小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子連れマニラ(3)~ストリートチルドレンに会うという目的~
本には書かなかった世界一周ウラ話(95)♪~テーマ別~
   子連れマニラ(3)2000年長男4歳次男1歳
                ~ストリートチルドレンに会うという目的~
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話など)を、つづってい
ます。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からは、子連れバックパッカーの歴史を順々に振り返ります。

さて、


子連れで覗いたマニラ(3)
~ストリートチルドレンに会うという目的~



子どもたちとマニラに行きたい理由・・・それは、ストリートチルドレンに会うこ
となんです。

私自身が、今までに、たくさんストリートチルドレンに出会ってきて、乞われてき
て・・

そして、いつも、考えさせられました。


実は、4歳の長男が、とても、食べ物の好き嫌いや食べ残しが多く、どうしたらい
いのだろうと、いつも、考えていたんです。

同じ食べ物を用意しても、次男は待ってました!とペロっと食べるのに、長男は残
すんです・・・

で、何とか食べてほしいと私は、手を変え、品を変え、言葉かけをしていました。


ある日の、いつもの食べ残しの現場で

私の口からこんな言葉が出たのです。

「世の中にはね、いろんな事情があって、お腹いっぱい食べれん人もおっとよ。
何でもありがとう、いただきます、って食べんと・・・神様もおこるよ」
と。

すると、長男はキョトンと目を丸くし、私の言葉に反応したのです。

「何で食べれんと?その人・・どこにおっと?」と。

よし、行こう!発展途上国の子どもたちに会いに行こう、子どもたちとバック
パッカーで旅をしよう!と決めたのはこのときなんです。



で、2000年3月、いよいよ、子連れバックパッカー開始です。

さて、まず、飛行機の中で寝てくれるように、子どもたちの体内時計を調整。

ふつうは、午後1時ごろから昼寝するので、そのときになんとか寝させず、飛行
機の出発時間の午後4時に眠たくなるように。。。

だから、午前中は室内遊びにしておいて、お昼ゴハンのあとは外。そして寄り道
しながら空港へ。

眠りを誘う静寂とヒマを与えないように、あちこち歩かせて・・。
 
結果、成功!離陸の揺れと共に眠りに入ってくれました。

で、今回の同行者、友人Yちゃんと私はカンパーイ!。


マニラに到着したのは夜7時前。入国審査、そして機内預けなしの私達は、1
番乗りで通関へ。実は、当時、この通関、インターネットでこんな情報が流れて
いたんです・・

<過去、日本人男性や里帰りのフィリピン人が、パスポートに千円2千円のお金
を挟んで係員に渡してきた。日本人と見ればお金を挟んでいて当たり前。お金を
挟んでないと、不審な物がなくてもあーだこーだ、いちゃもんつけてくるから要
注意>と。

本当かどうかは分からないけど、そんなのヤですよね~


で、いよいよその時!

しかし、中身を見せるコトなく、何事もなく即パス!。あーよかったー!


さて次の難関は、マニラ町中へ行く“足”。

エアポートバスはないそうで、タクシーか、通りに出て“ジプニー”に乗るか。

ジプニーとは、米軍の使っていたジープを改造した乗り合いバスのことですが、
路線図やバス停もないそうで、それに夜だし、子連れだし、やめとくことに。

となると、タクシー。

タクシーにも3種類があって、クーポンタクシーと、客引きタクシーと、通りまで
出て流しのタクシーを止めるか。

客引きタクシーは、外国人が乗っていることが明らかなので、ホールドアップされ
る危険があるやら・・・、極端なぼったくりされるやら・・。

流しのタクシーは、乗せてくれたとしても、日本人と分かればメーターは倒して
くれないことが多いと。

悔しいけど、ここは割高なクーポンタクシーにしようと結論。


クーポンタクシーとは、料金前払い制で、エルミタ地区は285ペソ(750円位)

メーターなら100ペソ前後で行くらしいから、3倍近くもするけど、安全を買う
ことに。

ところで・・・

ここまで、いろんなアブナイ情報があったので、念のために、慎重に構えてきたに
もかかわらず、これまで、機内で会った人を始め、一般のフィリピン人は、みんな
親切で、特に、子供に優しいんですね。

だから、この、安全を買ったはずのこのクーポンタクシーでもめることになるなん
て、思ってもみなかったのです。

それは、タクシーが走り出してすぐのこと。

すぐ「チップちょーだい、チップー、チップ!」
と言い出したおやじ。

チップは基本的に不要。それに、走り出したばっか。何言ってんのよーと一瞬思っ
たけど、まあ、ご愛嬌、と思って、穏やかに?対応していたのですが・・・

おやじはソートーな根性もん。ずーっと、チップ、チップ、チップ・・・と言い続
けるのです。

まるで、チップ払わないと、連れて行かないと、って感じ。

前払いでクーポン買っているので、他のタクシーに乗り換えるわけにもいかないし、

怒らせてヘソ曲げられて、夜の道路でトラブりたくはない。

ここは冷静に、着くまでのひたすらガマン、ガマン。


繁華街に入り、おやじが車を止めたのは、パゴタホテルというホテル。

「違うよ、フレンディホテルよ」と言うと、

「パゴタって言ったじゃないか」とおやじは怒り出した。

「言ってない」「言った!」とおおモメになり・・・。

信じられん。勝手に間違えとって・・と思いながらも、なんとか、だまして?
フレンディホテルへ。

ようやく探し当てたフレンディは、思ったよりいい宿でした。ドアの前には、大き
な銃を持ったホテルの警備員。

そう、フィリピンは”銃”社会なんです。

銃がコワイというより、銃で守られていないとコワイ、のだそうです。

タクシーのおやじは、最後の最後までチップ攻撃プラス、さっきの、言った言わな
いで、おおモメ、最悪状況になっていたので、ムシするように、さっさと車を降り、

警備員に導かれ、ホテルの中へ。よく見ると、警備員のおじさん優しい感じ。

フロントで、「部屋あいてますか」と聞いた男性も、感じがいい。

今晩はここにしよう、ふぅーと荷を降ろした瞬間、なんと、タクシーのおやじが入
ってきたんです。

ギョ!な、なによ!

おやじは決まり悪そうにこう言いました。

「クーポンにサインをしてくれないか・・。

じゃないと会社に怒られるんだ」と。

な~るほど!こうなってるんですねー。それにしても、ヤナおやじにあたったものだ。

とにかく、快適さはお金では買えない・・。

ならば、高いタクシーにたよる理由もないのです。

庶民の足”ジプニー”なら、こんなことはないはず。これは子連れでもトライすべき!
闘志が湧いてきました!


 
(子連れマニラ 続く)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。