小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子育ては有難い修行である♪~だらだらを許す~
子育ては有難い修行である♪~だらだらを許す~
 
  

またまた親力メルマガの親野先生の文章に・・・・ギクッ!!とさせられました。

”許す”ことの、本当の意味。子育てにはとどまらないですね~この話。

すごいお話です。めっちゃ長いですが、そのまま引用させてもらいます。
                    (了解をもらっています)



質問♪「子どもを許すとは、だらだらしているのをただ黙認していればよいので
すか?」


「子どもを許すというのは具体的にどうすればよいのですか? 

だらだらしているのをただ黙認(温かく見守る?)していればよいのですか? 

勉強せずに遊んでばかりで、ごろごろ……。宿題も忘れがち。

嫌なことから逃げてばかりいる息子。

このまま面倒なことから逃げ続ける人間にはなってほしくないので、「嫌でもや
らないといけないことは誰にでもある」ということをわからせたいのですが、ど
う接すればよいのでしょうか? 

「お母さんだって、毎日晩ご飯作るの面倒だなーって思うことはあるから、気持
ちはわかるよ。でも、お母さんは作ってるでしょ?」なんて言っても、効果無し
です。

言葉のかけ方や接し方を具体的に教えていただけたら嬉しいです。」(ぱんだ さん)





親野先生のアドバイス↓

ぱんださん、拝読いたしました。

ぱんださんの問いは、とてもよくわかります。
「子どもを許す」と言うけれど……。
子どもは、毎日、目の前でだらだらして、勉強もしないで遊んでばかりでごろご
ろ、イヤなことから逃げてばかりで、やるべきこともやらない……。


それをそのまま許す?

どうしてそんなことができるでしょう?

そんなことをしたら、子どもは一生このままになってしまうのでは?

一生だらだらしたままで、やるべきこともやらないでイヤなことから逃げ続ける、
そういう人間になってしまうのでは?


この問いは、まことに的を射ています。
本当に多くの親が、日々自問自答している点だと思います。

「子どもを許す」と言うけれど、それはいったいどうすることなのか?

パンダさんは問うています。


私の考えを書かせていただきます。

「許す」というのは、子どもの「ありのままを許して受け入れる」ことです。

つまり、「これでよい」とすることです。

それは、文字どおりの意味であり、ほかに意味はないのです。


ですから、それは、だらだらしているのを黙認することなのです。

毎日、目の前でだらだらして、勉強もしないで遊んでばかりでごろごろして、
イヤなことから逃げてばかりでやるべきこともやらない……、そういう状態を許
すということなのです。

信じられないかもしれませんが、そうなのです。

なぜなら、許し難いことを許すことが、許すことだからです。

それこそが、許すということです。



どうでもいいことを許す時、許すということの意味がどこにあるでしょう?


それには、許すという言葉は当てはまらないのです。
なんの問題もなく、もともとオーケーなのですから。
そこには、許す許さないの選択すらありません。
ですから、許すとは、とても許せないと思えることを許すことなのです。


受け入れ難いことを受け入れることが、受け入れるということです。

黙認し難いことを黙認する、目をつぶり難いことに目をつぶる、共感できないこ
とに共感する、そこにこそ意味があるのです。

そして、それができた時、新しい一歩が始まるのです。

それは、今までとは別の方向への第一歩です。

それができない時は、悪循環の連続です。
子どものありのままを許せなくて、がみがみ叱ったり責めたりします。
この親の攻撃こそが悪循環の第一歩です。
悪循環の第一歩は、常に親の攻撃なのです。


