小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「子育ては有難い修行である」 ~いろんな親がいる~
「子育ては有難い修行である」 ~いろんな親がいる~

子どもを育てる、ということは、多くの人が経験することで、

そして、自分が今ここに存在するのは、自分を育ててくれた人がいて、

自分は、育てられた経験があるわけで、

反対に言えば、育てられた経験を活かして、自分が親になったときに、子
育てをしていることになるわけで・・・。

そこらへんは、ちょっと、動物の中でも、ややこしい、というか、自然なこ
とだけど、ちょっと複雑だなあ・・と思います。

というのは、この間、こんな話を聞きました。

小学2年生(もうすぐ3年生)の男の子の話。

学童保育で、いろいろ問題を起こしていて、どうも、素直じゃないというか、
なにか、不満がたまっている?とうな、行動をしている。

シングルマザーのお母さんは、仕事が忙しく、土日も仕事のときもあるし、
平日も帰りは遅い。(というか、それだけこなさないと、母子家庭なので
生活できない)

それでも、学校の親子行事、参観、などは、調整して、できるかぎり出席
している。

で、いろいろ聞いているとちょっとびっくりしたことが出てきた。

小学2年生、もうすぐ3年生の男の子は、学校から帰ったら、一切外に行
かせないそうだ。

(お友達と遊んだり、お友達の家に行ったり、全くさせないそう)

だから、ひとりで、家で、宿題して、テレビみて、お母さんの帰りを待っ
ているんだと。

「なんで遊ばせないんですか?」
と聞いたら、心配だからと。

自分が仕事で遅いから、一旦自由にさせると、夕方の帰り時間を把握する
ことができない。

だから、ダラダラ、遊んで、遅く帰ったりして、宿題とかもできなくなる
ような気がするから、心配だと。

私は、子どもは、友達と遊んでなんぼ、だと思っているので、その話はび
っくりしました・・。

やはり、もう3年生ですから、お友達は自由に遊んでいる子もいると思う
ので(うちもそうですし)、なんか、イライラしているじゃないかな、と
思いました。

でも、それを指摘するような間柄じゃないので、ただだまって聞き役しま
したが・・・

子育て、って、ほんと、それぞれで、母親も父親の子育ての考え方もいろ
いろで、でも、ある意味、他人に立ち寄ってほしくないこともあるんです
よね・・

だれでも、普通は、子どものことが大好きでかわいくて、リッパに育って
ほしいと願っているわけで、だから、がんばっているわけだし。

また、別に、すごく、気配りできるお母さんがいらっしゃるのですが、

すっごくまじめなんですね。

言われたことを、もちろんきっちりするし、言われないことも気を回して
まわしにまわして・・・おどろくぐらいなんです。

”ねばならない”が多いんですね。

絶対参加しなくてはならない・・

全員参加でなければならない・・・

私もその傾向があった時期があって、すごくしんどくなったので、今は、
ねばならない、とは思わないようにしています。

日々、勉強になりますね~・・・。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。