小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子育ては有難い修行である~想像すること~
子育ては有難い修行である~想像すること~

    
人の心はむずかしい。

私は、次男の、日記を書けないことがどれだけツライことか、本当には
わかっていない、そう思いました。


だって、私は書けるから。

適当に書いて終わらすことができるから。

うまく書けなくても、自信を失ったりしないから。


私がもし、書けない人であれば、その気持ち、わかってあげられるんで
しょう・・

そういうことって、たくさんありますよね。

自分にとっては大したことなくても、その人にとっては大変なことだっ
たり、とても悲しいつらいことだったり・・・。

知らず知らずに・・・傷つけてしまってるんでしょうね・・

それが、自分が愛してやまない、子供に対しても・・。


”想像力”というものは、人間にだけ備わっているんだそうです。
(受け売り)

相手の苦しい気持ちを、想像して、少しでも、寄り添う、力。



人は、それぞれで・・・

どんなことが、苦しみなのか、何が心底イヤなのか、どんなことに傷つくか
・・は、人それぞれ・・・・。

今日の私の対応は、次男を・・・傷つけてしまったかもなあ・・・と反省
しました。




たとえば、もうだいぶ前ですが、こんなことがありました。


それは、ガンになって、それをはげまそうとした友人の一言。

そう、彼女は私をはげまそうと、よかれと思って、発した言葉なんです。


私は1年半前に腎臓ガンが見つかり、右の腎臓を全摘出しています。

腎臓は2つあり、人間の体には、腎臓が2つあって、1つでも、生きていく
という点では、問題ないといわれています。

他の臓器はみんな1つだから、考えてみれば、ガンになったのが、腎臓で、
ラッキーだったとも、いえないこともないわけです。

術後・・・1年経って、ある程度、元気になった私は、友人5人と食事を
していました。

ひとりの友人(かなり会っていない友人)が

「大変やったね~。大丈夫なの?」と私に言ったとき、

もうひとりの友人が、

「大丈夫!腎臓は2つあるっちゃけん。1つとっても、大丈夫!」

と・・。

なんか・・・

なんともいえない気持ちでした。言葉にならない。

そんなにカンタンなもんじゃない・・・と。

まあ、言葉上は、その通りなんですが・・・



でもですね、ガンというものの恐ろしさは、転移や再発なんだと思うん
です。

これから先、一生続く、定期健診で、いつ、転移です、再発です、と言
われるかもしれない、こと。



ガンを取ってしまえば、おしまい!ってわけじゃないところだと思うん
です。

そしてガン=”悪性”腫瘍なわけですが、それも様々な顔があって、
悪性の度合いは、また様々。

ガンは細胞の変化なので、ガン化する体質であり、いつ、何がきっかけで
細胞がまたガン化するかどうかはわからないんです。

腎臓が1つなくなったことよりも、ガン化するかもしれない、素地をもって
いること、いや、自分自身の生き方が、ガンを作ってしまったこと・・・

それは、やはり、恐怖なんですね。

私のように、ガンに心から感謝していて、
「ガンになってない人生より、ガンになることを選ぶ」
と言い切っている私でさえ・・・こわいことはこわい。



だから、私にとって、その言葉に、なにか・・・悲しい気持ちになったん
です。

わからないよね・・・と・・。



まあ、仲のいい友人だから、彼女の真意がわかっているから、全く問題はない
のですが、心には残っているのも事実です。

とにかく、人はそれぞれ。

私は、次男の日記が書けない恐怖を、本当にわかってあげてはいない、

彼は、きっと、おそらく、

書こうとすると、体が固まってしまうぐらい、

頭が真っ白になっちゃうぐらい、

いやなことなんだと思う。




どうしたらいいのかわからないけど・・・帰ってきたら、こう、言おう。

「お母さんは、あなたが日記が書けなくても、あなたのことが、大好きだから。」

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。