小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


近況:授賞式で・・子どもたち寝てしまった!!!!
近況:授賞式で・・子どもたち寝てしまった!!!!

すみません、メルマガ発行、先週、とんでしまいました・・・。

授賞式のスピーチの準備に、時間かかっちゃいまして・・。すみません。


で、週末、24,25日で、子どもたち2人連れて、地方出版文化奨励賞の
授賞式、米子まで行ってきました!

<受賞式のチラシ>
http://www.bookin-tottori.co.jp/2009.pdf

<賞の概要&受賞理由>
http://www.bookin-tottori.co.jp/16.html

<地元西日本新聞にも掲載していただきました!>
http://kumemuga.blog60.fc2.com/blog-category-40.html


<賞を下さった”ブックインとっとり”を主催する今井書店グループ本の学校
が、菊池寛賞受賞されました!>
http://www.bunshun.co.jp/award/kikuchi/index.htm


で、一生懸命、スピーチを考えたし、スライドつくって、練習もしたし、
バッチリ!で行ったのですが・・・・

なんと、本番・・・

まず、いろんな方からの祝辞があって、次に、功労賞&特別賞受賞の
「医者、用水路を拓く-アフガンの大地から世界の虚構に挑む 」のスピーチが
あって、その最中・・・・

なんと、子どもたちが寝ていたんです!!

それも、座って下を向いてというならまだましですが、机につっぷして・・・

私たちは、みなさんの対面した、まん前に並んでいるのです。

要するに、みなさんの目の前で、デーーンと寝ているワケです。




さーーーっと、全身から、血がぬけていく気がしました・・。

うおおおおー

ゲロゲロ・・・

うっそー

あっちゃー



あのとき、顔面そう白!真っ青!・・・そして、かーーーっと(恥ずかしくて)
舞い上がっていく自分が、おりました。

(もちろん、起こして、叱咤激励、がんばろうと!言ったのですが、しばらくする
とまた睡魔が・・・

まあ、お昼ゴハン食べたすぐあとで、しかも、前日、寝るのが遅くなったこと
もあるけど、まあ、緊張感がないというか・・・ああ、申し訳ない・・・)


今回の、私のスピーチは、時々する講演とは違って、子どもたちを主体とした
ものにしていたので、

ああ、これじゃ・・・何を話しても、こんな姿で寝る子どもなんだと、思うだろ
うな~(これが現実ではあるけど)

と思ってしまい、

スピーチは、なにか、宙に浮いたもの、となってしまいました。

ああ、本当に、すみません。

というわけで、この授賞式での失態で、私は、めちゃめちゃ、疲労&脱力感の
中に落ちていきました。(もちろん帰りの列車と翌日にかけて、ですが)


やはり、子連れというものは、何をするにも、修行ですね~

それにしても、米子の方々、みなさん、とてもあったかで、親切で、よくしてい
ただきました。

米子の町もとってもいいところでしたよ。

ゲゲゲのきたろうロードにも行きましたよ!


受賞式は、何社もの新聞社の方やNHKの方もこられていて、翌日の新聞などに
掲載していただきました!本当に、ありがたいです。感謝です。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。