小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人生を変えた旅 第3話:旅をやめたくなった中国
本には書かなかった世界一周ウラ話(63)♪
     ~テーマ別~人生を変えた旅 第3話:旅をやめたくなった中国


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメな
ど)で、つづっています。


で、前回から、人生を変えたターニングポイントになった旅の話。


第1話は私の旅の原点「初の海外旅行、夜のラスベガスで迷子に!」

第2話は「インドで死体チリチリ] でした。


そして今回第3話。「初めて旅をやめたくなった・・・中国」です。


時は1993年。

中国は、その1年後、1994年にも行きましたが、それ以来14年行って
ないです。だから、私のこの話は、むかーしむかしの中国と思ってもらえば
いいかも。


まず、人民元(地元の人の通貨)と兌換元(外国人通貨)があり、同じ10元で
ありながら、価値が何倍も違うという、不公平きわなりない?ころ。

また、中国のトイレのスゴサは今でも有名ですが、ほんと、当時は、尿意がひっ
こむほどの、キョーレツさ(笑)

またまた、社会主義が色濃く残っていて、外国人には、なんでもかんでも、
「没有!」(メイヨー:ないの意味)「没有!」売らないわよ!フン!
と、言われて、買うことにも”ド根性”が必要だったころ。



そんな中、私は、上海ー西安ー北京ーハルピンを回りました。



さて、中国というと、”漢字”。

そう、中国語がしゃべれなくても、漢字の世界。これは日本人にとっては、うれ
しいこと。

まあ、漢字は漢字でも、意味が違ったり、略字だったり、旧字だったりで、ムツ
カシイですが、それでも、漢字で筆談できる、ということは、日本人ならではの
強みですね。

漢字さえわかれば、バスにも乗れますしね・・・。


そう、私は、筆談にたよって旅をしていたのです。

そして最初はそれで、いやー、漢字の国でよかった~と思っていました。

しかし・・・・

女ひとり旅・・・

筆談にたよって、言葉を発せず・・


さびしくて、むなしくなって・・・しまったのです!


漢字を使えば、食べることができ、バスに乗れ、目的地につけるのです。だか
ら、私は、だまーーーーーって、旅をしていたのです。

で、急に寂しくて寂しくて・・。

何のために、今、ここにいるのか、旅をしているのかが、わからなくなってき
たんですね。

もう、帰ろうか・・・

なんか面白くない・・・

何より、寂しくてたまらない・・・

私は本気で帰ることを考えました。


そんなとき、所は北京の中心からバスで1時間ほど離れた安宿の近くの食堂で、
英語をしゃべるアフガニスタン人と会ったんです。

最初は、何人なんだろ、と思っていました。彼は昼間から酔っ払っていました。

でも、彼は、私ににこやかに話しかけてくれたんです。

私は、久々にしゃべったんです。

彼は、なんかわからんけど、一生懸命に私に話しかけるんです。

久々に笑ったんです。

そのうちに、彼は、他の外国人もこっちにおいで呼んだりして、

私は久々にわらったんです。



テキトーな英語同士、その感覚は久々・・。

ああ、そうだ、これがなかったんだ・・・

筆談にたよりっぱなしで、声を出してなかった・・。



話しているうちに、だんだん深刻な話になり、彼がアフガニスタン人で、アフ
ガニスタンから逃げて中国きたこと、戦争がもうずっと続いていること、妻も
子どももみんな殺されてしまったこと・・・を知りました。


夜もその食堂に彼はいました。

彼はもう、へろへろに酔っ払っていました。

店の男たちから、店を追い出されていました。

でも、おそらく、仕方ないな~という、茶飯事のことで、手荒に追い出すので
はなく、他の客に迷惑がかかるから、ということのようでした。

翌日、また、昼間、彼と話しました。昼間の彼は、まあ安全で、たのしいやつ
でしたから。


これを機会に私の旅は変わっていったんです。

そう、通じなくても、「没有!」と冷たく言われても、しゃべるようにしたん
です。

すると、いろんな縁が生まれたんです。

中国の違う面、楽しい面、親切な人との出逢い、関わり、「没有!」にも負け
なくなりました(笑)


このすぐあと、”1日5遊”というバスツアーで、万里の長城などに行ったの
ですが、外国人は私ひとり。たくさんの中国人とともに、たくさんの中国人と
友達になりました。


また、中国人料金キップ売り場で、入場券を買ってしまって、警備員みたいな
人に見つかって・・・

でも親しくなった中国人のみんなが、彼女は私たちと一緒なの、とかばってく
れて・・・

まあ、結局、ダメでしたが・・・

うれしかったですね~。



今でも、あのきっかけ、あのアフガニスタン人には感謝しています。



この経験は、この1年後、ひとり世界一周に行くのですが、(このときは全く
考えていない)、貴重だったと痛感します。


旅に出ると、ひとりだと、どうしようもなく、寂しさを感じることは、けっこ
う、あるんです。

人は、ムシされるのが一番ツライっていいますよね。ツライからって、しょげ
ていれば、何も起きない・・。

行動すれば次の現実

これは、知り合いの受け売りですが、本当にそうだと思いますね~。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。