小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


近況:母はいつ休めるの?
近況:母はいつ休めるの?

つくづく思うのです。母親は、いつ、休んだらいいのかと・・・

この1年、本当に、たいへんだった、小6の次男のサッカークラブの運営委員が
あと少しで終わろうとしています。

まだ後任が決まってないので、もう少し、いろいろあると思いますが、ああ、
やっと・・・と、なんとか・・やってこれて、ほっとします。

代表、副代表が2人、書記、会計2人で運営していくのですが、そのときの部員
の人数や、何チームか、試合の数、また、安定して引率などお世話ができる人が
いるかいないかによって、負担は大きく変わるのですが・・・

本当に、今年度は、たいへんでした。

私は書記で、主に、連絡係ですが、毎週毎週の試合のための連絡、段取り、出欠
とり、バスを調べ、車出しの依頼、その他行事の連絡、雨天時の練習中止の連絡、
練習の当番表の作成・・・などなど。

また、私は、ガン1年しか経ってなく、いろんな不調を抱えながら、やっていま
した。

もちろん、子どもたちの頑張りようが見れて、成長が実感できることもあり、
かなり勉強にもなります。

ただ、こうして、小学生の子どもを持つことになって、本当に、母親はタイヘン
だと痛感しています。一体、いつ、休めるんでしょうね・・・。

サッカークラブにもいろいろあって、ちゃんとしたクラブチームがあったり、
指導者が多かったり、試合へのバスを所持しているクラブになると、保護者が
やらなくても、いい、ところもあります。

私たちが入っているクラブが、公民館サークルなので、保護者ですべてをやって
いけないのです。

しかし、今の時代、母親はほとんど仕事を持っています。さらに、離婚して、
シングルマザーも多い。

でも、ワーキングマザーだから、シングルマザーだからと、配慮があるわけでも
ないし、へたすると、企業からは、できないなら、契約しない、などということ
もあるのだそうです。

そんな社会で、子どもの学校の委員もしなくてはならない、子供会もやらなくて
はならない、子どものサッカーなどのクラブも・・・地域のことも・・
あれもこれも・・・本当に、なんで、こんなに、忙しいの!!!って思います。

みんなひとつじゃなく、かけもちでやっています。

また、やる人はやるんですよね。最初からかかわらないようにしている人もいま
すから。

食事だって、まともに作れていないのは、きっと、私だけじゃないと思います。

お金があれば、家政婦さんをやとっている人も、聞きますね。

もちろん、できれば自分でやりたいと、ギリギリまでがんばったけど、どうして
も・・と「いうことで、雇うことに踏み切ったそうです。

でも、本当に、やとってよかった。もっと早くそうすればよかったという人も
いますね。

まあ、お金があれば・・のことですね・・。

もちろん、この都会地区だからこそ、子どもの人数が少なく、働くお母さんばか
りなのかもしれないくて・・・もっと、違う地区に行けば、専業主婦の人もいて、
働いている人は役員しなくていい、というところもあると聞いたこともあります
が・・・

とにかく、しんどい、

まだ私なんて、マシなほうで・・・。

本当に、頭が下がるぐらい、やっていらっしゃる人もいるんです。

マジで、ごはん作るヒマ、あるんやろうか、と心配してしまいます。

まあ、ごはんは今1から作らなくてもいいように、便利なものも出来合いもいろ
いろありますが、

今、食育ということが盛んにいわれていますが、やはり、食事って大切だと思う
んです。

毒になる添加物なしのものは、1からつくらないとできないんですよね・・・。

子ども手当てなどのお金じゃなくて・・・・そういう負担を減らして、働く母親
が、心に余裕を持って、子育てができるような社会がいいな~~

今って、虐待ふえていますよね。不況になると、虐待って増えるのだそうです。

なんでかというと、発散すらできない、ストレスがたーくさんあふれていて、
ストレスは、弱い方に、向くからです。

弱いほうとは・・・
親から子どもへ
夫から妻へ
兄弟の上から下の子へ
上司から部下へ
先生から生徒へ(逆もありそう・・?)
地位の高い先生から、下っ端の先生へ
客から店員へ

などなど。

ストレスは絶対に人に向けてはなりません。

また、ストレスを受けたときは、なるべくその本人にお返ししましょう。
まあ、それができないから、みんな、ストレスたまっていくのでしょうね。
また、ストレスうけて、次の人に当たってしまう、んですよね・・・

それはいかん。特に子どもだけには、当たらないようにしましょー!

すみません、今日は、なんか、疲れています。。。。。

それに3月はいろいろ、忙しいです、はあ・・

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

同感です。
でも母って忙しいですね。
しかも国は母親を働かせてでも地域で働く
母親たちの仕事には目もくれません。
負担じゃなくて楽しめる子育てしたいですね。

あ、でも食育って母じゃなくても父でも
自分でもいいんですよ。
自分でできるように育てることもりっぱな食育。

【2010/03/03 20:41】 URL | hodogayaeriko #PqHrQrtU [ 編集]


コメント感謝です!
ゴハンを一からちゃんと作れる、余裕がほしいなあ・・・
私が住んでいるところは、福岡の都会なんで、少子化で、特に保護者がすべきことが
多いみたいですね。
福岡でも、都心からちょっと離れると、子どもの数はとっても多いので、そうなると、
負担少ないそうで・・。

子ども自身に、食育をしていったらいいですね。
自分でちゃんとできないと、親がずっとゴハンつくるわけじゃないからですね~
そう、しよ!




> 同感です。
> でも母って忙しいですね。
> しかも国は母親を働かせてでも地域で働く
> 母親たちの仕事には目もくれません。
> 負担じゃなくて楽しめる子育てしたいですね。
>
> あ、でも食育って母じゃなくても父でも
> 自分でもいいんですよ。
> 自分でできるように育てることもりっぱな食育。

【2010/03/12 17:14】 URL | たかひかぱぱまま #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。