子どもは、ガミガミ言われて気持ちが腐り、ますますだらだらします。

ダメだダメだと言われて、ますます意欲がなくなります。

親に対してもイヤな気持ちになり、ますます素直になれなくなります。

言われれば言われるほど、ストレスと不信感がつのります。

今までと同じやり方で、この悪循環から抜け出すことは絶対にできません。
それは、みなさんもよくわかっているはずです。


この悪循環をどこかで断ち切る必要があります。

許すことで、それが断ち切れるのです。

親が最初の一歩を変えるしかないのです。

ほかに断ち切れるところはありません。


子どもに最初の一歩を求めてもムリなのです。

子どもが少しでもしっかりしてきたら叱るのをやめるのに、と思うかもしれま
せん。

でも、そう思っている限り悪循環から抜け出すことはできません。


許し難いことでも許してやってください。
それが、新しい循環への第一歩であり、それ以外にはないのです。
そのことを、まず頭に入れておいてほしいと思います。

そして、次のことも頭に入れておいてください。

それは、子どもが今そういう状態でいるのには、理由があり、必然性があり、
意味があるということです。


宿題をやらないのは勉強がわからないのかもしれません。
勉強はわかるけれども意欲がわかないのかもしれません。
意欲がわかないのは、それが楽しいと思えないからかもしれませんし、それ
に意味を見いだせないのかもしれません。


または、今まで自分なりにいろいろなやる気の芽があったのに、それらを
”摘まれてきた結果”そういう状態になっているのかもしれません。

または、ほかに何かあるかもしれません。


その理由や必然性や意味が、ある程度人間にわかることもあります。
でも、まったくわからないこともあります。

というより、本当に深いところは人間にはわからないのです。


宿題や勉強だけでなく、すべてにおいてそうです。
片付け、生活習慣、家事やお手伝いにおいても、万事そうです。

誰にもわからなくても、必ず、そうである理由、必然性、意味があるのです。

理由も何もなく、ただそうなっているわけではないのです。


そして、子どもはその状態をなかなか変えられないのです。

大人が自分を変えられないのと同じように、いえ、それ以上に、子どもは自
分を変えられないのです。


子どもの時のほうが変えやすい、などとよく言われます。

「鉄は熱いうちに打て」だから、性質を変えるにも苦手なことを直すにも子
どもの時のほうがいい、などと言われます。

でも、これは大人の勘違いです。


本当は、子どもは性質を変えたり苦手を直したりするのが苦手なのです。
大人以上に苦手なのです。


もともと、それは誰にとっても難しいことです。

でも、子どもよりも、まだ大人のほうがやりやすいのです。

人生経験・知恵・思考力・意志力・実行力、どれを取っても大人のほうが勝
っているからです。


そういう大人でも、自分を変えるのは難しいことです。

みなさんも、なかなか自分を変えられないはずです。

ましてや、人生経験・知恵・思考力・意志力・実行力で劣る子どもはなおさ
らです。


これらのすべてをわかってやって、許してやってください。

というより、本当にその子の立場に立って思いをやれば、許すほかにないの
です。


そしてさらに、次のことをぜひ、頭に入れておいてください。

だらだらしているのは黙認して、それに直接的に働きかけようとしないで、
その分、親はそれ以外の別の方面から「できること」と「やるべきこと」を
やることが大事です。

しかも、成果を求めず、それ自体を楽しみながら、です。

その結果として、つまり間接的な結果として、物事がいいほうに回転し始め
るのです。


親が気になる子どもの短所を、直接変えようとすると、必ず失敗します。

それ以外の、別の方面からうまく働きかけることが大切なのです。

そのために、許し難いことを許すことが必要になるのです。

この辺りの理解は、とてもとても大切です。


では、別の方面からうまく働きかけるとは、どういうことでしょうか?
それは、私がいつも繰り返し繰り返し書いていることです。


まずは、叱ったり責めたり嫌みを言ったりするのをやめて、ほめることを増
やしてください。

そのためには、子どもが熱中していること、少しでもやる気になっているこ
と、少しでも得意なこと、ほんの少しでも成長したこと、などをほめること
です。

その時大切なのは、親の価値観にとらわれずにほめることです。

つまり、親からは大して価値のないことに見えても、ほめることです。
これは多面的評価法というほめ方です。


そして、子どもの短所を言い換えて、長所としてとらえ直してほめることも
大事です。
これは”短所言い換え法”というほめ方です。


さらに、今できることを当たり前と思わずに、それをほめることも大事です。

これは、”一歩下がり法”というほめ方です。

これらのほめ方については、2009(平成21)年1月20日配信のメルマガ
「親力160・・子どものいいところを100個書き出してみよう」を参照してく
ださい。(http://archive.mag2.com/0000119482/20090120012816000.html)


