小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インド ウツ病ショック療法?記 (2)ゴミ山の前の安宿から
本には書かなかった世界一周ウラ話(71)♪
  ~テーマ別~インド ウツ病ショック療法?記 (2)ゴミ山の前の安宿から
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、
人生を変えた旅全9話、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

で、前回から、ウツ病を克服しよう?とインドに行ったときの話。


私がウツでたくさんの薬にお世話になっていたのは、2003年6月から
2005年3月。

その真っ只中の2004年1月、インドに行ったんです。

もちろん、子連れ。当時長男は小2、次男は年長さん。

ウツで苦しみながら、抗ウツ剤その他を飲みながらも、カルチャーショック
で、ウツを吹き飛ばしたいと?旅したインド・・。という背景。


というわけで、第一話は、真夜中のインド到着、

で、第二話は、

(2)ゴミ山の前の安宿”ホワイトパレス”からサダルの安宿”マリアハウス”へ

     (名前はいっちょまえ!ですね・笑)


 翌朝、目が覚めて安宿”ホワイトパレス”の窓から外を覗くと、

いきなりまん前には大きなゴミの山・・。

おー!

これがインド。

そのゴミをあさるのは、大きな、でもやせた牛と、同じくやせたのら犬。

夜中は真っ暗で何も見えなかったけど、ここはちょっとした商店街になってい
ます。


子ども達を起こして街をブラブラ。

リキシャ(自転車の後ろにリヤカー)や車がひっきりなしに通り、ゴミ山の前
にはチャイ屋、つり下げた肉がグロテスクな肉屋やにわとり屋、カボチャの秤
売り、カセットテープ、花、金細工やなどなど。

そうそう、これがインドのパワー!


そのなかで、長男の目に止まったものは、レンガを頭に乗せて運ぶインド人。

「インドの人はスゴイねー。インドの人はよく働くねー」彼はしきりに、感心
していました。


 一旦ホテルへ戻ると、夜中に迎えに来てくれたインド人が、11時ごろサダルスト
リートへ車を出してくれるというので、しばしチャイを飲みながら雑談。


マザーハウスでボランティアしたいこと、

バラナシへ行き、12年前に友達になったフロスカムを探すこと・・・、

子供たちは、ホテルの人にずっと遊んでもらってなかなかいいスタートです。



 午前11時、ホワイトパレスから、コルカタの安宿街サダルストリートへ。


 車窓からコルカタの街を眺めていると、12年前の記憶がむくむく蘇ってきました。

そして、コルカタ(カルカッタ)の変化を感じながら・・。


 12年前・・・

私は、昼間に到着し、1人旅の日本人学生に声をかけて一緒にタクシーに。

そして、今回と同じく”サダルストリート”を目指しましたが、その車窓には瞬き
できないほどカルチャーショックを受けました。

裸足で車を追いかけてくる黄土色に変色したシャツの子ども達、

あちこちに放置されたゴミの山、

道路を横切る牛の群、

交差点は、人も車もバスも牛も犬も人力車も、ごったがえしに突進する、

すざましいクラクションの音。

その学生さんも、私の、しゃべるのを忘れて、窓にへばりついていたんです。

 
でも、12年経った今は、だいぶん違いましたね。


車道には、さすがに牛はおらず(牛は小路においやられ?)、すべてが突進して
いた交差点は、車が”主”になっていました。

そのせいか、クラクションはさらにすざましい。

それにしても、路上にあふれる人、たくさんの露店や屋台、すごいエネルギーは
変わっていませんね~。

今回はカルチャーショックというより、“そうそう、これだ、これだ。この喧騒
に身を置きたかったの・・”というなつかしさと高揚感。


 さて、サダルストリート到着。


ここも前よりはるかに、人通りも屋台も店も客待ちの人力車も物乞いも多くて、
とてもとてもにぎやか。

12年前ここに到着したとき、あまりのカルチャーショックで、すべてが土色に
見えて、ゴーストタウンに見えた日のことが、ウソのようで、可笑しく思い出さ
れました。
 
 あのときはこの通りにあった3件の中級ホテルに満室と断わられ、

まいった・・どうしよう・・

と思っていて、

すると、その様子を見ていたひとりの若いインド人から声をかけられたんですね。


始めは無視してたけど、悪い人ではなさそうだったので、結局彼にまかせて、通り
からちょっと入り込んだ安宿に案内してもらったんです。

それから、彼は食事もおごってくれ、自分の車(今思えばタクシー)で、いろんな
ところを案内してもらいました。

ぜーんぶタダで。

私がお礼をしたいと再三言ったけど、彼は「要らない、要らない」と言い続けまし
たねー。

それで、彼は、最後に、私が持っていた、なんかの粗品の水性ボールペン、が欲し
いと言い、それをあげたっけ。


そんななつかしい思い出がここコルカタ。



 
で、今回は、目指すは安宿”ホテルマリア”。

ここは、私が子連れ旅の参考にした“浪速女さん”のHP「浪速女 天竺に行く」に
出てくるホテル。

ここのドミトリーに泊まろうと決めていました。


”ドミトリー”とは、共同部屋のこと。

国によって男女別もあり、男女一緒もあり、

体育館のように広かったり、

せまい部屋に2段ベッドがぎっしり、だったりと、さまざま。


また、いろんな国のバックパッカーが泊まっているわけで、あたりはずれ?もあ
りますが、個室に泊まるよりもちろん安いし面白いし、友達もできるというわけで
す。

所有できるのはベッド1つだけど、こういう宿は、みんなが集う共同スペースが
あるから、それもいいことですね。

このホテルマリアでの共同スペースは、屋上。

そのかわり、プライベートはないし、トイレ・シャワー共同、いびきがうるさいと
か、電気を消すタイミングが合わないとか、いろいろも。


そのドミトリーに子連れで泊まろうと今回は決心してきたのですが、何といって
も、ちびっこギャング男の子が2人。

周りに迷惑をかけてしまうんじゃないかと心配も
あったのですが、今回は

「ドミトリー プリーズ!」



つづく・・・・
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。