小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テーマ別(その4)~旅の病気:子ども
本には書かなかった世界一周ウラ話(53)♪
            ~テーマ別(その4)~旅の病気:子ども編~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別に、始めました。

で、(その4)旅の病気:子ども編。

1年の世界一周。2度、長男が、倒れました。場所は、ジンバブエとタイ。


ところで、私たちは日本でできる予防接種はぜーーんぶ、してきていました。

とにかく、子どもたちが、病気になることは避けたかったですね~。

ちなみに、多少、お腹をこわすことは、しょっちゅうでしたが、それも、半
年すぎたぐらいから、お腹も、丈夫になって?いきましたね。

それから、虫が、やはり、すごい。
ダニって、蚊と違って、いつまでもいつまでも痒くて、しつこいんですよね~


さて、予防接種がないのが、恐ろしいマラリア。
(蚊から感染。予防薬があるが、副作用がかなり強い)

また、予防接種はあるけど、東京にいかないとできない髄膜炎。
(アフリカ中部に”髄膜炎ベルト”と呼ばれる感染地区がある。ヨーロッパ
では、簡単にできる予防接種)


1度目に倒れたのは、アフリカのジンバブエ。

症状は、突然の下痢と嘔吐で、何十回も。衰弱もひどかったですね。

安宿の人がタクシー呼んでくれて、病院に連れて行ってもらいました。

運良く、近くに病院があったのです。

かなり、不安でしたね・・・

ですが、”フード・ポイズン”、食中毒だとわかり、ほっとしました。

2度目は、タイ。

今度は、高熱・・・

タイは、日本人も多く住んでいるし、病院の設備もいいと聞いていたので、
病院的には安心ですが、高熱という症状にかなり不安がありました。

なぜなら、タイの前は、カンボジアに滞在していて、カンボジアでは、蚊が
多かったからです。

また、私たちの予定は、中南米アフリカ中心ということで、予防接種を選ん
で受けているのです。

でも、思いがけずにアジア滞在が長くなり、そうなると、受けたほうがいい
と言われていた、日本脳炎の予防接種は受けていないことが気になって気に
なって・・・


さて、タイのバンコクの病院には、驚きました。

ホテルのようにすごいんです。

で、小児科にいくと、受付の近くには、外国人を案内する係りの人がいて、
海外旅行保険は何に入っているかによって、用紙を出して、記入をいくつ
かしたら、それで、ぜんぶ、お金は、保険会社とやりとりしてくれるんで
す。

さらに、医師は、日本語ペラペラの人もいて、まあ、ほんと、至れり尽く
せり。

で、マラリア検査やら、日本脳炎、テング熱など検査をしてもらいました。

結果は、そういうおそろしい病気ではなく、単に、疲れが出たのだろうと。


というわけで、やはり、子どもの病気が一番心配ですね。

それと、次男が、小さいころは、よく、排気ガスでのどを痛めて、高熱が
出るというのを、フィリピンとベトナムで、ありましたね。

いづれも、体の調子が悪いときは、海外でも病院に行ったほうがいいと思
っています。

しゃべれなくても、なんとか、なるもん?です。

不安のまま、行かなくて、さらに、不安が募るより、診て貰った方がいい
と思います。

処方された薬は、日本人には、強すぎるとよく言われていますね。

我が家の長男は、薬ぎらいなので、ちょっとしか飲みませんでした。

また、病院のことがわからなければ、現地に住む日本人(必ず、日本人は
すんでいます。JICAの事務所や、日本大使館に)聞くことも、困った
ときの方法だと思います。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

いろんなブログで参考になります

また勉強させてもらいます

【2009/03/08 19:25】 URL | 女性限定@Q3 #- [ 編集]


女性限定@Q3 さん 書き込みありがとうございます!

【2009/03/18 10:22】 URL | たかひかぱぱまま #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。