マイナスイメージの言葉をやめて、プラスイメージの言葉を増やしてくださ
い。

「また、○○してない」「なぜ、○○できないの」「○○しなきゃダメでし
ょ」「ダメだねー」などの言葉をやめるのです。

「○○できてきたね」「○○してくれてありがとう」「○○するとうまくい
くよ」などの言葉に自己翻訳してください。

それがムリな時は、せめて「さあ、○○しよう」「何分で○○するよ、用意、
ドン」などの単純型にしてください。


このように、ほめることを増やしたりプラスイメージの言葉を増やしたりす
ることが大事です。

それが増えれば増えるほど、子どものやる気は高まります。

叱る言葉やマイナスイメージの言葉が多いと、それだけで子どものやる気は
削がれることになります。


このように、だらだらしているのは黙認して、それに直接的に働きかけよう
としないで、その分、それ以外の別の方面から「できること」と「やるべき
こと」をやるのです。


しかも、成果を求めず、それ自体を楽しみながら、です。


その結果として、つまり間接的な結果として、物事がいいほうに回転し始め
るのです。

ところで、子どもがだらだらしていてやる気が見えない、という話は本当に
よく聞きます。

とくに、宿題や勉強、片付けやお手伝いなどの生活習慣などです。

でも、こういう子どもはけっこう多いのです。


というのも、子どものころというのは、目的意識を持てないことが多いから
です。

自分なりの目的意識があれば、生活全体に張りが出てくるということもある
のですが、それが持てないことが多いのです。


もともと子どもは自分でいろいろなことに興味を持ってやり始めるのですが、
そのやる気の芽が大人に摘み取られてしまうことがよくあります。


大人には子どものやっていることがくだらないことに見えて、もっと「大事
なこと」や「やるべきこと」をやらせようとするからです。


やりたいことはやれないのに、宿題や勉強、片付けやお手伝いなどの生活習
慣はしっかりやるように言われても、なかなかその気になれないわけです。

一般的に、子どものころというのはそういうことが多いのです。


もちろん、目的意識がなくても、楽しくなくても、意味を見いだせなくても、
とりあえずやるべきことはきちんとやれる子もいます。
そういう子なら、親として楽ではあります。


でも、その子のそういう性質が、一生その子の長所であり続けるとは限らな
いのです。

仕事を始めてから、まじめすぎて手が抜けない、適当に息抜きができない、
自分で自分を追い込んでしまう、などということになる可能性もあるのです。


かえって、やりたくないことは適当に済ませるという性質が、大人になって
仕事を始めてから役立つこともあるのです。

そして、今だらだらしている子がずっとそのままでいるとは限りません。

そういう子もやりたいことを見つけて、目的意識を持ってやり始める時がく
るのです。

ただし、大人がジャマをしなければ、ですが。


それによって生活に張りが出てくれば、いろいろなものがいいほうに回転し
始めます。

本当は、小さい時からずっと、そういう機会はいくらでもあったのです。

でも、その芽を伸ばしてもらえないことが多いのです。

子どもがある程度大きくなって大人の抑えが効かなくなった時、子どもが自
由にやりたいことをやれるようになった時、それまでだらだらしていた子が
嘘のように張り切り出すということはよくあるのです。


