小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子連れ韓国(2)~子供に一番優しい人は・・? ~
本には書かなかった世界一周ウラ話(106)♪~テーマ別~
   子連れ韓国(2)2001年長男5歳次男2歳
                ~子供に一番優しい人は・・? ~


本には書かなかったウラ話も、国別→宿→といきましたんで、今度は思いつ
いたテーマ別(水、トイレ、病気、ビザ取得舞台裏、発展途上国のススメ、人生を
変えた旅全9話、インド ウツ病ショック療法?記全22話、子連れマニラ全9回
、子連れベトナム全3回など)を、つづっています。

(※全部ブログ http://kumemuga.blog60.fc2.com/に
  カテゴリー別に入れています)

前回から韓国で、子連れ韓国バス旅記(1) “半ズボン”の非常識

今回は、韓国2回目


子連れ韓国バス旅記(2)子供に一番優しい人は・・?


韓国のバスは、まず一言、とばします!

で、高速道路でもしょっちゅうブレーキ踏んどります。

ですから、最初に乗った、閑麗水道国立公園の町、統営(トンヨン)行きバス
は、子供達の要望により、一番前の座席に座っちゃったもんで、足踏ん張りっ
ぱなしでした。

ところで、バスの良さは何と言っても車窓。都会から離れ徐々に変わっていく
風景や、立ち寄る小さな町の賑わい、ほんといいものです。

しかし現実は子連れ。2時間もつか、と心配でしたが、ケータイはよー鳴るし
、大きな声でしゃべっとるし、子連れには丁度良いざわめき。快適なバスの旅
になりました。

トンヨンはプサンの西、ちょっと田舎の港町です。人も時間の流れものんびり
ムード。

ターミナルに到着して、路線バスに乗り、旅館を探す中、今回も数々の出逢い
、ありましたよ。

まず、この町最初の人は、みかんを山積みにした果物屋のおじさん。

ここまでも、何人もの老若男女に尋ねてきたわけですが、意外にも・・子供達
に一番優しいのは、お・じ・さ・ん。

年齢で言うと50歳前後の。

さて、何語で話しかけるの?と言うと、まず、

「ヨボセヨー。チョヌン イルボン サラミムニダ」。
(すみません、私は日本人ですが・・)

と、もう、最初に、日本人デースと言っちゃう!

で、その一言だけ現地の言葉で、あとは目と身振り手振り。

教えて貰ってバス停で待つこと数分。1台のバスが向こうから近づいてきま
した。

すると、さっきのおじさんが店から飛び出てきて、私たちに向かって叫ぶ
んです。
「これ!これに乗るんだよ」
とわざわざ。

うれしいですね。しかも、バスの運転手さんに、「南望山公園で降ろしてや
って」と頼んでくれたもよう。
運転手さんは、停留所でないのに、公園の入り口に一番近い場所で降ろしてく
れました。

そのあとの、旅館探しでも、また出逢いあり。

近くで、焼き饅頭を焼く屋台のお姉さんに聞いたら、そこで饅頭を食べてい
た鼻を赤くしたおっちゃんが、「歩くと大変やから、」と仕事用の軽トラで
旅館まで送ってくれました。

たくさんの屋台が並ぶ市場では、揚げたてドーナツに目がくらんだ?2歳の次
男が、どこからか持ってきてしまい、“うひょーいつの間にぃ!”と大慌て。
でも、みんな笑ってて、

あそこだよ、と、拝借した店を教えてくれ、ちゃんとお支払いすることできま
した。

泊まりは1部屋2万5千ウオン(約2500円)の韓式旅館のオンドル部屋。

6畳位の広さに、テレビと冷蔵庫と洋服ダンス。おふろトイレも清潔です。
“オンドル(床暖房)にフトン”という日本と似た文化なわけですが、違いは、
その床暖房のムラ。部屋ごとに独立した床暖房じゃないから、自分が熱いから
って切れないんです。ですから、寝てる最中熱すぎた場合はちょっと大変。

でも今回、窓(外)側の隅はあまり効かないことを発見。子供共々、コロコロ
して温度調整することを覚えました。


さて、子供達の”半ズボン”姿には、日本とはあまりに違う反応・・・
”足が出とる!寒いのにー!まーどーして~!”
という目で見られたわけですが、

こっちの子供たちの格好は11月上旬でも既に真冬そのもの。足出している子は
皆無でしたね(笑)お隣の国だけど、違うもんですね。

毛糸の帽子までかぶってる子もいましたし。“子供は風の子、大人より1枚少
なく着せましょう!”って、日本の考えだったんですねー。

韓国では、子どもは、大切に大切に、くるんで、あったかくして、育てましょ
う!!なんですね。

確かに、人の体は、温めたほうが、内臓の機能的にもいいのだから、かな?


最終日、東来の金剛公園のガイドさんからはこんな話を聞きました。

「子供に対する思い入れとか、期待とか、日本人よりはるかに大きいんですよ。
男の子は特にです。小さいときは風邪を引かさないように注意しますよ。教育
にも熱心です。受験生になったらタイヘンですよ。親は必死です。ここのお寺
にも毎日来られてますよ。ほら、あの方も・・。」

そこには、上半身を床に伏せて、頭を床にこすり付けて、一心不乱にお祈りす
る中年女性の姿がありました。

「あれが韓国のお祈りですよ。日本はあんなにしないでしょ。そうそう、ワタ
シが日本のお寺に行ったとき、ビックリしました。日本人はおカネ投げてるで
しょ。神様に失礼じゃないんですか?・・」と。

お賽銭のことですよね・・・

そっか、でも、たしかに・・・


さて、帰りの船の中、5歳の長男に
「韓国は、何が楽しかった?」と聞くと
「遊園地とポケモン!」という返事。

さらに
「ほら、あのおじちゃん優しかったね!」としみじみ。どのおじちゃん?と聞
くと、慶州エキスポ会場にあった遊園地のスポーツカーアトラクション係りのお
じちゃんのことだと。

おまけで、長ーいこと乗せてくれたり、他の遊具にもポケットマネーで乗せて
くれてですね。長男の心には、あのときの感動とおじちゃんの優しい笑顔が刻
み込まれたようでした。

ちなみに、韓国のおじちゃんは、確かに、日本より、はるかに、優しいです。
すっと、助けの手を差し伸べてくれますよ。

(次は、もうちょっと大きくなった時の韓国)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。