小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インド ウツ病ショック療法?記 (16)「コドモ つぶされそうになる!」
本には書かなかった世界一周ウラ話(86)♪~テーマ別~
   インド ウツ病ショック療法?記 (16)「コドモ つぶされそうになる!」
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、
人生を変えた旅全9話、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

で、今は、ウツ病を克服しよう?とインドに行ったときの話。


私がウツでたくさんの薬にお世話になっていたのは、2003年6月から
2005年3月。

その真っ只中の2004年1月、インドに行ってるんですよ。変わっている
でしょ(笑)?。

もちろん、子連れ。当時長男は小2、次男は年長さん。

ウツで苦しみながら、抗ウツ剤その他を飲みながらも、カルチャーショック
で、ウツを吹き飛ばしたいと?旅したインド・・。という背景。

さあ、ウツ病とインド、どうなりますか?????



というわけで、

第一話「真夜中のインド到着」

第二話「ゴミ山の前の安宿”ホワイトパレス”からサダルの安宿”
                         マリアハウス”へ」
第三話「ドミですっごい偶然!」

第四話「子連れはボランティアお断り!?」

第五話「障害児の施設 ダヤダン」

第六話「ダヤダンの子供たちに寄り添いながら・・・」

第七話「友人フロスカムをどうやって探す?」

第八話「バラナシ”歯赤”客引きとの闘い?」

第九話、「プジャゲストハウスは一体どこ?」

第十話、「急激に、やる気ダウン・・・」

第11話「行動すれば次の現実・・」

第12話「フロスカムとの奇跡の再会」

第13話「インド鉄道、5時間遅れは序の口」

第14話は「うんこ踏むなよっ!」

第15話は「一体、列車はいつ来るんだ!?」

そして今回第16回は「コドモ つぶされそうになる!」




 遅れることで有名な?インド国鉄の復路の話。

最初、6時間遅れの22時40分発だと聞いて、がーーーん!としていたら、

 列車到着の唯一の手がかりである電光掲示板が消え、走り書きのよーな小さな
黒板だけになり、

もちろん文字はヒンズー語のみで、わけわからんくなり、不安でしょうがなくな
り・・・、その黒板によると、当初の6時間遅れから、更に遅れて7時間半遅れ
になったもよう。

これで本当に列車は来るんだろうか・・という疑い?の気持ちも芽生え、

あーとにかく、これ以上遅れんで来てくれー、と祈るのみ。

 
 駅構内はどんどん人が増え、どこもかしこも毛布をかぶって寝てる人がゴロゴ
ロ。

インド人には慣れっこなことなんでしょうねー。黒板には、遅れている列車名が
びっしりなんで・・・。
 
 で、真夜中、24時近く。

黒板は7時間半遅れのまま、書きなおされてはいないことを確認し、寝せていた
子供達を起こし、寝起きに風邪ひかれちゃいかん、と、ポカロンを2コづつ貼って、
毛布を巻いて、黒板に明記されていたプラットホームに出ました。
 

 さて、何か列車が停まっています。

これはコルカタ行きか?と周りの人に聞くと、いや、違う、との返事。

ここにコルカタ行きが来るか?、と聞くと、

あそこ(駅事務室のようなところ)で聞いてみるといい、と言われ、聞きにいく。

事務室には、数人の人がいて、一応?パソコンらしきものの前に座っている人が
いたので、訊ねました。

 すると・・・

もうじき来るだろうよ、と。

もうじきって何時? と聞くと、

何時かはわからないよ、と。

じゃあ、6番ホームで待っとけばいいの? と聞くと、

もともとは6番ホームだったが、それもわかんないよ、という。

要するに、時間もホームも定かでない。吹きさらしのホームで、アナウンスを聞く
しかないんだと。

雑音たっぷり大音量アナウンスは、確かに英語でもあっているよう。

しかし、アナウンスがあって、ホームが違って、走って階段登って降りて、間に
合うのか・・・?


 こういう時、子連れは、気が重い・・。私も神経質にならざるをえない。

まだ次男は5歳ですからね~


 
 そんな不安と寒さの中、いろんなインド人との出会いがありましたよ。

 
 何度も黒板の前で、ヒンズー語の文字をじーーーっと見つめていた私に、

「メイ アイ ヘルプ ユー」と声をかけてくれた人。

彼は、黒板のビンズー語の表示を、丁寧に、英語で説明してくれました。


 真夜中のホームで、待てども待てども来ない列車を待っている間、子供達と遊
んでくれたインド青年の2人組もいましたね~、本当にありがたかった・・。

 「く」の字に体が曲がった物乞い。

待ち時間が長いだけに、繁盛してるチャイ屋やサモサ屋などの屋台のオッサンた
ち。

女性専用なのに何故か男性が居座っていた待合室の面々。

 ヒマなので、だれか話し相手はいないものかと、あちこちウロウロしては日本
人を探しましたが、いませんでしたね。

 意外だったのは、韓国人が多いこと。

日本人かと間違えて声をかけたりも・・。

いく人かの韓国人と話をかわし、見送り、私はただひたすら待ったのでありました。


 そして、結局9時間遅れ・・・夜中の1時半、やっとやっと列車が来たのです。


 喜んでほっとしたのもつかの間・・・

さて、インドの列車はとても沢山連結していて、しかも車両どうし行き来できない
ために、自分が乗る2等寝台をすばやく探さないといけないんです。

で、車両を探すのが一苦労。

 で、乗ったはいいが、もう、スゴイどんどん乗ってくるんで、おしくらまんじ
ゅう状態に。

「おかーさん つぶれるーよお!」

「がんばり!ふんばるって!」

そんな必死のとき、なんと、車両が違うらしいことが発覚。

この車両が7で、私たちの乗るべき車両は6。

隣なのに、って思うでしょ・・。

隣にも、行けないんです。一旦降りなければ・・・

しかし、今度は降りれない。降りさせてくれない。

他にも、間違えて乗った外国人がいて、彼らと協力しあって、これでもかー!っ
と根性出して、降りて、隣の車両を見ると、そこはただの2等。

何いー! 

車両は順番に並んでいない!

いったい、車両6がどこに?!


(まだまだインドはつづく)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。