小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インド ウツ病ショック療法?記 (11)「行動すれば次の現実・・」
本には書かなかった世界一周ウラ話(81)♪~テーマ別~
   インド ウツ病ショック療法?記 (11)「行動すれば次の現実・・」
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、
人生を変えた旅全9話、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

で、今は、ウツ病を克服しよう?とインドに行ったときの話。


私がウツでたくさんの薬にお世話になっていたのは、2003年6月から
2005年3月。

その真っ只中の2004年1月、インドに行ってるんですよ。変わっている
でしょ(笑)?。

もちろん、子連れ。当時長男は小2、次男は年長さん。

ウツで苦しみながら、抗ウツ剤その他を飲みながらも、カルチャーショック
で、ウツを吹き飛ばしたいと?旅したインド・・。という背景。



というわけで、

第一話「真夜中のインド到着」

第二話「ゴミ山の前の安宿”ホワイトパレス”からサダルの安宿”
                         マリアハウス”へ」
第三話「ドミですっごい偶然!」

第四話「子連れはボランティアお断り!?」

第五話「障害児の施設 ダヤダン」

第六話「ダヤダンの子供たちに寄り添いながら・・・」

第七話「友人フロスカムをどうやって探す?」

第八話「バラナシ”歯赤”客引きとの闘い?」

第九話、「プジャゲストハウスは一体どこ?」

第十話、「急激に、やる気ダウン・・・」

で今回11話「行動すれば次の現実・・」


とにかく、がんばって、インドの喧騒に身をゆだねて?、がんばっていたの
ですが・・・

なぜか、急に、気持ちが、なえてきてしまい、やる気がなくなって、
(まあ、ウツ病ですからね~)

どうせ、見つかりっこない、

どうせ、会えない

どうせ・・・・

状態に陥ってしまいました。



そして・・・・
 
その日、バラナシを夕方発つという日の・・・朝4時・・・

目がはっと覚めたんです。天から?の声で・・・


フロスカムを探してない!

探そうともしていないじゃないか!

何のためにこの町へきたの!

そうよ!フロスカムを探さなきゃ!

という声。

急に頭の中の霧が、吹き飛ばされた気がしました。

それからなんだか興奮して、眠れないまま、どうやって探すか、あれやこれや
と考えて始めました。


そう、具体的に、何をするか・・・


手がかりは、英語で書かれた12年前の住所と、彼と一緒に写った写真。

英語で書いてもらったことを、悔やんでいました。

この住所がせめて、ビンズー語なら、そこらへんの人に聞いてわかるかもしれ
ないが・・・

インドでは、フロスカムはもちろん、英語は多少しゃべれても読み書きできる
人は多くはない。

郵便局にでも行って訊ねようか・・。



いやいや、そんな正攻法?じゃなくて・・・

そう、インド人は仕事を変えないというから、サイクルリキシャ(自転車に荷
台つけたやつ)の運転手で、フロスカムと同じ”イスラム教徒”の人を探して
・・・

とりあえず”イスラム人居住区”に連れて行ってもらい、あとは写真で探すか
・・。

(インド人の多くはヒンズー教徒。イスラム人は、イスラム人で居住区に集ま
っている)


が・・・なにしろ12年も経っているわけで、引っ越ししている可能性高いん
じゃ・・・。

うーーーん。

頭で考えていてもしょうがない。

とにかく、今日は朝から彼を探すんだ!

あたってくだけろ!だっ。


 その朝、子供達が起きると、

「今日はフロスカム探しにいくからね!いっぱい歩かなきゃいかんかもしれ
んけど、がんばろうね!」

と宣言し、早々に荷物をまとめてチェックアウトし、荷物は預かってもらい、
いざ、スタート!

(余談ですが・・・このころは、子供たちも文句言わずに、右向けば右!の
号令ができたんだなあ・・・・となつかしい)




 大通りに出て、サイクルリキシャの人に

「あなたはヒンズー教徒か?イスラム教徒か?」と聞くんだ!と、

意気込んでいたのですが、

大通りに出るや否や、やっぱり何人もの客引きに、どこに行くんだ、おれのに
乗らないか!と囲まれ、アーダコーダと行く手を阻まれて、進めない状態。


 こういう旅行客にたかるリキシャの客引きじゃなくて、もっと誠実?そーな
リキシャのドライバーはおらんか・・・と、きょろきょろ。

きょろきょろしてると、また客引きが寄ってくる。


そんな私の目に止まったひとりの男。そう、普通っぽい男・・

よし!この人に聞こう!そして・・・

「あなたはビンズーか、イスラムか・・・」


考えてみれば、いきなり、外国人から、宗教を聞かれて、驚きますよねーははは。

 私の問いに男は、キョトンとしながらも、何度も聞くと、

「ムスリム(イスラム教徒)だ」

と。

やったー!私のカンもなかなか冴えている!?

と思ったら、次の瞬間、また客引きたちが集まってきて、おれのリキシャに!と
わんやわんや。


 ムスリムと答えた男に、彼を知らないか?とフロスカムの写真を見せてみました。

すると、大勢の客引きたちも見せろ見せろと、もう、もみくちゃ。そして、

「おー!知ってる、知ってる!」

「フローだ。なんとかかんとかのフローだろ」

「おれも知ってる。これはフローだ」

「おれも・・」「おれも・・・」

とみんなして、知っていそうなことを叫ぶわけです。

何人かが「フロー」と口にしていました。フロスカムとフロー、本当に同一人物か
どうか?・・・

男達の様子をしばし見て、その中で、信用できそうな?男を選んで、サイクルリキ
シャに乗ることに。

さて、どこへ連れて行かれるのか!!



つづく・・・

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。