小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人生を変えた旅 第7話:子連れバックパッカーになるきっかけ
本には書かなかった世界一周ウラ話(67)♪
  ~テーマ別~人生を変えた旅 第7話:
     子連れバックパッカーになるきっかけのミャンマー旅


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメな
ど)で、つづっています。


で、前回から、人生を変えたターニングポイントになった旅の話。

第1話は私の旅の原点「初の海外旅行、夜のラスベガスで迷子に!」
第2話は「インドで死体チリチリ] 
第3話は「初めて旅をやめたくなった・・・中国」
第4話は、1994年、29歳の世界一周の背景。
第5話は、女29歳、自分探し世界一周:前編
第6話は、女29歳、自分探し世界一周:後編

で、7話は、子連れバックパッカーになるきっかけの旅。

29歳で人生に敗れて(?)世界一周をして、自分なりの答えを見つけて、
帰国。

帰国後、3週間で、結婚。2子出産。

仕事は、長男誕生と同時に独立したダンナの会社を手伝い、と、旅のことで
エッセイを書き、ラジオやテレビでしゃべったり、
旅行業の資格を大学やカルチャースクールで教えたり・・・と、

一見、恵まれている、人生が、スタート。

しかし、内情は、4000万円の借金を抱え(ダンナのお母さんが他人の連帯
保証を被むり、お母さんは自殺された)、背負っているものの重さからいろい
ろから、ダンナは、極度のそううつ。(1か月しかつきあわず結婚したので、
知らなかった)

一番くるしいのは、ダンナの”そう”で、、刃物のようにとがり、すべてを破
壊してしまう。四六時中仕事も一緒の私のとっては、生きた心地がしないほど、
つらい。

背負っているものの苦しみがわかるからこそ、つらい。

うつは、自殺してしまうのではないか、と思うほど、心配になる。

それが1年ごとくりかえす。普通は、ほとんどない。



だから・・・、私は、また、旅に出たのだと思う。

苦しいときには、旅に出よ(?)・・・単なる、現実逃避?。



しかし、当時、長男が3歳、次男0歳9カ月。つれてはいけない。

普通なら、ムリな話。

しかし、ダンナは、理解してくれた。(旅に関しては理解人)

長男は、24時間保育園に、ダンナの仕事が終わるまで預かってもらい、
次男は実家の母へ。

後ろ髪をひかれながら、単身ミャンマーへ。

どんなときも、片時も、子どもたちが気にかかりで、どうしようもなか
った旅。

そして、不思議なくらい、たくさんの子どもたちと出会いました。

ああ、一緒に旅をすればよかった。

そうすれば、この子どもたちと、うちの子供たちも、きっと、友達にな
れる。

きっと、たのしく遊ぶだろう。

とってもステキなこと・・。

ミャンマーもそうだけど、アジアのこの気候、人々なら、大丈夫。一緒
に旅しても大丈夫・・。

と、思ったのです。


これが、子連れバックパッカーのきっかけなんです。

しかし、子連れ旅は、ひとり旅の何倍も大変で、準備が必要です。

今までのように無防備、無計画じゃいけないとは自覚して、かなり、調
べるようになりました。

そして、1年後、実現。

長男4歳、次男1歳11か月に、フィリピンから始めました。

同時に、子どもたちが現地の子どもたちと触れ合えるように・・

また、かねてから、私の中にあった世界の貧困問題に関わって何か手助
けをできたらいいな・・という思い・・から、

子ども教育支援、ストリートチルドレン支援、難民支援の現場に連絡を
とり、訪問させていただくことを、お願いしていくようになりました。

ベトナムのストリートチルドレンの子どもの家、

モンゴルのマンホールドチルドレンの子どもの家や、サマーキャンプ、

インドのマザーハウス、

ミャンマー難民支援、

ラオスの子どもたちに絵本を贈る会

などへ行って、一緒に遊ばせてもらい、本当に、たくさんすばらしい出
会いをさせてもらいましたね~。

こういうのは、子どもが小さいころが、いいですね。言葉なんてなくても、
ツツきあって、触りあって?仲良くなれるから。

子どもために、というより、私が子どもたちのおかげで、今までとは違
う旅、出逢いをもらったと、つくづく思います。


それと、私は、逃げる、とか、現実逃避、とか書いていますが、普通は、

現実から、逃げちゃいけない!

って、言いますよね。

私自身、私、逃げているなあ・・とは、思っていたのですが、認めたく
ありませんでした。カッコ悪いし、なんか、卑怯?姑息?な手段みたい
で・・。

でも、今は、認めます~(笑)

私は、この、現実をどうにか変えたい、自分を変えたいという気持ち
が、ものすごいエネルギーになっているからですね~。

これがなかったら、私にはそういう勇気、ないだろうなとも思うので。


まあ、現実と戦うときも必要でしょうけど、戦うのが苦手な人は、逃げた
いときは、逃げてもいいんじゃないでしょうか・・?

まあ、まわりに、そんなに迷惑かけない程度なら・・。(多少は迷惑かけ
ちゃいます)


私の好きな言葉、”行動すれば次の現実”。

逃げることでも、行動すれば、次の現実が、待っているのだと思うのです。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。