小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インド ウツ病ショック療法?記 (13)「インド鉄道、5時間遅れは序の口」
本には書かなかった世界一周ウラ話(83)♪~テーマ別~
   インド ウツ病ショック療法?記 (13)「インド鉄道、5時間遅れは序の口」
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、
人生を変えた旅全9話、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

で、今は、ウツ病を克服しよう?とインドに行ったときの話。


私がウツでたくさんの薬にお世話になっていたのは、2003年6月から
2005年3月。

その真っ只中の2004年1月、インドに行ってるんですよ。変わっている
でしょ(笑)?。

もちろん、子連れ。当時長男は小2、次男は年長さん。

ウツで苦しみながら、抗ウツ剤その他を飲みながらも、カルチャーショック
で、ウツを吹き飛ばしたいと?旅したインド・・。という背景。



というわけで、

第一話「真夜中のインド到着」

第二話「ゴミ山の前の安宿”ホワイトパレス”からサダルの安宿”
                         マリアハウス”へ」
第三話「ドミですっごい偶然!」

第四話「子連れはボランティアお断り!?」

第五話「障害児の施設 ダヤダン」

第六話「ダヤダンの子供たちに寄り添いながら・・・」

第七話「友人フロスカムをどうやって探す?」

第八話「バラナシ”歯赤”客引きとの闘い?」

第九話、「プジャゲストハウスは一体どこ?」

第十話、「急激に、やる気ダウン・・・」

第11話「行動すれば次の現実・・」

第12話「フロスカムとの奇跡の再会」

そして、第13話「インド鉄道、5時間遅れは序の口」


 今回は鉄道の話。

インド鉄道は・・・まあ、遅れる話は、有名。

でも、ちゃんと、来る!から不思議、とも言われている・・・。



話は、フロスカムに会う前で、彼に会うために乗ったコルカターバラナシ間。


夜8時ぐらい出発して、翌日の午前10時ぐらいに着くようなパターン、2等
夜行列車です。


このコルカターバラナシ間の列車はガイドブックによると非常に評判が悪く?、

(観光客も多い人気の路線なんで)

特に、2等寝台で熟睡するのはキケンだとか・・・


首になにかを塗り付けられて(痛いらしい)、その間に荷物を盗まれただとか・・・

ちゃんと起きていたにもかかわらず、あっという間に荷物がなくなっていたとか・・・

ジュースやあめとか貰ったりしても、口にするな(睡眠薬がはいってる)だとか・・・

いろいろ被害情報がありあり~。


こういうのを読んでしまうと、なんとなく、精神的には緊張しますねー。


さて、行きは始発駅なので、ほぼ定刻夜8時半出発。

”2等寝台”というのはどういう感じかというと・・・

まあ、まさに荷物置きに近いネダナ(寝棚)。

寝返りがうてないほど、チョーせまっ!なんですね。

(多くのインド人は、体が小さいので、こうなっている?)


1つのコンパートメントは6人用で、夜だけ、3段ベッドにするというもの。

この2等寝棚の狭さは12年前にも経験済みなので、ベッドは子供にも1つずつ
確保しました。


今回、このコンパートメントに縁あって同室になったのは、インド人おじさん
がた3人。


子供達は9時には寝るんで、座席指定通り、次男を下段に、長男を上段に寝かせ
ましたところ・・・

私はおじさんたちとちょこちょこ話していると、長男が上段からおっちゃげてき
ました。

それを機敏にキャッチしてくれたのは、ブレザーを来た微笑みのおじさん、

ナイスキャッチ!ありがとー!

 
話は脱線しますが、インドの人って、一見、おこってるような顔しているんで
すね。

本当はおこっているわけでもなんでもなく、それがふつーの顔なんですが、この
コンパートメントのおじさんはみんないい笑顔していて、珍しい?。

(そうたまたま。かなりラッキーであった・・あとで思い知ります)

 
で、体が小さい子供でも、寝返りうつと、落ちてしまう現実に直面し、困ったな
あ・・と思っていると、そのおじさんは、

「あぶないから、下段と変わってあげよう」

と言ってくれました。ありがたい!


おじさんたちは、バナナやナッツを、車内の物売りから買っては、私達に
くれたり、荷物は通路側に置くとあぶない(盗られる)から、窓側に置くんだ
よ、と教えてくれたり・・、なごやかに旅は進んで行きました。


 さて、中段のベッドをつりさげて、大人もおやすみーなわけですが、窓が完
全に閉まらず、ひえーというぐらい寒いんです。

子供達には寝袋があるわけですが、私には薄い毛布1枚しかなく、とても眠ってら
れない・・。

ついには、日本に帰国した時(日本は真冬))に持っていたホカロンを何枚も貼る
はめに。

それでもまだ寒々。

ウトウト、ブルッ!、ウトウト、ブルッ!の繰り返しでありました。

インドというと暑いイメージがありますが、1月はこんななんです・・。


 
 というわけでほとんど眠れなかったわけですが、普通、まあ、ひどいわね~と
思うでしょ。でも、インドでは、体を横たえることができるってことだけでも、
よかった!!と感じれるんです。

(だからインドを旅すると、いいんですよ~)


なぜなら、席もなく、乗降口の近くやトイレ近くの狭ーい地べたに座っている人
も多いのですから。

さて、朝になって明るくなると、中段のベッドをたたんで、向かい合わせの座席に
戻します。

ある意味、中段を戻してもらわないと、みんな座れない。
 

車内は、駅に着くたび、物売りさんたちが、じゃんじゃん乗り込んできて、大きな
声でいろんなものを売りに来てくれます。

これがほんと、インドらしい光景。

これ好きですね~。

寝ている時にも来るから、それはうるさいけど(笑)ね。

チャイ、ナッツ、ゆで卵、バナナ、サモサ、オムレツ(のようなもの)、靴下やお
もちゃまでなんでもあり!

ゆで卵なんて、丁寧に?殻までむいてくれますよ~。

 で、当然ながら、バナナの皮やら、チャイのカップやら、包んだ新聞紙やらゴ
ミが発生するわけですが・・・

それをどうするか!?  

そこはインド式、そこらへんに捨てるわけ。

これが子供達には大ウケで・・・、

バナナの皮を窓からポイするおじさんを見て、いいとー?と私の顔を見る、

よかよ、と言うと、

まあ、うれしそーに、窓からポイ!

(でも、日本ではダメよ・・)

(ちなみに、インド社会では、この線路脇のゴミを、掃除する職業の人が存在する
ので、彼らの仕事をなくしてしまってはいけないのです。カースト制度のことが
あり、その仕事にしか就けない人もいるという現実があると聞いたので)

(一応、多少、気を配る人は、バナナの皮など自然ゴミは外へポイ。チャイを飲ん
だカップや、ビニールは、列車内の足元へ・・・・)



 で、ゴミだらけの足元を、時々、少年が掃除にきてくれます。

(掃除といっても、結局、線路にポイしてるのを目撃しましたが・・)

彼等はまあ勝手にそうやって、しっかり、チップを稼いでいるわけです。


 さて、この列車、午前10時到着のはずでしたが、待てども待てども着きませ
ん。

バラナシ到着は、結局5時間半遅れ。

しかし、このくらいの遅れは、序の口だったのです。

そう、帰りは、さらに、すごいことに・・・・なりますよ~


(まだまだインドはつづく)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。