といわれたら、なんか
人生、ジリ貧?ですよね(笑)

だから、勉強しました。
ガンを勉強したことで、いろんなことがわかりました。
ガンにならなければ、気づかなかったことがたくさんありました。

だから、本当によかったと思っています。



本の中で、こんな文章と出会いました。

「生まれたときからガンになる運命だったと思うしかない」

自分を責めずに、現状を肯定する、受け入れるための言葉。


全く違う種類の本で、
「避けられないことは、運命だと受け入れる」という言葉と出会った後だった
ので、おぉっ!と、不思議な感じがしました。

反対に、ガンは、それまでの生き方にどこかムリがあった証拠、という考え方
もあります。

それを正すことが、転移や再発をふせぐことにつながるという、原因あっての
結果説。

どっちの言葉も、いい言葉、大切な言葉ですよね。

あなたは、もし、ガンだと言われたら、どっちの言葉がいいですか?

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。