小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インド ウツ病ショック療法?記 (8)「バラナシ”歯赤”客引きとの闘い?」
本には書かなかった世界一周ウラ話(77)♪~テーマ別~
   インド ウツ病ショック療法?記 (8)「バラナシ”歯赤”客引きとの闘い?」
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、
人生を変えた旅全9話、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

で、今は、ウツ病を克服しよう?とインドに行ったときの話。


私がウツでたくさんの薬にお世話になっていたのは、2003年6月から
2005年3月。

その真っ只中の2004年1月、インドに行ってるんですよ。変わっている
でしょ(笑)?。

もちろん、子連れ。当時長男は小2、次男は年長さん。

ウツで苦しみながら、抗ウツ剤その他を飲みながらも、カルチャーショック
で、ウツを吹き飛ばしたいと?旅したインド・・。という背景。



というわけで、

第一話「真夜中のインド到着」

第二話「ゴミ山の前の安宿”ホワイトパレス”からサダルの安宿”
                         マリアハウス”へ」
第三話「ドミですっごい偶然!」

第四話「子連れはボランティアお断り!?」

第五話「障害児の施設 ダヤダン」

第六話「ダヤダンの子供たちに寄り添いながら・・・」
第七話「友人フロスカムをどうやって探す?」

で、今回、第八話・・・「バラナシ”歯赤”客引きとの闘い?」


まあ、そうこう、抗ウツ剤で、かろうじて旅をし、1つめの目的マザーハウスで
ボランティアさせてもらうことができ、

第二の目的である、フロスカム探し・・。

12年前のインドひとり旅のとき、友達になったヒンズーの聖地バラナシで、リ
キシャの運転手、フロスカムを探すという目的。

でも、あまりに、雲をつかむ?よーな、不可能っぽい話、イザ、やる気がいまい
ちわかないもんで・・・

そんな感じでした。



しかしながら、とにかく、バラナシへ。


コルカタからの夜行列車は5時間半遅れて到着。

列車を降りたとたん、客引きがドバーっと寄ってきました。

インドの駅は、改札というものがなく、だれでもホームまで入れるんです。

『きた、きた・・。しかーし!私は自分でリキシャを捕まえるぞ』


と思っていましたが、まあ、ひとり、しつこいのが・・。


時刻は夕方4時。

目指すは、聖なるガンガー(ガンジス川)の近くの”プジャゲストハウス”。



”プジャゲストハウス”とは、ホテルマリアにいた人から、屋上にレストラ
ンがあってガンガーが見渡せてなかなか良い、と聞いていた安宿。

12年前はガンガーから離れた安宿に泊まったので、今度はぜひともガンガ
ーの近くに泊まりたい!
 

で、そのしつこい男は、オートリキシャの運転手で、人相的?にはまあまあ。

悪い人じゃーなさそうだったので、

「プジャゲストハウスまでいくらか」と聞く。

すると、「50ルピー」とニッコリ。


ん!高いじゃないの!・・そのエリア程度は30ルピーと聞いていたので、30にし
ろと交渉。

と、意外にすんなり、いいよっというので乗ることにしました。


しかし、次の瞬間、”歯が赤く染まった”変なおやじが乗り込んできて、ヤな
予感につつまれました。
 

そう、プジャって何度も言ってるにもかかわらず、うんうんって頷いている

にもかかわらず、私たちが連れて行かれたのは、ぜんぜーん違うホテル。

そう、インドではなかなか自分が決めた宿にはたどり着けないのは、昔も今も
同じ。


「もう!プジャホテルって言ったじゃないの」と私。

すると

「プジャもいいけど、ここのホテルもいいんだよ。見てから決めてよ」

と”歯赤”のおやじ。

まあ、よくある手口で、彼等はコミッションをもらえるホテルに連れて行くわけ。


「いやだ!見ない!プジャホテルじゃなきゃダメ!」
と燃える(笑)私。

そうそう、こういうときは、やる気でるんです(笑)



運転手の男は何も言わず、ただ私と歯赤のおやじのやりとりを見ているだけ・・。


ちょっと話は脱線しますが、この<歯赤>について説明しますね。


インドに来て驚くことは山のようにありますが、

そのうちの一つで、よく道ばたで、”つば”や”たん”を吐いている人がいて、

その吐いたモノが血のように真っ赤なんです。

ゲロゲロ・・こいつビョーキか?!

と衝撃的に思ったものです。

道ばたには、そんな吐いたあとがいっぱいあるしですね。


でも、これは病気じゃなくて、噛みタバコのせいだったんです。

路上でよく売っているやつで葉っぱで包んだタバコ。

噛むと真っ赤なつばやたんが出て、歯も真っ赤になるわけ。

友人フロスカムも、20歳当時、お歯黒じゃなく、お歯赤だったんですね~


というわけで・・・

私たちは、プジャにたどり着けるでしょうか!!

つづく・・・
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。