小学生世界一周日記~ボクたちは今世界一周中!~
2006年4/10~翌07年3/30 家族4人で世界一周、4人総費用500万円。当時たか10歳ひか8歳パパ47歳ママ41歳。米→中南米→アフリカ→中東アジア。左下カテゴリーが訪問国別!自らのガンと子育てから学んだアレコレの3本柱♪


プロフィール

たかひかぱぱまま

Author:たかひかぱぱまま

★「夢が大切!世界一周スライドショー」出前講座やりまーす!メールください!交通費実費で参上します!旅の相談会も!
↑有難い「地方出版文化奨励賞」受賞!

<賞の内容はこちら>

[それゆけ小学生!ボクらの
世界一周]石風社より、234頁
写真沢山、旅行記オ~ルカラー、
小学生から楽しめる総ルビで
す!旅行者が多くない中南米
とアフリカ中心で、子どもの目
線なので、大人が読んでもへ
えー!フムフム!と面白いと
思います。1890円(税込)


♪本の購入こちらからできます。
アマゾンが在庫がよくなくなるので
、その時は、ビーケーワンなどで!

<アマゾン>
<ビーケーワン・bk1>
<楽天ブックス>
直接久米へメール

★旅の勉強会やっています!(天神のカルチャーセンター)

★旅の個別相談もお受けします!1時間無料(予約制)。まずは、メールください。

※本をプレゼントにいかがでしょ
うか?佐川のメール便にて。
送料無料です!!
直接久米へメール
メッセージカードをいれ
ラッピングします!


●帯の絵は次男ひかる。文章
は長男たかゆきの旅日記がモ
ト。出会いに感謝!本屋さん・
ネットにて好評販売中!!

★1分でわかる世界一周CM。ぜひクリックしてネ!


♪本のこだわり♪
こだわり(1)
本の中身(旅行記)カラーです
こだわり(2)
小学生からよめるふりがな入り!
こだわり(3)
紙がツルツルで写真がキレイです!
こだわり(4)
写真と文章を極力一体化。読みやすい!
こだわり(5)
子どもの目線がきっと新鮮?です!
こだわり(6)
一緒に世界一周モードになります!
こだわり(7)
子どもの目線なので、旅をしない人
にも楽しめます!


■久米美都子(お母さん)
連絡先:080-6434-3795
直接メールはこちら!
Fax: 092-751-8722(TEL兼)

■”メルマガ”発行中です。
「女ひとり世界一周&子連れバックパッカー
放浪記」でうら話、子連れバックパッカー、
女1人旅などをご紹介!
登録はこちら

◆出版社は、アフガニスタン支援の
中村哲医師の本を多く出版している
「石風社」さんです。 こちら!
本屋さんになければ直接私がお送りし
ますよ!プレゼントにも対応(メッセー
ジカード付きでラッピングします)

◆本とは別に、小学生向け、
世界一周
紙芝居(手作り)

を広めています。写真
が大きくて、迫力あります。子どもたち
に読み聞かせしてくれる先生、お母さん
お父さん、ぜひ読んでもらえませんか?
その旨メールください



●このブログは、家族で世界一周、
2006年4月出発、ぶじ、2007年3月
末、帰国。長男たか10歳(小5)
→11歳、次男ひか8歳(小3)→9歳、
パパ48歳、ママ42歳。子供達は、
学校の理解をいただいて1年お休み、
パパママは、自営の経営コンサル業
を休眠。人生は一度!念願の世界一
周した記録です。帰国後もいろいろ
あります。感謝!グラシアス!
オブリガード!サンキュー!

●お母さん(久米美都子)元祖HP
(1994年に行った女1人世界一周&
子連れバックパッカーの記録等)
または「女ひとりの世界一周」検索
でも一発で出ます。

●世界一周中、世界から日本に送った
ライブ版エッセイ
「家族で世界一周旅便り」
こちら!よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(3)氷河特急、乗るか否か
◆スイス&イタリア旅・・おまけタイ2010夏報告(3)氷河特急、乗るか否か

長男の夢、マッターホルンの町、ツエルマット。

ネットで予約した安ホテル(スイスでは)で、、マッタホルンの真正面!の部屋
をもらって、本当にラッキーでしたね。

もちろん、登山列車にも乗って、ゴルナーグラードという、スイス一の展望台で、
もっと近くでマッタホルン拝みましたよ。

駅があるところが標高3089m。そこから、雪の中を少し登っていきます。

夏でも一面銀世界!

