小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年夏♪ヨルダン報告(5)子ども脳と絶景inペトラ
2009年夏♪ヨルダン報告(5)子ども脳と絶景inペトラ


さて、前回は、アンマンにつくまでの長い道のり、の話を書きましたが、この
ヨルダン旅は、日記形式ではなく、事柄別に分けて、難民支援、ペトラ、死海、
アンマン、安宿コーダホテル、ラマダン・・・、

という感じで、つづっていこうと思います。
(1)ヨルダンへの長い道のり
(2)と(3)は、私が一番感動した、この難民支援の現場。↓

  (社団法人 日本国際民間協力会NICCO
   http://www.kyoto-nicco.org/project/jordan/cat64/post.html)
(4)灼熱のペトラ、の攻略?法

で今回は、(5)子どもと絶景inペトラ

   ※絶景写真は、ブログで見てね~! http://kumemuga.blog60.fc2.com/


さて、ペトラ。

とにかく広いために、何人もの人から、どう行けばいいかとアドバイスもらい、
私なりに覚悟を決めていました。

というのは、やはり、私は体力的に不安が多く・・・

一番、ドンくさい、からです。

灼熱の中、干からびそうな中、早く歩いて4時間ですからね~

はっきり言って、かなり、ぶったおれそうです。

でも、大人って、絶景に出会うためには、がんばれるものなんですね(笑)

がんばるから、苦しむからこそ絶景~!!なんですよね~



それに対して、子どもは・・・・

そんなまどろっこしいのは、オキライです(笑)

実に、もったいない!(笑)

次男は、いつも、ドラエモンの「どこでもドア」があったらいいのに~と
つぶやいているし。

私にすれば、「どこでもドア」があっても、いきなり、苦労せずにたどり
つけても、面白くないじゃん、と思うけど。



というわけで、攻略法?通り、朝一番から、ペトラ入場。歩け、歩け!

しかし・・・・予想通り、朝も8時になると、ガンガンに暑い・・。

異様なほど、のどが渇く・・・

持参した水はすぐになくなり、高い水(遺跡内の売店の水は、10倍以上
する)を買いながら、

まだぁ・・・

まだぁ・・・

と子どもたち。

お母さん、アイスクリーム!

お母さん、冷たいコーラ!

を連発。

甘ったるいアイス食べたら、余計のど乾くじゃん

コーラだって、甘いからのど渇くだけだよ・・

と思うが・・・。

こんなとき、お説教する力も、もったいないと思ったりして、2つに1つは
カット!。

さあ、がんばろう!

絶景が待っているよ!

しかし、子どもたちから出る言葉は、もう限界~・・・休もう!

休めば、立ち止まれば・・・、ハエがブイブイたかってくる・・。

なんで、ハエ?

動いてないと、ハエがたくさんとまろうとするんです。

特に、次男の頭・・

のびた坊主頭の汗が目当て?

せっかく持ってきた帽子、忘れてきてるし・・・

なんと、ハエも、水分を目当てに、人の汗によってくるんですかね。

だって、近くに、馬やロバのうんこがあるのに、人によってくるん
ですから。



この状況で、大人の脳みそは、このあとに確実に来る絶景との出会いを
思い浮かべながら・・・がんばるけど、

子どもたちの脳みそは、今、このしんどさだけを、感じるみたいですね(笑)

子どもって、今、ここ、を生きているんですね~

そう、今、ここ、の世界。


何度も、何度も、こういうことが今までにありました。

でも、小6と中2。

大きくなったから、ちょっとは違うかな?

という期待していましたが、やっぱ、まーだ、子どもですね(笑)


というわけで、かなり、ギリギリいっぱいいっぱいの体力気力で、目指す
絶景の”エド・ウィル”にたどり着きました。

その、”エド・ウィル”を上から見下ろすための丘に登って、さらなる絶景
に遭遇・・

ああ、夢に見た、ここ!

ああ・・・やっと、たどり着きました~!

と感動しているところに、子どもたちが・・・・

お母さん、ハエ、ハエ~

どうにかしてええええ

もーかえろー

ロバに乗りたいよ~  と。


ハア・・・

ロマンにひたる私の脳みそを、現実に戻す、声・・・(笑)

子どもと絶景とは、こんなもんです(笑)


私の友達に、結婚する前にそれぞれがひとり世界一周をしたことのある
ご夫婦がいるのですが、

そのご夫婦が、子どもが小学生低学年のころ、ハワイに連れて行かれたん
ですね。

しかし、帰ってきて感想が、

「めっちゃタイヘンやったーーーもう子連れでは行かん!」

「子どもにとっては、ハワイもそこらへんの公園も同じなんやと痛感した」

と言っておられました。

実は、本当のところ、そうなのかも、しれません(笑)。

特に、小さいときは、子ども本人も記憶がなくなるし。

ある程度、大きくなっても、我が家のこのペトラ体験でわかるように・・


でもですね・・・・

私は、子どもとの旅は、実は、子どものため、ではなくて、そう、自分の
ため、なんだと、私は思っているんです。

子どもが一緒に行ってくれる事で、今までと違って、調べるし、考えるし、
工夫します。

自分自身が、その旅を通して学ぶ、ひとり旅では学べないことも、子ども
と行くことによって、様々なことを、学んでいる、のだと・・。

子どもたちのわがままや、子ども脳みその違いを痛感するのも、学び。

そして、その中で、ああでもない、こうでもないと、智恵を絞りに絞るのも
学び。



そして、いつか、子どもたちが大人脳みそになったとき、

お母さん、よく、小さい僕たちを連れて行ったよね~

たいへんやなかった?

とかなんか言われて・・・

そんなことないよ~ たーーくさん学んだから、



なーーーんて、言いたいですね。



(ヨルダン旅行記はつづく)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。