小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界一周ウラ話(62)♪テーマ別~困難を乗り越える醍醐味
本には書かなかった世界一周ウラ話(62)♪
       ~テーマ別~人生を変えた旅・困難を乗り越える醍醐味~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメな
ど)で、つづっています。


で、前回から、人生を変えたターニングポイントになった旅の話。


第1話

「初の海外旅行、夜のラスベガスで迷子に!」

実は、この時の試練?が、私の旅の原点なんです。



そのとき私は、21歳。

社会人になって、安月給なのに、一人暮らし始めて、1年数ヶ月。

会社の先輩からすすめられた、給与天引きの財形貯蓄のおかげで、友人から
誘われたアメリカ旅行に行くことになったんです。

当時は破格の、アメリカ西海岸の旅、148000円。(今と比べると、高
いでしょ・・)

私自身は、特に、旅がスキとか、海外に興味があるとか、まわりに、海外好
きがいるとか、そういう親だったとか、・・・ということは、全くないので
す。

おまけに、大の苦手が、英語と、外人。

英語は、高校から全くついてゆけなくなり、外人に対しては、なぜか、やけ
に緊張してしまう、・・・。

だから、友達が誘ってくれなかったら、なかったですね、海外旅行。



というわけで、当時の何も知識がない私は、パスポートの取り方もしらず、
旅行会社に代行してもらったし、フリータイムは、オプショナルツアーを
びっしり入れ・・・

レンタルした大きなスーツケース(海外旅行イコールスーツケースだと思っ
てた)には、毎日とっかえひっかえするために、服たくさんと、ハイヒール
まで入れて行きましたね~ははは~。

そんなおのぼりさんの私たちは、オプショナルツアーで、ラスベガス&グラ
ンドキャニオンツアーに申し込んだのです。

のはずが・・・・・


というか、友達の方は多少詳しかったので、彼女におんぶにだっこ。彼女が
ほとんど決めた。

それが、ミスで、グランドキャニオンには、いかないツアーだったんです。
(なんで、そうなったか、わからない)

で、友達は、ラスベガスと同じぐらいグランドキャニオンを楽しみにしてい
たらしく、ブーイング。

私も合わせて、ブーイング。


それでも、ラスベガスの街は、すごく美しくて楽しくて、雰囲気よかった
ですね~。


そして、笑えるのが、オプショナルツアーに参加してラスベガスにきて、さ
らに、また別料金の夜のラスベガス散策ツアーに入るんですから・・

まあ、なんとゆーか・・・まさに、笑っちゃうぐらい、おのぼりさん、です
ね~(笑)

当時は、それしか方法がない、って思ってましたからね~


もともと本体は100名を超える団体ツアー。発着地は、福岡、東京、大阪、
名古屋とあちこちから来ていて、福岡出発時から、添乗員が3名ほどついて
いたんです。

だから、オプショナルツアーにも、添乗員さん付。

そのまた、現地ラスベガス夜の散策ツアーにも、添乗員さんと、現地係員付。

そして、参加者は、1台のミニバスに乗る約10名ほど。

もちろん、全部、日本人で、専用のツアー。


それでいて、迷子になるんだから、笑いますよね~。

迷子というか、

「おーすごい!きれい!」と写真をパチパチとって夢中になっていたら、みん
なが居なくなっていたんです。

「え?どこに行ったの?」

まさか、置いていかれるとは、夢にも思っていない。

福岡からずっと一緒で、仲良くしている添乗員さんが一緒で、、現地の係員も
一緒、たった10名なんですから・・・。

ミニバスを停めた駐車場に行っても、ない。

あのときは、ヒューーーーー~と風が吹き抜けましたね(笑)


さて、どうするか!?

ホテルの場所も、名前も覚えていない。英語はしゃべれない・・・。


でもね、周りの人にあーだコーダとたくさん助けられて、ホテルに戻る
ことができたんです。

あれは、本当に、すばらしい経験でした。

英語もしゃべれない私たちの話をみんなが聞いてくれて、心配してくれて、
協力してくれた。

そのあたたかい、心のふれあい、というか・・・

親切のシャワーを浴びたんですね~。

なんか、ふつふつ・・と喜びがあふれてきたんです。

よくがんばったじゃん!

自分でほめたりして(笑)、自己肯定感(笑)、乗り越えた自信?





ちなみに、友達は、えっらい怒っていました。信じられん!って。


まあ、信じられんことは信じられんことですよね。

数時間後、みんなが戻ってきました。もちろん、添乗員さんも。

プンプンの私たちに、添乗員さんはひた誤り・・・。そして、買ってきた
かわいいラスベガスのトレーナーを私たちに渡して、

本当に、すまなかった。無事に戻ってきてくれてよかったと。

まあ、トレーナーに買収されたわけではないのですが、

なんか、私、あ!もうけ!

って思いましたね(笑)

今でもそのトレーナー持っていますよ。

それに、そのときの添乗員さんとは、名古屋の人ですが、今でも連絡を時々
とりあいます。

そして、笑い話で、

「あの事件は、本当に首がとぶ事件でした・・・。参りました・・・。

トレーナー選びながら・・・君たちが許してくれなかったらどうしょうかと
思いながら・・」

「いやー、あの経験が今の私の旅の原点ですから、感謝してますよ~」


添乗員さんは、今では名古屋で独立して、オーダーメイドの旅行会社をされ
ています。いい方です♪。
http://howinter.com/

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。