どの子にも、やる気の芽が出る時が必ずあります。

それを待つという発想が必要です。

待つこと、それは親にとって大事な資質なのです。

そして、やる気の芽が出た時は大切に育ててやってください。

親の価値観に合わないものでも、受け入れてやってください。

親の価値観でそれを否定したら、子どものやる気はしぼむだけです。



そして、もう一つ大事なことは、ずっといい親子関係をつくっていくことで
す。

つまり、親子の間に信頼関係がある状態です。

具体的には、子どもが「わかってもらえている」「受け入れてもらえている」
「愛されている」と感じられるようにしておくことです。


なぜこれが大事かというと、それがないと、せっかく子どもがやる気になっ
た時に親が手助けしてやることができないからです。

親子関係が壊れていると、せっかく子どもがやる気になった時、親が手助け
しようとしても「放っておいて」「関係ないじゃん」と言われてしまいます。


今みなさんの目の前にいる子どもの状態は、とても受け入れ難いものかもし
れません。
許し難い状態かもしれません。

でも、それこそを許して受け入れてやってください。


その状態を一気に変える魔法の言葉などありません。

魔法の接し方もありません。


パンダさんは「言葉のかけ方や接し方を具体的に教えていただけたら嬉しい
です」と書いていらっしゃいます。
これも、多くの親たちの願うところですが、一気に効果の出る言葉や接し方
はないのです。

「そういうものはない」と、はっきり認識することが大事です。


そのうえで、許し難いものを許し、それ以外の別の方面から働きかけてくだ
さい。

成果を求めずに楽しみながら、「できること」と「やるべきこと」をやって
ください。

そういう覚悟を決めてください。

魔法の方法があると思っていると、大事な覚悟ができません。


なにごとも時間がかかるのです。

特に、子どもの成長には時間がかかるのです。

本人がやる気になることが一番大事です。

そのために、親は正しい待ち方で待つことです。

いろいろなジャマをしないことです。


「今の状態を許したら、一生そのままになるかも」などと思う必要はありま
せん。
絶対にそんなことはありませんから。


こう思っていればよいのです。

「こういう段階が必要なんだな」「エネルギーをためてるんだ」「後伸びの
準備かも」「大器晩成かも」と。


それはサナギの状態に似ていると言えます。

外から見ると、サナギはずっと同じ状態に見えます。

でも、中では成虫になる準備が着々と進んでいるのです。

家で飼っていた幼虫がサナギになったとします。

それが成虫になるために、私たちに何ができるでしょう?

正しい待ち方で待つこと、これ以外ないのです。

(引用終わり)


グザグザきませんか・・・

涙が出ませんか・・・

許すこと、ってむずかしいですよね~

今のあなたは、親や周りの人にどう許してもらった結果ですか?

おそらく、こんな生ちょろいことじゃいかん!と怒る方もいらっしゃるでしょう。

私も、実は、そっちのタイプでした。

でも、またおそらく、ですが、そんな人は、許されなかったのだと思います。

許されないこと、許さないこと、実は、とてもツライことだと思うんです。

できれば、甘えた時代に、たくさん、許されて、許されて・・・

そして、人は、人を、許せるようになる、そんな気がしました。

  ※親野智可等先生のHP http://www.oyaryoku.jp
           メルマガ http://www.mag2.com/m/0000119482.htm 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんにちは。

1児のパパしてます。
家で仕事してる為、いつも娘に仕事を邪魔されてます(^^)
でも、可愛くて怒れません(><)
成長が楽しみです。
そんな娘とブログ覗いています。
また遊びにきます。

それでは。

【2009/05/11 14:55】 URL | ★KEEP BLUE★ #- [ 編集]


パパさん 怒らなくていいんですよ~。
たくさん、愛を注いでくださいね!

> こんにちは。
>
> 1児のパパしてます。
> 家で仕事してる為、いつも娘に仕事を邪魔されてます(^^)
> でも、可愛くて怒れません(><)
> 成長が楽しみです。
> そんな娘とブログ覗いています。
> また遊びにきます。
>
> それでは。

【2009/05/14 09:13】 URL | 1児のパパさん #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。