小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子連れマニラ(6)~苦労あれば出逢いあり~
本には書かなかった世界一周ウラ話(98)♪~テーマ別~
   子連れマニラ(6)2000年長男4歳次男1歳
                ~苦労あれば出逢いあり~
     


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話など)を、つづってい
ます。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からは、子連れバックパッカーの歴史を順々に振り返ります。

さて、


子連れで覗いたマニラ
(1)~子連れでもバックパッカーするために~
(2)~ユーカイ対策に始まった~
(3)~ストリートチルドレンに会うという目的~
(4)~途方に暮れる“前ぶれ”~
(5)~”ヤな思い”エネルギー~

で、次の話は、~苦労あれば出逢いあり~

というわけで、またもや観光客向け乗り物に乗ってしまい、ヤな思いをした私
達は、今度こそ、何が何でも“庶民の足”に乗るぞ、と誓いました。

その庶民の足は、“ジプニー”というジープを改造した乗合バス。

しかし、これには路線図や停留所がなく、乗りたきゃ自分で止めなくちゃいけ
ない・・。

そう、難しいんです。でも、タクシーでも、馬車での、ヤな思いは、やるっき
ゃない!と思わせてくれたわけです。

まず、走っているジプニーのボディに記された目的地を読む。

記された、といっても、決してデカイ文字で書かれてあるわけじゃない。

それを、一瞬で読み、乗るならすぐに意志表示、そして俊敏に乗り込まなくち
ゃいかんのです。

運良く読めても、目的地には、地名あり、通り名あり、駅の名前ありで、

“あそこらヘンかしら・・”

なーんて考えている間に、目の前を通り過ぎていくーんです。トホホ。

また、聞こうにも、みんな乗ることに忙しそうで、聞けそうな人がいないんです。

まあ、こんなぐちゃぐちゃな、信号も横断歩道もない交差点なんだから、のん気
に立ち話してたら・・アブナイわけ。

そっ、この時はまだ焦っておりません。なぜなら道は5つ。このどれかがエルミタ
へ向かうんですからねっ。

しかし・・必死の思いで道を横断し聞くと、また行かない。

また渡って次の道で聞いても・・行かない。

そう、どの道もエルミタには行ってない・・。全身から力がヌケていくのでした。

カンカン照り、湿気ムンムンの中、気がつけば1時間が経過。

だっこされてる次男は眠り、長男は疲れて果てて、もう限界・・。


しかし、ここから流れが変わるんです。

私達はエルミタをあきらめ、一番近いLRTの駅はどこなのか、と聞いてみました。

LRTはマニラ中心を南北に結ぶ高架鉄道。そう、どこの駅に行き着いたとしても、
迷うことはない・・。

「チャイナタウンに行けば、カリエド駅があるよ」
「どのジプニーに乗ったらいい?」
「えーとね・・」

何人もの人のおかげで、ジプニーを止め、LRTに乗り、エルミタに戻ることがで
きました。

ぎゅうぎゅう詰めの車内で、自分の子供をヒザに挟んで立たせ、私の長男を座らせ
てくれたおばちゃん。

車内のみんなが、カリエド、カリエド(はここよ)と教えてくれました。

乗り降りのときには、いつも誰かが手を貸してくれました。

ケンカして、途方に暮れた、からこそ、何気ない人の優しさがじーんとしみる。

私はこの瞬間が大好きなんです。

いい日になりました!
 
(子連れマニラ 続く)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。