小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インド ウツ病ショック療法?記 (17)「最悪のコンパートメント」
本には書かなかった世界一周ウラ話(87)♪~テーマ別~
   インド ウツ病ショック療法?記 (17)「最悪のコンパートメント」
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、
人生を変えた旅全9話、など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

で、今は、ウツ病を克服しよう?とインドに行ったときの話。


私がウツでたくさんの薬にお世話になっていたのは、2003年6月から
2005年3月。

その真っ只中の2004年1月、インドに行ってるんですよ。変わっている
でしょ(笑)?。

もちろん、子連れ。当時長男は小2、次男は年長さん。

ウツで苦しみながら、抗ウツ剤その他を飲みながらも、カルチャーショック
で、ウツを吹き飛ばしたいと?旅したインド・・。という背景。

さあ、ウツ病とインド、どうなりますか?????



というわけで、

第一話「真夜中のインド到着」

第二話「ゴミ山の前の安宿”ホワイトパレス”からサダルの安宿”
                         マリアハウス”へ」
第三話「ドミですっごい偶然!」

第四話「子連れはボランティアお断り!?」

第五話「障害児の施設 ダヤダン」

第六話「ダヤダンの子供たちに寄り添いながら・・・」

第七話「友人フロスカムをどうやって探す?」

第八話「バラナシ”歯赤”客引きとの闘い?」

第九話「プジャゲストハウスは一体どこ?」

第十話「急激に、やる気ダウン・・・」

第11話「行動すれば次の現実・・」

第12話「フロスカムとの奇跡の再会」

第13話「インド鉄道、5時間遅れは序の口」

第14話は「うんこ踏むなよっ!」

第15話は「一体、列車はいつ来るんだ!?」

第16回は「コドモ つぶされそうになる!」

そして今回第17回は「最悪のコンパートメント」



インドの列車は、車両が順番に並んではいないんです!

で、一体、6の車両はどこじゃー

と、他の外国人と必死で探し、やっと、自分達の車両にたどりつきました。

 
 今回のベットナンバーは、3番、4番、5番(上段/中段/下段)。

このもみくちゃの乗降口すぐのコンパートメントで、乗れたのはいいけど、

なんでー?というぐらい人が多いんです。

おまけに電気が壊れていてまっくらけ。

まっくらけの中に人がうじゃうじゃ、それに、でかい荷物がこれでもかーと。



 そんな窮屈で、暗くて身動き取れない中、ひとり、インド人女性が、下段で大
いびきをかきながら寝ているんですね。

この騒がしい中、よく寝てられるなーと感心しますね、ホント・・・。

とにかく、こうなったら、ずーずーしいもん勝ち。寝たもん勝ち・・


 私も見習って?、子供達のために、4番と5番ベットを確保し、寝袋を広げよ
うとしました。

すると、同室のおやじが、ニコリともせず、ビンズー語で、けたたましく私に何
かを言うんです。

あきらかに、文句を言っている風、少なくとも好意的ではないことはあきらか。

まあ、これだけ遅れて、みな気が立っているんでしょうが、

あきらかに友好的でない雰囲気で、長々と何か言うもんで、

「何よ!なんか文句あるのよ!もービンズー語はわからん!ちゅーの!。英語で
でもしゃべってよー!」

と、返しました。

がしつこい・・。

 
それでも、じっと、五感を?働かせると・・・?

わからんけど、おやじは、私の子供が小さいので、ベッドを3つ確保している
とは思わなかったもよう。(あくまでも私の想像・笑)

小さな子供に1つベッドを取るなんていうのは、インドでは、常識的ではない、
贅沢なことなんですからね。

でも、ウツ病で、睡眠障害がでている私にとっては、最低限の場所は確保しなけれ
ばいけない、重要なこと。

それにしても、ここには、なんでこんなに人間が多いのでしょう・・・。

(理由はあとでわかります・笑)



 私は、キップを見せて、ちゃんと3つベッドを取っていることを強調、

おやじは、そうかという風に納得。

とにかく、子供達を下段と中段に寝せました。

 9時間待たされて、しかも真夜中で、ぎゅうぎゅう詰めで、なんともとげとげ
しいムードでしたね。


 で、当の私のベッド(上段)は、荷物棚と化しているんです。

この荷物一体だれのよー!

なんで、ここに置くのよ!

寝れんやないの!

と思って、さっきのおやじに言うと、おやじは、

多分、次か、その次か、降りる人たちの荷物だろうから、今はガマンしろと言わ
んばかり。

おやじもおやじの妻も、しっかり自分のベッドに横になっていて、私だけが座る
ところもない状態なんです。

まさに、最悪。

座れないどころか、まっすぐに立てないほどなんです・・・



おやじの言うとおり、次と次の駅で、その私の寝台に荷物を置いたバカヤローは
降りていきました・・。

要するに、この区間は、車掌が来ないので、勝手に乗り込んできているわけ。




 で、私が自分のベッドに横に慣れたのは午前、3時すぎのことでした。



 で、この時思ったんですねー。

行きのコルカターバラナシ間がどれ程恵まれた環境にあったか、と。

(今この悲惨な状態は復路バラナシーコルカタ行き)


 行きは本当に、友好的でおだやかだったんですね。

時間的には5時間遅れたけれど、まあ、ちゃんとゆっくり座れて、寝れて、子
供が上段だと落っこちてケガするから下段と替わってくれたり、バナナやナッ
ツを貰ったり、終始、にこやかな時間でした。

 
 でも、ある意味では、ちゃんとお金を払って寝台を取っているんだから、座れ
て寝れて当然なわけです。

私自身これが当たり前と思っていました。

お金はらったんだから、当然の権利、だと。



でも、ここインドでは・・・当然じゃないってこと、身にしみました。

同時に、・・・

まさに、最悪(復路)を経験してこそ分かる”(往路の)有り難み”。

最悪がなかったら、けっこう、ただの、ああ、いい人たち、な記憶だったでしょ
うね。

最悪だからこそ、感動も生まれるってこと、ありますよね・・・。

本当、行きのインド人おじさんおばさん、周りの人に、今さら感謝の念が湧いて
くる私でした。



(まだまだインドはつづく)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。