小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子育ては有難い修行である♪~命令・強制では、人の心までは動かせない~
子育ては有難い修行である♪~命令・強制では、人の心までは動かせない~
 


今回は、パピーさんのメルマガより。(引用OKもらっています)

『“幸せなお母さん”になる為の子育て』 http://www.age18.jp

いつも、うむうむ・・・うむ~~、そっか~、なるほど~、ホントそうそう・・・
と思いながら、教えてもらっています。


このパピーさんは男性でお父さん(もうお子さんは大きい)。もともと、仕事で社
員教育の現場で、人材育てにかかわっておられた方。



パピーさんの鉄則「認め、褒める事。」 そして・・・・

(引用)

《自信をつけた人間の能力は爆発的に開花する》を人材育成を勉強する上で見つけ
た時、この「認める事」「褒める事」がもっとも重要でした。

ところが、育児においてはそれ以上に重要な事がありました。

それは「子供が安らげる状態を整える事」なのです。  

これを私は「包む」と言っています。  

子供を柔らかな羽毛で包むように。

ふんわりしたスポンジて包むように。

あたたかい毛布で包むように。  そんな環境が育児の過程では必要なのです。

その環境とはあなたのこころの状態なのです。


あなたがいらいらしたり、怒りがちだったり、誰かを非難しがちだったりした場合、
子供は常に緊張し、びくびくし、親の顔色をうかがっていなければなりません。

それは大変なストレスです。大脳生理学上、ストレスを感じている場合の脳はその

発育に大きな影響を与えてしまうのだそうです。  



このお話をすると「ええっ!?どうしよう!?」とお思いになるかもしれません。

でも大丈夫。  あなた自身が自分を認め、自分の存在価値を認め、自分を褒める
事ができるようになれば、どんどんあなたの気持ちは変化してきます。

あなたの心はみたされます。気持ちが落ち着いてきます。そしてどんどん素直な気
持ちになってきます。  

その時には子供を包む状態ができているのです。
(引用終わり)

メルマガバックナンバー↓ ↓

    http://www.age18.jp/back%20merumaga.html


たくさん学ぶことがあるんですが、その中の1つ、本当に、そうだなあ・・・と思
うことが、

”命令・強制では、人の心までは動かせない”


結構、子育て、しつけ、と思って、知らず知らずに、命令、強制、していたなあ、と。

その結果、命令、強制したものは、身についていない、なあ・・と~。

そう、9歳ぐらいまでは、親の命令や強制に、なんとか従っていても、10歳(変化
の歳)を迎えると、命令、強制したものには反発が生まれるんですね。

本人が、それを大切と認めたり、そうした方がいいと感じたり、心が動かないかぎり、
それは、身につかないんですね。

大切なのは、心、なんだなあ・・と。




おそらく、この考え方には、違うといわれるかたもいるでしょう。

特に、戦中生まれの世代の方とか・・・

厳しさが必要なのだ!

現代は、厳しさが足りん、とか言われそうですね。

でも、私は、今の時代に、今の日本に足りないのは、”心の満たされ方”じゃないか
と思うんです。

だから、人がミスや失敗をすると、ここぞと攻撃?しますよね。

ヒハンや悪口が多いですよね~

ワイドショーあたりも・・・



よく、今の子どもは、恵まれすぎて・・・・

ということを言いますよね。

でも、子どもは、恵まれすぎていることを、感じていないと思うんです。

というか、恵まれている時代に生まれたことは、子どもの責任でもなんでもない。

恵まれた日本にしたのは、大人ですから。

アンタたちは、恵まれていて、幸せなんよということを、腹立たしく言っても、
子どもには伝わらないと思うんです。

だからダメなんだ、というようにいつも言われては、心はいつまでも満たされな
い気がするんです。

心に感じるのはストレスばかり・・・。


私自身、子どもには、厳しくしてきて、(私自身も厳しく育てられましたし)、でも
結果が今の私に降りかかっているんです。そして、去年まで、私は苦しんで苦しんで
悲しくて悲しくて、つらかった。

結果は必ず自分に返ってくる、んですね。

苦しんだからこそ、いろんな出会いに恵まれて、たくさん反省して、対応を変えて1
年あまり・・・

やっと少し、穏やかな日も、生まれてきました。本当によかった。その教えのひとつ
が、このパピーさん。

何か子育てに悩んだら、読んで見られると救われると思いますよ、きっと。

子育てに限らず、人を育てることに悩んでいる人にも、きっと、ヒントたくさんある
と思います。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。