小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子連れマニラ(4)2000年長男4歳次男1歳~途方に暮れる“前ぶれ”~
本には書かなかった世界一周ウラ話(95)♪~テーマ別~
   子連れマニラ(4)2000年長男4歳次男1歳
                ~途方に暮れる“前ぶれ”~
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話など)を、つづってい
ます。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からは、子連れバックパッカーの歴史を順々に振り返ります。

さて、


子連れで覗いたマニラ
(1)~子連れでもバックパッカーするために~
(2)~ユーカイ対策に始まった~
(3)~ストリートチルドレンに会うという目的~

で、今回(4)は、~途方に暮れる“前ぶれ”~

宿が決まったら、次は両替。ついに、本日最大のキンチョーの時・・。

またまた、これも、”ウワサ”ですが、

なぜなら、街の両替商は、レートがいいが、詐欺・騙しの被害が多いと。

その上、両替した後、店を出る瞬間が、現金を持っている!ってのが分かって
いるから、“狙われる”とゆーのですから・・。

ところで、ツアーにすれば、これまで一連の、無駄な?緊張なんてしなくてい
いのにーと思われるでしょー。でも、こんな“動き”から、出会いが生まれる
のです。現地の人の素顔と遭遇できるのです。


ですが・・・そう実感している私でも、こうして見知らぬ国に到着したばかり
で、初の子連れ、できるなら困りたくないなあ・・

という心がありまして・・。

でも、だからこそ、勇気を奮い起こすために、到着早々“すべきこと”を用意
しておくんです。

しかし、今は夜。コトはお金。できるなら、トラブルなしの一発で決めたい。

で、安心な両替やをホテルの人に聞いてみたら

「両替なら、EDENが1番。すぐ近くだよ。ほら、斜め向こうの・・・」と
教えてくれました。

しかし、いざ、この猥雑な外を見渡すと、なんとも言えない不安がよぎって、
足が進まない。

すると、彼は一緒に出て看板が見えるところまで案内してくれました。


それにしても、ホテルの隣もその隣も・・両替商ばかり。そしてなんでかヒマそ
う。

しかし、そのEDENには、驚いたことにワンサと客がいるんです。


とりあえず窓口に進むと、厚紙に書いたレート表がスッと出てきました。

確かにレートは空港よりだいぶいい。お金を渡すと、番号札がスッ。

何か、さばけとるー。

一方、子ども達は、あちこちチョロチョロして愛想ふりまいて、待っているお客
さん達に、ほーらココ座りー、ココいいよー、と優しくしてもらっていました。


 さて、いよいよ、店を出ます!

 もちろん、店内で、しっかり、身になおしこんでいます。

店をさっと出て、あやしい人がいないかをさっと確認。見える範囲にいなければ
あとは、いとも平静に、とっとと歩き、一旦ホテルへ戻る・・・。

ふぅー、セーフ!です。これで、今日の課題は無事突破できました。


その後、腹ごしらえに選んだ大皿料理の店は、ナント、カラオケで盛り上がり中
でした。蒸し暑さムンムン、ハエぶんぶんの中、気持ちよーく歌ってるオジサマ
たち。

子ども達は、店の人たちにもお客さんにもかまわれて・・いー調子。あー
これだけ暑けりゃ、ビールがうっまーい!


ってな感じで、マニラ庶民のマジメさや親切にふれ・・ゆえに、ちと気が緩んで
ー、翌日はこんなメに遭うのです。


 翌朝、観光地イントラムロス(要塞)に向かう途中のこと。

「おーい、うおーい!」というデカイ声。

振り向いたら、反対車線から馬車のおやじが、私達に向かって大げさに手を振っ
とー。

子連れ、女性、日本人・・まさに、絶好のカモだと思ったんでしょ。

しかーし、私は知ってる!

この馬車、カレッサと言い、この辺のは観光客目当て。

最低でも1時間200ペソ(520円)もする、バカ高乗り物。こんなもん乗ら
ん乗らん!無視、無ー視!

しかし、おやじの方はこのまま見逃すはずがない。

そう、おやじはしつこく叫びながら、この大きく交通量が多い車道をむりやりU
ターンして、真横にきたのです。

目の前に現れた馬車に、大喜びする子供たち。

見れば乗りたくなるーのもムリはない。なにしろ、朝からモーレツ暑さ。しんど
くて歩きたくないのも・・わかる。まいったなー!

にやけたおやじは“1時間500ペソだよ”とのたまい、乗りたがる長男の手を
引っぱっておる・・。

1時間ぐらいなら、乗せてあげたいけどなあ・・・

ちょっと、待ったァ!、500ペソなんて、高すぎる!と交渉開始。

結果200ペソに成立。メモにして交渉結果を残しました。

こうして、チャイナタウンを廻ってイントラムロスまで“1時間だけ”という
“約束”で乗ることになったわけです。

で、約束の目的地、イントラムロスのサンチャゴ要塞に到着したのが、“約束の
1時間”の3分過ぎ。お金を渡そうと思ったら、おやじは“いいから、先に見に
行っておいで、大丈夫だから”と手振り。

馬車に飽きた子ども達は、土産売りのオッサンにしょーもない玩具を掴まされ、
気が気じゃーない。

そんな中私は、もう一度おやじの方を向いて、時間はいいのか?と時計を指す。

すると、うん、うん、大丈夫、あとででいいよ、と頷くおやじ・・。

この、先に見に行け行け、を親切だと思ってしまった私は、大ボケ・バカもん
です。

相手は、その待ち時間分も、お金を取ろうという魂胆であったのはいうまでもな
い・・・。

そう、当然の結果として、要塞を見学した私達には、大モメが待っているのです。


(子連れマニラ 続く)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。