小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子連れマニラ(8)~心安らぐひととき~
本には書かなかった世界一周ウラ話(100)♪~テーマ別~
   子連れマニラ(8)2000年長男4歳次男1歳
                ~心安らぐひととき~

manirakodomo出逢った現地の子どもたち



本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話など)を、つづってい
ます。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

今回からは、子連れバックパッカーの歴史を順々に振り返ります。

さて、


子連れで覗いたマニラ
(1)~子連れでもバックパッカーするために~
(2)~ユーカイ対策に始まった~
(3)~ストリートチルドレンに会うという目的~
(4)~途方に暮れる“前ぶれ”~
(5)~”ヤな思い”エネルギー~
(6)~苦労あれば出逢いあり~
(7)~マニラ路上の風景から~

次は、~心安らぐひととき~

「コンチハー。ワタシハ、ベッキーとイーマス!」

思いがけない日本語にキョトンとなりました。
ここは、マニラの南、海の町、ナスブ。

郊外に出発したのは昨日。最初に訪れたのは、路線バスで2時間半、タガイ
タイという避暑地です。

泊まりは、家族連れで賑わう“ピクニック・グローブ・コンプレックス”の
コテージ。

タール湖と、その湖に浮かぶ“世界一小さな活火山”が見渡せる絶好の場所
です。

たくさんの緑、涼しくておいしい空気、広場の空には凧が一杯です。暑さに
バテバテだった私達ですが、すっかり元気を取り戻しました。

で、今日の目的地は、バスでさらに1時間ほどの“ナスブ”。

高級じゃなくて、地元の人でにぎわう海の町。

ところが、ヘンなところで降りてしまったんです。

バス停ではなさそうだし、肝心の海はどこにあるやら。それに、だーれも歩い
てないし、私達を乗せたバスが去ったあとは車1台通らない。

カンカン照りの真っ昼間。満員の路線バスで、子供達におとなしくしてもらう
には昼寝しかない!と思ったわけですが・・。

バスの中はよいよい、降りれば熱地獄ですー!

ところで、なんで降りたのかと言うと、ここがナスブだよ、一緒に降りよう、
と促したアロハおじさんのせい。

おじさんは、わきに待機していた“トライシクル”の運ちゃんと親しげに話
しています。

“トライシクル”とは・・、バイクにサイドカーを付けた3輪タクシー。

マニラでひどい目に遭った“カレッサ(馬車)”同様、観光客にはぼったくる
というヤツ。

アロハおじさんが言うには、ホワイトサンドビーチは、港からバンカーに乗る
んだと。港まで歩くのはムリ。庶民の味方であるジプニー(乗合ミニバス)は
走ってない。だから50ペソ払ってトライシクルで行きなさいと。

それにしても、10分位の距離を50ペソとは。ジプニーなら3ペソ(約8円)
で行けるし、ここまで来た快適なバスだって30ペソ位。その上、港から5分
位のバンカーが、やたら高そうなんです。

私達が行きたいのは、地元の人が気軽に行く海。そんなお金がかかる所である
はずはないのです。ならば、どこに行こう・・?

 私達は、近くの食堂に入って店の人に聞こうと思いました。

子供達にアイスクリームを買い、店の女性に声かけたのですが、彼女は首を振
って奥へ引っ込んじゃいました。

通じないのか・・と残念に思っていると、奥から、人をたくさん連れて出てき
たのです。そして、その中にひとり、青年が、ゆっくり英語を話してくれました。

こうして、みんなのアドバイスをもらって、ようやく海にたどり着き、そして
ホテルをあたっている最中に、冒頭の日本語と会ったのです。

「ウレシイわー!マア!カワイイ子供タチ!」

そのベッキーさんと名乗る女性は、むちゃくちゃ感激してる様子。

しかし、こういった場所での日本語、たやすく信用してはならん、と警戒心メ
キメキ。
「部屋は広いのがいーい?それとも普通?だいじょぶヨオ!安くするわ。だって
日本人は私の大切なお友達なんだもの!」

この“お友達ィー!”っていう言葉もアヤシゲ?

しかし、様子を見たところ、ベッキーさんは、とってもいい人でした。

働き者で、熱心なクリスチャン。そして、3人の子供の優しいお母さんで。

「日本語は、誰に習ったの?」

「私のお兄さん、日本人と結婚したね。最初はこっちに住んでいたから、おねえ
さん日本語教えてくれた。今はねーヨコハマ。会えなくてサミシイねー。日本語
もあまり使わないから、どんどん忘れちゃうよ!だから、アナタたちを見た時、
ものすごーく嬉しかったの」

7歳になるベッキーさんの息子が、うちの子供達とたくさん遊んでくれました。
のびのびと遊ぶ姿を眺めながら、ベッキーさんともいろんな話ができて、本当に
来て良かったと感じていました。

しかし、このあと、とんでもないことが待っていたのです・・。 


(子連れマニラ 続く
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。