すべての山々や氷河も360度大パノラマ、本当にすばらしい!

私は、19年前にも、ここに来ていて、ここからスキーをしてて、だから、知って
いたのに、やっぱ、何度見てもすごいです。ここからの景色と、澄み渡った空気!

さて、部屋に戻っても、マッタホルン観察は、あきずに、続きます(笑)

マッタホルンは、独立峰なので、雲がでやすいのですが、この雲とのコントラスト
が四六時中見ててもあきない理由?かな。

ほんと、子供たちに、さあ、勉強、勉強~とさせながら(夏休みの宿題を持参・・)、

見てみて~すごいよ~
山が燃えているみたいに見えるよ~
雲が山とあそんでるみたいに見えるよ~

と、つい、声をかけてしまいましたね。

物価が高いということ以外は、町は、きれい、かわいい、花いっぱい、馬車が似合
い、分かりやすく・・・、人は、親切、丁寧、おだやか・・・。19年前もそう
思ったけど、ほんと、スイスってすばらしいと思います。

だからからか、日本人とっても多いですね。それも、多少、年配のご夫婦が多い。
他にも、小さな子連れ家族にも、けっこう会いました。
世界の中でも、かなり、安心して楽しめる国なんでしょうね。

さて、私たちは、スイスバスという鉄道乗り放題パスを使っていて、
(親が一緒の15歳までの子どもは、タダなんです)

このパスで、あの氷河特急に乗れるんです。

しかし、私たちがスイスに来る少しまえ、脱線事故が起きて、日本人が亡くなり
ましたよね。

氷河特急は、このツエルマットと、サンモリッツという町を結んでいます。

どちらかというと、サンモリッツ発ツエルマット着パターンが混雑するそうで、
その逆は、予約が取りやすいと聞いています。

だから、タダだから、乗ってもよかったのですが・・・

また、事故が遠い昔のような錯覚を受けてしまうほど・・・・たくさんの観光客
は、氷河特急に乗って、いましたね・・。

原因は、スピード出しすぎ?とか。

カーブが多いので、特急という名がついているけど、ゆっくりゆっくり、景色を
楽しみながら、の列車で、時間も、8時間と長いわけです。

次男は、いやだ!乗らない、と言い張りましたね。

私も長男も、そうだね、と同意しました。

それに、パスでタダではあるんですが、予約が必要で、予約手数料が、30フラン
(ガイドブックの2009年情報、実際に確かめてはいない。約2500円)
もかかるんです・・・・!!

その上、朝出発で、8時間乗るということは、食事をするわけです。

もちろん、持ち込んでもいいわけですが、車内でとると、ランチ41フラン(3400円!)
、食堂車連結なしの列車は、座席にケータリングサービスで、71フラン(6000円!)

もう、おひょーーーー!の世界です。

多くの人が、そんなリッチな食事をする中、持ち込んだ食べ物というのは、どんな気持
ちがするのでしょうかね~(笑)

とにかく、乗らない、という決断をし、

でも、私たちの目的は、その氷河特急の終点、サンモリッツ。正確にはそのとなり町の
サメダンと言う町。(サンモリッツは高級リゾート地で宿が高いから~)

ベルニナ鉄道に乗って、イタリア国境越えするためなのです。

ベルニナ鉄道は、2008年に世界遺産登録された線で、トンネルが多く、氷河があま
り見えない?氷河特急よりも、3大氷河が窓いっぱい大迫力で見れて、迫力もののカー
ブも連続で、2時間半という、短い時間、ひっきりなしに、すごいと聞いていました。

さあ、氷河特急に乗らずに、サメダンまで、どうやっていくか?

次回は、その話。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。