小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テーマ別~インド ウツ病ショック療法?記 (1)真夜中のインド到着
本には書かなかった世界一周ウラ話(70)♪
  ~テーマ別~インド ウツ病ショック療法?記 (1)真夜中のインド到着
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、
人生を変えた旅全9話、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

で、今回から、ウツ病を克服しようとインドに行ったときの話。

前回までの”人生を変えた旅”を書きながら、ふと、思い出したんです。


私がウツでたくさんの薬にお世話になっていたのは、2003年6月から
2005年3月。

その真っ只中の2004年1月、インドに行っているんです。

もちろん、子連れ。当時長男は小2、次男は年長さん。

ウツで苦しみながら、抗ウツ剤その他を飲みながらも、なんとかガッツー
ンと殴られて?ウツを吹き飛ばしたいと?旅したインド・・。

ちょっと、笑えるでしょ・・・(?)(でもそのときには必死だった?)


というわけで、第一話

(一)真夜中のインド到着


1月5日、福岡10:10発

ータイペイ経由ーバンコク経由ーコルカタ到着 1/6の深夜0:30分。

日本との時差は3時間半遅れで、日本時間にすると04時。


飛行機の中と、タイでの待ち時間になるべく寝るようにしたものの、
当然ながら子供達は、眠気まなこ。


長男たかゆき(8歳)はとりあえず歩いてくれるが、次男ひかる
(5歳)はまったく起きず、だっこして入国審査の長蛇の列に。

するとそれを見たインド人係員。すぐに「こっちにおいで」と。

やっぱ、子連れは得です(笑)。

で、両替えを済まし、空港内にあるという簡易宿泊所(リタイアリング
ルーム)を探すことに。

しかし探し当てたものの、エアポートマネージャーの承諾が必要と言わ
れ、そのエアポートマネージャーとやらを探しに。

その人はどこにいる?

ー到着のフロアにいる、と言われ、フロアに戻りました。

見渡すと<エアポートマネージャー>という部屋を発見。

ドアの前にはインド人がタムロ。

ドアを開けようとすると、何のようだ?と聞かれ、リタイアリングル
ームに泊まりたい、と。

するとあそこは満室だという返事。

その時、丁度、エアポートマネジャーらしきスーツをまとったインド人
がきて、中に入んなさいと促してくれました。

マネージャーは、子連れの私に心配したのか、すごく親切に対応してく
れるんです。

しかし、本当にリタイアリングルームは空いてない。

で、サダルストリート(コルカタの安宿が集まる場所)の”ホテルマリア”
に行きたいというと、電話をかけてくれました。

(ホテルマリアは共同部屋1泊1人170円)

しかし、日本から調べてきていた電話番号じゃ通じず、わざわざ調べて
もくれました。

しかし、フル(満室)。

(あとで知ったことによると・・・満室ではなく、サダルの安宿は
大抵、夜の11時ごろには安全のため閉まる。だから、もう、閉まって
いたということ。)

もし、これが一人旅なら、さっさとタクシーに乗ってサダルストリート
に行き、別のホテルを探せばいいのだけれど、私には子供達がいる。

(直接サダルに行っても、多くは閉まっている。開いているところは、
割高)

さて、眠くてぐったりしている子供達。

困った顔をしている私に、マネージャーは、空港の近くに自分の知った
ホテルがあるから、とりあえず1泊だけ泊まったらどうか、と提案。

いくらかと聞けば、1部屋50ルピー(1200円)だと。

インドで1200円は高いけど、この時間に迎えにきてくれるのだから
まあ、いっか・・。

了承すると、そのホテルに電話して迎えを頼んでくれました。

しばらく待って、迎えの人が到着。外に出るとあまりの寒さに驚くー。

8度だって。ひゃー。

着いたところはホワイトパレスという名のホテル。

広々、清潔な部屋でした。子供達はバタンキュー。
とにかく今日は親切なマネージャーのおかげで寝場所にありつきました。

(そうそう、この調子!)


つづく・・・・
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。